What’s your sign?

What’s your sign?

最初にこの質問をされた時は、相手が何を聞きたいのか皆目検討つかず、5秒ほど固まってました。

一語一語はっきり聞き取れているのに、何を意味しているのか全くわからない。お手上げです。
I don’t understand what you mean by that.

何を聞いてるかわかりますか?答えは、

「星座」です。

「日本人に会うと必ず血液型の話になる」と言い張るアメリカ人が多いですが、「日本人が血液型の話をする以上に、アメリカ人は星座を聞いてくるよ!」と言い返す私。「星座のことに異様に詳しいアメリカ人が多い」と言ったほうが正確でしょうか。

自分の星座を告げると、その星座の特徴についてものすごい詳しい解説を喜々として披露してくれます。それはもう「何で他人の星座についてそこまで熱く語れるんだろう」と不思議になるくらいの情熱で。

「12星座それぞれについて、同じことができるんだろうなー。すごいよ、すごすぎる。」と、私は感心するばかり。で、相手の解説はほとんど頭に入ってこないのですけれど。

星座に凝っている人は年齢、性別問わずで、仲良くしていた70歳近くのおじさんもその一人。彼は星座はもちろん、仲良くしてる人全ての誕生日が頭に入っていました。誕生日の3週間くらい前から、「もうすぐ誕生日だねー」とカウントダウンが始まります。うれしいような、かなしいような(笑)。

星座は、未来を占うためというよりは、性格判断の材料として活用されているようです。

このように単語は完璧に聞き取れてるのに何を意味してるかわからない質問は、本当に簡単な単語の組み合わせで成り立っているので、聞いているほうはまさか私が困惑しているなんて夢にも思わず、別の言葉で言い替えたり、補足したりってことをしません。結果、黙ってお互い見つめ合うのみ。。。(苦笑)

たとえばこんなのもありました。

卒業を目前に控えた学生が、”Are you gonna walk?”と聞かれたら。

それは、”Are you gonna walk in graduation ceremony?”という意味になり、卒業式に出るかどうかが問われています。ガウンを来て、キャップをかぶり、「卒業生入場」のかけ声と共に、列になって会場に入場する、その一人になるかどうか、です。

Do you buy tickets?

これはどうでしょう?「あなたは(定期的に)tickets買う人?」っていきなり聞かれたら、「何のチケットよ!」って思いますよね。これは、

“Do you buy lottery tickets?”

という意味になることが多く、「宝くじ買ってる?」です。日本でいうロト6みたいな、数字を選んで買うタイプのくじです。くじも”ticket”なんですね。私が一攫千金を狙うタイプかどうか聞いてみたかったのかなー。宝くじは日本でも買いません!

自分の星座、英語で言えますか?不安な方はこちらのビデオで確認しておきましょうね!