A riddle このなぞなぞが解けますか?

なぞなぞは英語で “riddle” と言います。

80年代のアメリカで流行ったというこのなぞなぞ を私が最初に目にしたのは、2年前でしたが、最近よく聞いているポッドキャストで話題になっていて、改めてこのなぞなぞの意味を考えるようになりました。

A father and his son were in a car accident. The father dies at the scene. The boy is rushed to a local hospital. In the hospital, the operating surgeon looks at the boy and says, “I can’t operate on this boy. He’s my son.” How is this possible?

訳 父親と息子が交通事故に遭った。父親は即死。男の子は近くの病院に運ばれた。病院で、手術を担当する医者がその少年を見てこう言った。この手術を担当することはできない。この子は自分の息子なのだ、と。一体どういうことでしょう?

 

答え、わかりましたか?

 

「医者は男の子の母親だった。」が答えです。

ボストン大学が在校生を対象に行った2014年の調査 では、正解できたのは20%以下だったそうです。母親が医師をしているという学生も正解できなかったという結果は、職業と性別に対するジェンダーバイアスが、想像以上に深いことを物語っています。

ちなみに同じ質問を小学5年生にしてみたところ、ほとんどの子が正解できたそうです。不正解で多かった回答は「この男の子の親はゲイカップルで父親が二人いる。」だったとか。こっちは時代をきちんと(?)反映してますね。

このなぞなぞには、別バージョンがあって、事故に遭って亡くなるのが母親で、病院に運ばれた娘と対面するのが「看護師」という設定。この看護師を女の子の「父親」だと認識できたのは一握りしかいなかったということで、アメリカ社会での「医師=男性、看護師=女性」という固定化されたイメージが浮かび上がってきますね。

看護師という言葉が一般的になった日本で、同じなぞなぞをやったらどんな回答が出てくるのでしょう。私は、日本語訳が回答にかなり影響を与えるような気がするのですが、どうでしょう?例えば、”Doctor”を「医師」とするか「医者」とするかで、正解率が変わると思いますか?私の感覚では「医師」の方がgender neutralに響くので、ここでは敢えて「医者」と訳しました。

あと、”I can’t operate on this boy.”っていう部分をそのまま訳すと、「この子の手術を担当することはできない。」か、「この子の手術を担当することはできません。」のどちらかになると思うのですが、どちらの訳を選んでも発言者の性別が見え隠れしてなぞなぞにならないような気がしませんか?

かなり前のことですが、この「医師=男性、看護師=女性」というステレオタイプのおかけで、実体験で痛い思いをしました。

オーストラリア留学中、あるイベントで年配の女性と知り合いになりました。お互い自己紹介をして、彼女が “I work at a hospital.”(私、病院で働いてるの)と言うので、私は迷うことなく, “So, you are a nurse?” (あー看護師なのね?)と返してしまったのです。そしたら、彼女がムッとした顔で、”I’m a doctor!” と。過去に同じようなやり取りが何度も繰り返されていたのでしょう。「もういい加減にしてよ!」って心の叫びが聞こえてくるようでした。10年以上経った今も思い出す度に申し訳ない気持ちになります。

アメリカの大統領選の影響で、フェミニズムに関する良質の記事や映像が溢れています。すべて英語の情報になってしまいますが、面白いと思ったものを挙げると、、、:

オバマ大統領がグラマーマガジンに投稿したフェミニズム論。
Glamour Exclusive: President Barack Obama Says, “This Is What a Feminist Looks Like”

WOMAN vs. FEMALE「初の女性大統領候補」ヒラリーをどう形容する?(NPR)
Is Hillary Clinton the first WOMAN nominee — or the first FEMALE nominee?

それと、こちらは今年6月に行われたホワイトハウス主催の女性サミット (the United State of Women Summit)でのミシェルオバマとオフラウィンフリーの対談。うんうん!そうそう!激しく頷きながら見てました。ミシェル最高!

小さい頃から「大きくなったら学校の先生になりなさい。」と言われて育った私。女の子で学校の成績が良くても、目指せる職業は限られている。仕事が見つかったとしても、男社会の中で潰されるだろう。学校が一番女性にとって働きやすい職場だ。という理論でした。納得。

進学した地元の公立高校は、一応「進学校」ということになっていました。私が入学した年、初めて女子の割合が半分を超えて、「女子が増えた=レベルが下がる」と嘆く先生たちに囲まれて3年間を過ごしました。(実際レベルがどのくらい下がったのかは定かではありませんが。)

日本の大学で唯一男子学生が半分以上を占める文学部として定評(?)があった早稲田の文学部。私たちが入学した年、初めて女子の割合が50%を超え、ニュースになりました。女子トイレが圧倒的に少なく、先輩女子学生の苦労が偲ばれました。。。

男性優位社会で、「出る杭」にならないように、立ち位置を常に意識しながら生きていた20代。そんな息苦しい日本社会に嫌気がさして、勇気を振り絞って海外に飛び出しました。アメリカでも男性優位は変わらない現実だったけれど、日々感じるプレッシャーは日本よりずっと軽くて、心の自由を謳歌しました。これまでフェミニズムを声高に叫ぶことを、意識的に避けてきましたが、今は堂々と言えます。I’m, officially, a feminist. だと。

下の写真はアメリカで出版されている子供向けESL教材から取ったもの。医者のモデルは男性、看護師は女性、配管工は男性、教師は女性。歯科医師とパイロットはよーーーく見てみると女性なのですが、残念ながらマスクで顔が隠れていて性別がわかりません。(人種の観点から見ても、多様性が全く反映されていませんね)教育の現場にいる者として、生徒たちに不用意にステレオタイプを植え付けないよう、と肝に銘じる日々です。

jobs
Job titles, We Can! Student Book S By Yoko Matsuoka, 2009, p. 81

下の映像では、職業に対するジェンダーバイアスをなくすために、どのように言葉が変わってきているか紹介されています (gender neutral equivalent)。郵便配達員はmailman ではなくmail carrier 、警察官はpolice man から police officer に。女優はactressですが、actor と呼ばれることを好む女優もいます。皆さんが知っている単語がたくさん出てきますよ。It’s worth watching!

言葉の影響を過小評価するのは危険です。まずは「意識的に」言葉を選ぶことから始めましょう。言葉の感覚を磨き続けること。日本語でも英語でも良質の言葉に触れる機会を増やすこと。

今、自分が、そういうお手伝いができる場所にいるということに感謝。

2 comments / Add your comment below

  1. こんにちは。
    私も病院に勤めていると言うと、看護師さんだと相手が勘違いすることがよくありますよ。
    特に不愉快にはならないし、訂正せずにそのまま話を合わせることもあります。
    必要ないときには(美容院などで)、わざわざ職業を自分から話すこともありません。
    なぜかな・・・と考えたこともありますが、いろいろ面倒だからというのが本音かな・・・。
    健康相談をされたりするかもしれないですしね(!)
    たぶん男性医師だったら無意識に(自慢気に??)「医師です」と言うのかもしれないなぁと思います(笑)
    日本もいつか医師は女性の方が多くなるのかもしれませんね。

    前回の記事のリンクも面白そうなので、見てみますね!

    1. オーストラリアで会った医師の彼女ですが、アジア系移民だったのですよね。女性であること以上に、人種的にマイノリティーであったことが、あの反応につながったのかなと思います。「看護師に見られて怒るなんて、看護師の皆さんに失礼じゃない。」って一瞬思ったことも事実ですが、いろいろな偏見や差別を経験してきたのでしょうね。。。。

      いつも素敵なフィードバックありがとうございます♪

Leave a Reply

CAPTCHA