ラクして何かをマスターしたいですか?

IMG_1078

怒涛の2月を乗り越えて、気づけば3月も3分の1が過ぎている。。。

札幌は随分春らしくなってきました。

大学受験、高校受験に挑戦した受験生たちにも春がやって来ました。

「直前に先生と一緒にやった問題が出ました!!」

「学校のテストで取ったことない点数が受験で取れた!」

などなど、嬉しい報告が届いて、私もホッと一安心。

一方で、英検2級に2度挑戦して、3度目の今回も合格を勝ち取れなかった子がいます。

「絶対受かるって自信があったのに。。。」と涙を流して悔しがる高校生。

私のレッスンを受け始めて2ヶ月目での受験でした。

「これまでにないくらい勉強した。」と準備万端で臨んだ結果がまさかの不合格。で、すっかりやる気をなくして、投げやりになっている様子。「こんなに頑張ってるのに、どうして?」って。

自分が信じられなくなって、いくらやっても無駄だって思うようになって、、。

「まぐれでもいいから、合格したかった。」っていう本音も出てくる。うんうん、そうだよね。わかるよ。

だけど、まぐれで合格して得られるものは何でしょう。「合格した」という安心感?「もう2級対策やらなくていい!」という解放感?「自分には2級の実力がある」という自負?

確かに、ギリギリの成績で合格しても、合格は合格。そこで、「自分は合格したけど、2級の実力には程遠いから、もっと実力つけなくちゃ。もう一回2級の勉強し直そう。」と思える中高生がどれだけいるでしょうか?

「受かった!」と安心して、勉強をやめちゃう子がほとんどではないでしょうか。

「合格できなかった」=「本当の2級の実力をつけるチャンスをもらった」、と捉え直して、もう一度挑戦することができたら、、。まぐれで一発合格して安心してる人たちをあっという間に追い越してしまえることでしょう。

実を言うと、私も高校生、大学生の頃は「どうやったらラクできるかな」ってことばかり考えて生きていました。好きな言葉は「棚ぼた」(笑)。

コツコツ時間をかけて努力するっていうことが、とっても馬鹿馬鹿しいことに思えていたのです。

やりたいことがあったとしても、なりふり構わず努力しないと達成できないようなことには、「うーん、無理!」とやる前から諦めてしまうような人間でした。さらに、「諦める」と言うとかっこ悪いので、「興味ない」と言ってごまかしたりして。

そんな私が30歳目前で、留学を決意して、大学院出願に必要なTOEFLの勉強を始めて、、、すぐに壁にぶち当たりました。

出願に必要なスコアがなかなか取れなかったのです。何回受けても、ライティングのスコアだけがいつも0.5ポイント足りず、「はい、やり直し」。

結局1年半で10回受けることになりました。4回目くらいまでは、「次こそは!」と頑張れましたが、5回受けてダメだった時は、さすがに、「もう諦めたほうがいいかな」という気持ちが頭をよぎります。

それでも、後に引けない状況だったこともあり、友人に相談したりしながら、自分のライティングの弱いところを分析して、修正していく作業をコツコツ続けていきました。

ようやくたどり着いた留学先で、「自分はTOEFLを10回受けてようやく必要なスコアが取れた」と自嘲気味に話したら、「よく諦めないで頑張れたね。すごいよー!」と思いがけずみんなに賞賛されて、「そっか、そうやって見てくれるんだ」と嬉しく思ったことが昨日のことのよう。

その時の努力があったからでしょうか。今では英語のライティングを褒めてもらえることが増え、自信が持てるようになりました。留学中、ネイティブの友人に英文のチェックをしてもらっていたのですが、「クラスメートの論文読んでるみたい。ネイティブが書いたみたいでわかりやすいし、ロジカル。」と言ってもらえたり、教授からも「あなたの文章はスタイルがある。簡潔で読みやすい。」というフィードバックをもらったり。

TOEFLの勉強していた時、無理しすぎたのか、めまいを起こし倒れたことがありました。その時に机の角で頭を打って、数秒間気を失っていた、という忘れられない思い出(武勇伝?)もあったりしますが、諦めないで、頑張って来れて本当に良かったです。うん。

要領だけでできたものは、まさに「砂上の楼閣」。小さな波でもあっという間に壊れてしまいます。

No pain no gain.

だから、どんな小さなことにでも、努力するクセをつけていきましょう。努力は絶対に裏切らないから。

Leave a Reply

CAPTCHA