英文パターンで編んでみよう。

IMG_1015アメリカから帰ってきて、数十年ぶりに始めた編み物。

編み針を握ると、何かに取り憑かれた?っていうくらい、寝る間も惜しんで手を動かし続ける私です。

この2年間でいろいろなモノを編みました。靴下や帽子、手袋などの「小物」、セーターやカーディガンなどの「大物」。自分には絶対無理だと、ずっと避け続けていたかぎ針にも挑戦して、麻ひものバッグも編めるようになりました。

↓こんなバッグを立て続けに4つ編んでしまった。。。

麻ひもとリネン糸で編むバッグ

上の写真に写っている縄編みの帽子とグレーの手袋は、この本↓の中にあったデザイン。

大切に使いたい、手編みのこもの (Let’s Knit series)

こちらは、上の本と同じ作家さんの新刊。表紙のミトン、かわいすぎる。

毎日の手編みこもの (Let’s Knit series)

本を見ながら編んでいると、わからないことがたくさん。全くの初心者でなかったとは言え、最後に編み針を握ったのは小学校6年生だったので。。。

解説を読んでも、イラストを見てもちんぷんかんぷんで、最初の頃はイライラさせられました。周りには編み物をやる友達もいないし、教室に通うほど本格的にやるつもりもなかったから、自力で答えを見つけるしかありません。

ユーチューブでチュートリアルビデオを探してみましたが、日本語のチャンネルには、すごくわかりやすい!っていうのが見つからず。それで、英語だとどんなのがあるんだろう、と探して見つけたのが、このチャンネル。大当たり。


VeryPink Knits

Stacy の説明はとにかくわかりやすい。英語のパターンを使って編む時に必要な用語と編み方が、プレイリストになって整理されているので、SSKとかK2TOGとか、私には暗号としか思えなかった用語とテクニックが、Stacyの解説ビデオで一目瞭然。

ラグランセーターの編み方、マジックループという輪針を使ったテクニック、そして、かぎ針も、彼女のビデオを見て一から学びました。足を向けて寝られません。

ビデオはもちろん全て英語なのですが、映像をしっかり見ていれば理解できないことはほとんどないはず。英文パターンに挑戦する予定がない編み物初心者の方にも超オススメのチャンネルです。

英語のパターンの読み方が大体理解できるようになったら覗いてみてほしいのが、ニューヨークにある毛糸屋さんPurl SOHOのサイト。簡単で上品なパターンがいっぱい。ほとんどのパターンが無料で提供されています。Stacyのチャンネルほどではないけれど、ビデオのチュートリアルも用意されています。

Screen Shot 2015-10-08 at 7.24.27 PMニューヨークに行ったら真っ先に向かうであろうお店の一つです。(もう一つはTrader Joe’s 笑)

無心に手を動かしていると、ちょっとしたトランス状態になったりします。聞いている音楽やポッドキャストの内容がどんどん遠くなっていって、普段思い出すこともないような記憶が急によみがえってきたり、仕事のアイディアがぽっと浮かんだり。脳の中でバラバラに保存されていた情報が一本につながる感覚。瞑想してる人ってこんな感覚を味わってるのかな。

実用的で、英語の勉強にもなって、脳も活性化できる?Knitting/Crocheting。今年の冬は、一緒に楽しみませんか?