Less is more: 毎日を“特別な日”のように生きる

最近本屋さんに行くと目立つところに置かれているこの本。発売されて半年くらい経ちますが、まだまだ売れているみたいですね。
フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

アマゾンではこんな風に紹介されています。
『高級料理を食べて、たくさん買い物をして、
あちこち旅行をしても、
心からの満足を感じられないあなたへ。

典型的なカリフォルニアガールだった著者は、
フランスの貴族の家にホームステイすることになる。
その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、
毎日を“特別な日”のように生きること。

*間食はせず、食事を存分に楽しむ。
*上質なものを少しだけ持ち、大切に使う。
*日常の中に、ささやかな喜びを見つける。
情熱的に、お金をかけずに、生活を心から楽しむ方法が満載。 』

この本の中で私が一番心惹かれたところは、フランス人の「食べること」、「飲むこと」を真剣に楽しむ姿勢。いわゆる”guilty pleasure”(後ろめたい気持ちを感じながら味わう快楽)が存在しないという事実。その替わり、手っ取り早くスナック菓子なんかで空腹を満たすことをしない。おいしい物をおいしく食べることに全力を傾ける生き方って魅力的。

あと、人と比べないってこと。自分のスタイルがしっかり確立されているから、「流行しているから」「みんな持っているから」というだけで、物を買ったりしない。流行に流されて(踊らされて)消費しないという以上に、消費のペースが圧倒的に「ゆっくり」なんですね。英語のメディアでは”slow shopping” “slow fashion“なんていう言葉が登場しています。物ではなく、「経験」や「教養」を買うことを選ぶ人が増えているというのはうれしい。

物を買わない、テレビを見ない、よく歩く、などは、私も実践できている。だけれど、「毎日を特別な日のように生きる」というこの言葉にはドキッとしてしまいます。シンプルだけど、実践するのは超難関のこのスピリット。忘れないように額に入れて部屋に飾ろうかな。

この著者のことをもっと知りたくなって、ググってみたら、彼女のウェブサイトを発見。

The Daily Connoisseur

マダムシックから学んだArt of livingを実践するための秘訣が、ブログやビデオで惜しみなくシェアされています。

YouTubeチャンネルはこちら

下のビデオでは、近藤麻理恵さんの人生がときめく片づけの魔法が紹介されています。(こっちも相変わらず、すごい人気

そしてそして、なんと今日、そう、今日4月20日、プロモーションのため東京入りするのだそうです!彼女のウェブサイトには、22日7時から新宿紀伊国屋サザンシアター店でサイン会とあります。お近くの方はお見逃しなく!

Leave a Reply

CAPTCHA