Rise like a phonix: MacBookに起きた奇跡

ここ最近MacBookに振り回されています。

前回の投稿で、Digital Detox!なんて息巻いたのがMacBookさんの気に障ったのでしょうか。書いた翌日いつものようにパソコンで作業していたとき、いきなり変な音がし出して、ブツッと電源が落ちました。何の前触れもなく。

「何これーーー!!!!」

急いで再起動をかけるも、変な電子音が鳴るばかりで、全然立ち上がってくれません。

「これはもうダメだ。」と今回はあっさりあきらめ、iPhoneでMacBookが買えるオンラインショップを探します。どこでもいいから、とにかく安くて、早く届けてくれるところ!と、鬼の形相でiPhoneを握りしめる私。怖い。。。

安いお店はたくさん出てくるのですが、そういうところは代引きか振込での支払いしか受け付けてくれず、却下。

そうやって探してるときに、ふと「日本で買ったらキーボードは日本語キーボードになるってこと?」という疑問が頭をよぎりました。

今まで使っていたのはアメリカで買ったもので、もちろんキーボードはUSキーボード。日本の友人の家でマックを使わせてもらっても、JIS規格のキーボードが使いこなせなくて打ち間違ってばかりだし、やっぱり使い慣れたUSキーボードがいい。何とか日本で買えないだろうか、と検索を開始。すると、出てくる、出てくる。USキーボードがいかに良いか、熱く語っておられるマックユーザーのブログが。ちなみに、ほとんどの方は「見た目」が選択のポイントでしたけれど。

アップルストアならUSキーボードのカスタマイズを無料でやってくれるということが判明。アップルストアonlineで購入することにしました。

注文したのが水曜日。届くのは早くても翌週の水曜日とのこと(あさって)。カスタマイズの商品は海外(上海)から発送されるので、余計に時間がかかるのだそうです。

1週間もパソコンなしなんて、仕事にならないよ。。。と泣きそうになりつつ、手元にある教材を活用して今のところ何とか乗り切れています。

で、今日は月曜日。新しいラップトップはまだ届いていません。「じゃ、このブログ何を使って書いてるの?」と思ったみなさん。実は、、、壊れたと思ってたラップトップの電源を押してみたら何と普通に起動したのです!!4日間クローゼットにしまったままにしていたのですが、昨日なぜか「ちょっと動かしてみよう」と思ったのですよね。そしたら問題なく動いちゃって。。。すっごく複雑な心境です。買わなくても良かったってこと??

でも、不安定であることに変わりないので、しばらくは2台使いでやっていきます。

実を言うと、2台あったらいいよなーってずっとずっと思っていたのです。生徒さんにパソコンで作業してもらったり、検索してもらったり、レッスンの幅が広がるなーって。(その時はMacBook2台というより、iPadとの組み合わせを考えていたのですが。)だから、このハプニングのおかげで夢がひとつ叶った!ってことにしようと思います。

さー、パソコン代カバーするべく、頑張って働くぞー。