手作りオリーブオイル石けん

IMG_0755札幌は本格的な冬に突入したようで、朝晩の冷え込みが半端ないです。窓が凍って開かない!っていう日も多くなりました。

週末は早朝レッスンがいくつか入っているので、みなさん無事に来られますように、無事に自宅に帰れますように、とかなり真剣に祈ります。

今朝も、「めっちゃ寒い〜」と言いながら生徒さんが元気に顔を出してくれました。週末はゆっくり寝ていたいだろうに、早起きして、時間をかけてレッスンに来てくれることに、ただただ感謝。そして尊敬します。

写真に写っているのは、今日仕込んだ石けんの素。寒ーい冬は、家にこもって「しゃかしゃか」したり、「トントン」したり、「チクチク」するのが楽しい。

石けんを作り始めてもう10年以上になりますが、使ってるレシピはずっと(下の本に載ってる)オリーブオイル石けんのレシピ。

体を洗うのはもちろん、洗顔、化粧落とし、お掃除、お洗濯、ぜーんぶこの石けん。

この本にはオリーブオイル石けんの他、ココナッツオイルを使った石けんのレシピも載っているのですが、私がこの本を購入した2000年当時は、ココナツオイルを売っているところを探すのが簡単ではなく、面倒くさがりの私は「一番手っ取り早く作れるレシピで!」とオリーブオイル石けん一筋でここまできました。

ですが、最近のココナッツオイルブームは看過し難く、そろそろオリーブオイル以外の石けんにも挑戦してみようかなーと計画中です。

手作り石けんは、自宅で使うのはもちろん、肩肘張らないプレゼントとしても最適。

ニューヨークでもこまめに石けんを作っていたのですが、帰国が決まって、残った苛性ソーダを使いきらなきゃ!と、せっせと石けんを作っては、お世話になった人たちに配りました。

仲良しの友人との最後のランチにも石けんを持って行った私。私が石けんを出す前に、彼女がきれいにラッピングした小さな箱を差し出しました。開けてみたら、彼女自作の石けんが入っていた!というこのエピソード、今でも思い出すとにっこりしてしまいます。

石けん作ってる人は、こんな面倒くさいことしてるのは自分ぐらいだろうと考える傾向にあるようで(実際、カミングアウトして、私も作ってる!っていう答えが返ってきたことはないし)、あまり積極的に「石けん作ってるんだー」って打ち明ける(?)ことはないのかも。

上の本の著者、前田京子さんが書いている通り、手作りの石けんには天然の保湿成分グリセリンがたーっぷり入っています。こんな栄養たっぷりの石けんが500円程度で作れてしまう、となったら手作りしない手はない!と私は思います。

今度手作り石けん初心者向けのワークショップ企画しようかな〜。英語レッスン付きで?(笑)開催する際は、こちらでご報告しますね。