コービービーフ?サキー?英語になった日本語、そのアクセント

私の最初の留学先はオーストラリア、メルボルンでした。大学院に入学する直前、現地の語学学校で「短期集中アカデミック英語(8週間)」というプログラムに参加しました。

日本で英会話学校というものに通ったことが全くなかった私。様々な国から、様々な目的で英語を勉強しに来ている学生たちとの学校生活。年齢も、英語のレベルもばらばら。全てが新鮮で、毎日がカルチャーショックの連続でした。

その中でも、私の中でとっても衝撃が大きかった出来事があります。それは、最初のクラスで自分の名前を言ったときに、先生が黒板に”Ake“と書いたこと。

「えー、アキって言ったら普通Akiって書くでしょー。」と激しく驚いたこと、今でも鮮明に覚えています。

外国人が「あいうえお」で音を識別するわけないでしょう!って、今なら簡単に理解できるけれど、その時の私は「日本の常識」を無意識のうちに「世界の常識」と勘違いしてしまっていたのですね。

この例でもわかるように、英語では文末が”e” の単語は”ii”(イー)と発音される傾向があります。

今アメリカで人気上昇中の日本酒。”Sake”という言葉をメディアなどで見たり聞いたりすることが多くなりました。アメリカ人はもちろん日本人のように「さけ」とは発音せず、サキーと発音します。

そして、こちらも少しずつ一般家庭に浸透中の「しいたけ shiitake」!これはシイタキー。ちなみに舞茸はマイタキー。他にも、神戸ビーフ→コービービーフ。枝豆→エダマミー。

ブラジルで開催された今年のワールドカップ。アメリカのニュースを見ていた時のこと。実況の人が「キースキー、キースキー」と叫んでいました。画面には日本のチームが映っています。よく聞いていたら「本田圭祐」選手の名前を呼んでいたようです。わからなすぎる。。。

英語の単語を日本人が読みやすいように発音するように、その人の母国語によって、得意な音、不得意な音、発音しやすい、しにくい音があるのですね。

外国人がカラオケを「カラオキー」と発音した時は、やさしく聞き流してあげましょうね。