「私らしいでしょ。」を単語3つで言うと。。。

先週とっても久しぶりに映画を見てきました。
札幌の狸小路にあるシアターキノは毎週木曜日がレディースデーで、女性は1000円で映画が観られます。

その日、私が選んだのはこちらの映画。

フランシス・ハ Frances Ha

frances_haニューヨークでプロのダンサーを目指してトレーニングに励むフランシス。憧れのニューヨークでの生活は、毎日が刺激に満ちて楽しい。だけれど、ダンサーとしてはなかなか芽が出ず、所属するダンスアカデミーではいつまで経っても2軍選手のまま。家賃の支払いもままならない。現状打開しようと頑張るも、やることなすこと裏目に出てしまう。。。20代後半のときの自分と重ね合わせて見ました。

今回一番ドキドキした場面は、映画が始まってすぐ、iPnone の着信音が静かな映画館に鳴り響いた時。

「やば、電源ちゃんと落としてなかった??」と心臓が止まりそうなほど慌てた私。

上映前に何度も確認したのに、おかしい、、、と思っていたら、その音は映画の登場人物の電話が鳴った音でした。

こういうこと、最近多くないですか?自分の電話の着信音とメディアの中から聞こえる電話の音がかぶるってこと。家で作業しながらインターネットラジオやビデオを見たり聞いたりしている時に、テキストメッセージやメールの着信音が聞こえて、急いで電話に駆け寄ると自分の電話じゃなかった、、、ってことが増えました。

着信音を変えればいいだけなんですけど、なんだか愛着があって変えられないんですよね〜。

映画を見ていて、すっごくシンプルだけど英語らしいなーって思う一言がありました。

フランシスの親友ソフィーがフランシスに、翌朝ガラパゴスに旅立つことになっているのだけど、全然パッキングしてないので長居できない、と説明しているところ。

「(明日出発なのに何の準備もしてないなんて)私らしいでしょ。」とフランシスに言います。
(実際の字幕がこの通りだったかは定かではありません。ご了承くださいませ。)

この「私らしいでしょ。」英語だとどうなるでしょうか。単語3つで表現してみましょう。

答えは下のビデオのなかに!