英語のリーディング力を伸ばす

IMG_1132

「英語の読解力を上げるために一番良い方法は何ですか?」
「英語のリーディングが苦手です。長文を見ただけでアレルギー症状が、、、」

高校生、特に受験生からよく受ける質問です。

たくさんの高校生、大学生を指導してきて、私自身痛感しています。本当に「読めない」。
リーディングが得意な高校生を探したほうが早いかもって思うくらい、みんな「読めない」。

英検2級持っているという高校生に英検3級の短い文章を読んでもらって、素早く、かつ、正確に読める子は半分もいません。正しい選択肢は選べます。消去法 で。だけど「じゃあ、どんなことが書いてあったか言葉で説明してみて。」とたずねると、「なんとなく」しか読めていないことが一目瞭然。

文法は中学卒業レベルで、難解な表現もほとんどない、わからない単語も出てこない。

なのに、なぜ「読めない」のか。

(いくら語彙を増やしても、それだけじゃ英文を読めるようにならないということがよくわかります。)

「それは練習が全然足りてないから」、、、ということに尽きるのですが、

私が一番問題だと思うのは、中学の段階で「英語を英語として読む」指導が全くと言ってされてないということです。

学んだ文法項目を活用しながら、「初めて目にする文章を読む」というトレーニングが全然積めていないのです。

受験が近くなると、ようやく長文を読む練習が始まるけれど、選択肢からどうやって正解を選ぶかというテクニックばかりが上手になって、肝心の読解力はほとんどついていない。

「なんとなく」のまま、高校に進学して、「さあ、読むよ!」といきなり長い文章を読まされる。

はい「リーディングアレルギー」がまた一人増えました。

英語教育の不備を嘆いていても始まらないので、、、長文を読むのが苦手という人への私からのアドバイス:まずは英検3級レベルの英文をしっかり読めるようになることを目標にしましょう。

市販されている英検の過去問や対策本を一つ選んで、リーディングセクション最後の問題を読んでいきます。(例えば、英検3級 でる順 合格問題集とか、2016年度版 英検3級 過去6回全問題集とか、7日間完成 英検3級予想問題ドリル (旺文社英検書)などなど)

最初は時間を決めなくて良いので、丁寧に、前から順番に英語を理解していきます。スラッシュリーディングの方法で。動詞の時制、冠詞、前置詞の役割などに注意を払いながら、焦らず正確に読んでいくことを心がけてください。

最後まで読めたら、まず段落ごとの要約をしてみましょう。この時、注意してほしいことは、筆者の意見と事実を明確に分けるということ。ただ意見として言っていることを、「もう行われている」事実として早合点してしまう人がとても多いのです。Who, What, When, Where, Why, How、と言った質問に自分で答えながらやっていくと良いでしょう。

次に、文章全体の構造を把握します。段落と段落がどうつながっているか、それぞれの段落がどういう役割をしているか、を明確にしていきましょう。例えば、イントロ(問題提起)→解決策その1→解決策その2→結論、といった感じ。

和訳を確認する前に、もう一度文章全体の要約をしてみます。トピックは何か。この文章が書かれた目的は?一番伝えたいことは?といったポイントを織り込みながら。

最初は曖昧な部分があっても大丈夫。和訳を読みながら、しっかり訳せなかった理由を考えてみましょう。単語の訳の取り方に問題があったのか、構文の理解が足りなかったのか、思い込みで訳してしまったのか、など。このような練習を積んでいくことで、自分の英文理解の弱点が浮かび上がってくることでしょう。

要約には、自分の意見を入れてはいけないので、感想や批判があれば要約とは別に書き留めておいてください。後々、英語でエッセイを書いたり、小論文を書くときに使えます。

英語の読解は質と量のバランスが大切です。毎日コツコツと丁寧に読んでいくことで、「読解の筋肉」が目に見えて成長していくのが実感できるようになるはずです。

英検3級の英文が5分以内で正確に読めるようになったら、準2級、2級と進めていきましょう。並行して、ブログやSNSの投稿、ペーパーバックなどどんどん読んで新しい単語を覚えたり、語感を磨いていってください。

ゆくゆくはシンプルな英語で要約できるようになることがゴールです (Summary writingと言います)。

だけど、決して焦らないでくださいね。スポーツの筋トレと同じで、無理は怪我の元ですからね。

Good luck!

Leave a Reply

CAPTCHA