Siriと遊ぼう。

New York Timesのサイトに行くと必ずチェックするビデオレポート(Times Video)。

ちょっと前ですが、”Use the iPhone OS 8 like a pro“というビデオがアップされていたので見てみました。見た後、私が真っ先に試したのが、SIriを使ってラジオやプレイヤーから流れている曲を特定するという技。技と言っても、曲が流れている間に、”What’s playing?”とSIriに聞くだけです。

私は自分のiTunesの中に入っていたチャイコフスキーのバイオリン協奏曲を聞かせてみました。30秒ほどで、Voila! 正確な曲名、アルバムタイトルが画面に現れました。

IMG_0788指揮者も演奏者も当たってて、すごいー。

その後クラッシク音楽専門のインターネットラジオを聞いてたとき、「聞いたことあるー。だけどタイトルわかんないー!」っていう曲が流れてきたので、早速Siriさんの出番。今回もばっちり当ててくれました!(Mendelssohn’s Violin Concerto in E minor)

YouTubeでダウンロードした曲はどうなのかなーと思い、庄司紗矢香さんのメンデルスゾーンを聞かせてみました。コンサート会場で録音されたもの。こっちは残念ながら、わかんないって言われちゃいました。iTunes Storeで販売されているものしかデータベースにないのかもしれませんね。

曲名を教えてくれるだけじゃなく、海外の都市の天気や観光情報などもバンバン教えてくれるSiriさん。発音がまずいと全く言うことを聞いてくれないので発音矯正トレーナーとしても活躍してくれています。

iPhoneユーザーの方はぜひ彼女と仲良しになって、会話を楽しんでみて下さい。

昨年11月にNPR で紹介されていた自閉症の男の子とSiriのとってもキュートなエピソード。
こちらもぜひ聞いてみてください。

Apple’s Siri Helps Autistic Teen With Communication Skills