My favorite cooking channelsと計量のことなど

前回の投稿で、「ごはんより好きなもの」としてパンケーキを作ってるビデオを紹介したのですが、ごはんよりパンケーキが好きという訳ではありません!

私は小さいときから料理番組が大好きで、キューピーの3分クッキングや、NHKの「きょうの料理」など、欠かさず見ていました(料理好きの祖母と一緒に)。料理が好きというよりは、料理している人を見るのが好きみたいです。あざやかな包丁さばきや、手際よくフライパンを振る姿に魅了されます。

テレビだけでなく、小説の中に出てくるお料理の場面も、読んでいて心が踊るほど好きなのです。何なんでしょう。

自分で料理をするようになってからも、実際に作るためというよりは、娯楽として見てることが多いように思います。合わせるチャンネルはテレビのチャンネルではなく、Youtubeの番組ですが。

一番のお気に入りは、昨日紹介したEveryday Food with Sarah Carey。マーサ・スチュアートのチームメンバーとして活躍するSarahは、とにかく明るくて、話が面白い。ものすごい手際の良さで、ちゃちゃっと立派に見える一皿を仕上げてしまうので、私にもできるんじゃないかって思わせてくれます。(たぶん、できるはず!)

料理番組を見ながら、野菜など材料の名前や道具の名前がどんどん頭に入ってくるのがうれしいですが、それ以外にも、動作を表す単語(cut, slice, mix together, add, put etc)、味、おいしさ、食感を表現する形容詞(salty, delicious, crispy, mushy etc)もたくさん学ぶことができます。

その他おすすめできるチャンネルとしては、Jamie OliverのFoodTubeかな。彼がメインのチャンネルですが、いろいろなゲストyoutubersが登場して、得意料理を披露してくれています。

たとえば、カップケーキ専門のビデオを作ってるJemma。

こっちは、イタリア人シェフ(Jamieの師匠の師匠?)が教えてくれるカルボナーラのレシピ。

「作ってみたい!」というレシピが見つかった方に、アドバイスをひとつ。”1 cup”の大きさは日本、アメリカ、イギリスで違います。日本の1カップは200 mlですが、アメリカでは240 ml、イギリスでは250mlとなります。Sarahのレシピはアメリカのカップ、Jamieのチャンネルはイギリスのカップで計量してくださいませ〜。

Happy cooking!