Work smarter, not harder.

IMG_0765

いつも思うことですが、私は12月の寒さが好きです。

雪がしんしんと積もる中を黙々と歩いていると足元から聞こえてくる、靴底が雪を踏むキュッ、キュッという音。雪のカーペットで覆われた地面は、ほんわかと暖かくて、寒さを全く感じさせない。ただただ静寂だけがそこにある、そんな札幌の12月。

これが1月の中旬を過ぎると、寒さのレベルが一気に高まって、瞬間冷凍される肉か魚になった気分になるのですけど。。。

帰国してから2度目の冬。まだまだおっかなびっくりといった感じですが、できる限り楽しみたいと思っています。

タイトルに書いた”Work smarter, not harder.”という言葉は、ニューヨークで勉強していた時に出会って以来、私のモットーとなっているのですが、教える立場になった今は、これまで以上にこの言葉の大切さを感じています。

私のレッスンに来てくれている生徒さんは学校を卒業して10年、20年経っている人がほとんど。「勉強の習慣がなかなかつきません。」「机に座って勉強しようと思っても気が散って集中できない(泣)。」などと相談されることもあります。

その度に言うことは、「机に向かってすることだけが勉強じゃないですよ!」ってこと。それと、「時間をかければ上達するというわけでもない」。とにかく「賢く、効率的に、楽しく学ぶ」ことの大切さを、口が酸っぱくなるほど言い続けています。

「勉強しなきゃ」って思うとストレスになりますよね。ストレスになると、ますます勉強が嫌になる。勉強していないから、週に1度のレッスンも苦痛に感じるようになる。私に「勉強が足りない!」って怒られるんじゃないかって思っちゃうみたいですね(笑)。悪循環。

私は学校の先生ではないので、予習してないとか、単語覚えてないからって怒ったりしません(笑)。宿題忘れたからって、マイナス10ポイントとか、減点されることもありません!

生徒さんにいつも言っていることは、レッスンの内容や進度をコントロールするのはみなさんであって、私はあくまでもサポーターですよってこと。一人一人学習のスタイルが違うし、英語の勉強に当てられる時間も違う。だから進度が早すぎるな、とか、宿題やる時間がなさそうだな、とか、自分が勉強したいのはこういうことじゃないんだけどな、とか思ったら、どんどん相談&交渉してみましょう。

どこから見ても100点満点の優等生になろうとしないこと。日々のちょっとした進歩を見逃さず、きちんと評価して自分を褒めてあげましょう。

年明けは3日からレッスンスタートします。来年も笑い溢れるレッスンで笑顔と元気の花をたくさん咲かせたいと思います!

Happy new year!