フレキシブル=空気が読める?人を表す形容詞いろいろ

小学生とのレッスン。星座のチャートを見ながら、各星座の性格を表す形容詞をおさらい。

Energetic, loving, funny, easy going, outgoing, patient, impatient, flexible など、日常生活の中でとってもよく使われるお役立ち単語を一気に導入しました。

フレキシブルやクリエイティブなど日本語として定着している単語もたくさん。大人だったら、Creative= クリエイティブ、Artistic= アーティスティック、 Flexible= フレキシブルですね、って済ませられるところですが、小学生だとそうはいきません。

「クリエイティブな人っていうのはこんな人」っていうように、言葉でしっかり説明してあげる必要があります。「**はクリエイティブだ。」って言うので、クラスメイトのことかと思ったら、AKB48のメンバーでした(わからん!苦笑)。

Moodyなど、ちょっと大人っぽい単語も敢えて紹介。私の説明に対し、すかさず「気分屋さん!」って反応する小学生。「お見事!座布団3枚!」

笑ったのが、「フレキシブルな人っていうのは、どんな状況でもその状況に合わせて上手く対応できる人だよ」って説明した際、「あー空気が読める人?」だって(笑)。うーん、ちょっと違うかな。。。

性格を表す形容詞には、いい意味のものと、あまり良い意味で使われないものがあるので、そのニュアンスをきちんと教えてあげないといけません。

Moody, bossy, slow, showy, picky なんかは、「取り扱い注意」。喧嘩を売りたいときを除いて、本人の前で使うのはやめましょう。(陰ではバンバン使ってよし!笑)