「どうやったら英検一級取れるかな〜」

タイトルにある言葉は、昨年の秋からレッスンに通ってきてくれているAさんの発言。

転職を考えてのスキルアップ+字幕なしで映画が楽しめるようになりたいという目標を持って門を叩いてくれました。だけど、中学、高校と勉強全般サボり気味で、英語もほとんど勉強した記憶がないと。。。初歩の初歩から指導お願いします。ということでした。

英検4級レベルの教材から始めて、3級、準2級と順調に力をつけてきています。映画大好きということで、彼女がDVDを持っている映画を使って、会話表現や文法、イディオムを学んでもらっています。「日本語字幕を見ても、よくわからなかった。」という部分は、社会的、文化的背景についてもレクチャー。「これまでの人生でこんなに集中して勉強したことないですっ!しかも楽しくて勉強してる感じがしない。」とまで言ってくれて、、、。その後に出たのが、タイトルにあるこの発言でした。

現在は英検2級合格を目指して、頑張っている彼女。英検1級の過去問を見ながら、「あとどれくらい勉強したら、1級受験できるかなあ。」と。

このような発言、レッスンを始めた1年前には絶対に出てこなかったはず。英検1級合格どころか、受験しようという発想すら頭をよぎらなかったことでしょう。

目の前にある目標に向かって、コツコツ努力を続けた結果、雲の上の存在でしかなかった「英検1級合格」が、いつの間にか到達可能な目標に変わっていました。

逆に言うと、「英検1級何としても合格するぞ!」と言う目標を持って、勉強を始めていたら途中で息切れして挫折していたかもしれません。

さらに言うと、英検合格は手段であって、ゴールではないと言うことも忘れないでほしいです。英検1級合格はあくまでも目安。合格したからと言って、英語を自由自在に操れる力がついてるとは限りません。

一つ目標をクリアしたら、また次の目標が待っている。人生、生きている間は新しい挑戦の連続。だから、ゴールまでの道のりを楽しむ工夫をしてほしい。そのお手伝いをするのが伴走者としての私の仕事なのだと思っています。

「ユートピア」という言葉から始まるこの詩はウルグアイ出身の詩人の作品(スペイン語からの英訳です)。「人生は挑戦の連続」と言うことを、水平線になぞらえて表現しています。

Utopia lies at the horizon. ユートピアは水平線上にある
When I draw near by two steps, 僕が二歩近づくと
it retreats two steps. 二歩遠ざかる
If I proceed ten steps forward, 僕が十歩足を前に踏み出した途端
it swiftly slips ten steps ahead. 向こうは十歩前に進んでいる
No matter how far I go, どれだけ足を進めても
I can never reach it. 絶対にたどり着くことができない

What, then, is the purpose of utopia? じゃあ、ユートピアって何のために存在するんだ
It is to cause us to advance. それは、僕たちに前進し続ける理由を与えてくれる

By Eduardo Galeano

Leave a Reply

CAPTCHA