アウトプットの楽しさがわかってきた!

guri gura

今年はぐりとぐらと一緒に一年を過ごすことになりました。

*            *            *            *            *

今月から来月中旬にかけて、私にとって一年で一番忙しい時期。高校受験、大学受験に向けて必死に追い込みをかけている受験生、学年末試験対策に精を出している受験生以外の中高生。それに、今月末には英検もあって。。。みんな本気モードで、毎回のレッスンに臨んでくれています。

常日頃から。私が彼らにしつこいくらい言い続けていること。

英語はインプットとアウトプットのバランスが大事。インプット過多にならないように、アウトプットもしっかりやっていくこと。覚えた単語や構文はどんどん使っていこう!

ということで、当校では、レッスンの度に、1分間スピーチの発表や、日記、作文の提出が求められます。中学一年生も例外ではありません。最初は嫌々取り組む生徒がほとんどですが、1ヶ月くらい続けるとコツをつかんで、積極的に取り組んでくれるようになります。

言いたい日本語の英語がわからなくて、カタカナや空欄が目立っていた日記も、インターネットや辞書を駆使して、自分で調べてくるようになります。

「辞書で調べたら、二つの別の単語が出てきたけど、どう違うんですか?」っていう質問も増えます。

「インターネットで調べていたら、こういう情報が見つかりました!」なんていう発見も。

「先週教えてもらったこの表現を使ってみました。合ってますか?」なんて、中学生から聞かれたら、、、もう、泣くしかない(tears of joy)。教師冥利に尽きます。

スピーチも、どんどん進化していきます。トピックについて、しっかりリサーチしてくるだけでなく、オーディエンスを意識した内容を心がけて、「最後まで飽きさせずに聴かせる」工夫が随所に見られます。トピックも多岐にわたり、私も毎回たくさんのことを学ばせてもらっています。

彼らの可能性は計り知れないです。本当に。

単語など知識を増やすばかりで、使う練習をしないことは、冷蔵庫に食材を詰め込めるだけ詰め込んで、料理せずに腐らせてしまうようなもの。自分の手で料理して、周りの人とシェアしながら味わって、体に栄養を送り込んでいくことを繰り返して初めて、体の一部になっていくのですよね。

このようなアウトプット練習を通して、英語を学ぶことは苦行じゃないんだよっていうことが、受験や試験を前に視野が狭くなりつつある彼らに、少しでも伝わったらうれしいなー(笑)。

そんなことを思いながら、さあ、明日のレッスンの準備をしようかな。