偶然?奇跡?必然?No coincidence, no story.

ニューヨークにいた時のことです。

アパートのリビングルームでルームメイトと共通の友人の話をしていました。その友人にはもうすぐ1歳になる男の子がいますが、ルームメイトはまだその子の顔を見ていません。「めっちゃ、かわいいんだよー。写真撮っておけば良かったねー」と私が口にした数秒後、私のiPhoneにメールが入りました。その友人からでした。しかも”My son misses you!”と男の子の写真付き。あまりのタイミングの良さに言葉を失う私。一方のルームメイトは、「私たちは心のずっと深いところでみんな繋がっているんだから、全然不思議なことじゃないわ」と涼しい顔。

他にも、ある友達のことを考えていたら、その友達から電話が入ったとか、部屋の片付けをしていたら目の前に本が落ちてきて、開いたページに自分が探していた情報が書いてあったとか。こんな経験、皆さんにもあるのでは?ルームメイトが言うように、私たちの想念は時空を超えて交信しあっているのでしょうか。。。

なぜこの話を思い出したかというと、アメリカのラジオ番組に”This American Life“というもうすぐ20年目を迎える長寿番組があるのですが、そのアーカイブに、私が体験したような「偶然」のもっとすごいバージョンが次から次と出てくるエピソードがあったから。タイトルは”No coincidence, no story“。

もう、あまりの「あり得なさ」の連続に、「うわー」「まじでー」と何度も声が出ます(一人で聞いてたんですけどね、もちろん。)。

中級レベル以上の英語力があれば十分楽しめる内容だと思いますので、ぜひ上のリンクからアクセスして聞いてみてください。トランスクリプトも用意されているので、聞き取れなかったところは読んで確認できます。

logo-v5

This American Life“は、毎週決まったテーマがあって、そのテーマに沿ったエピソードが3〜4つ集められて構成されています。

ほとんどのエピソードは、一般の人々が実際に体験したお話。テレビや新聞には決して取り上げられないけれど、多くの人の共感や感動を誘う内容になっています。

20年間で550以上のエピソードが放送されていて、過去に放送されたエピソードは全て番組ウェブサイトから聞くことができます。

私も聴き始めてまだ数週間ですが、ぜひ聞いてほしいエピソードがたくさんあります。これから少しずつシェアしていきますね。

他にも聴きごたえのあるPodcastsいろいろ発見したので、そっちも紹介していきたいと思います。

Leave a Reply

CAPTCHA