動詞Play「遊ぶ」以外の用法いろいろ。

中学生や高校生とのレッスンでは、

「週末どうだった? How was your weekend?

とか、「今週末の予定は? What are you up to this weekend?

なんて質問しながら、small talk することにしてるのですが、返ってくる答えで一番多いのがこれ。

I played with my friend. (友達と遊んだ。)

日本語をそのまま英語にすると、確かにこうなりますよね。うん。

公園で走り回って「遊んだ」のならplayでいいけど、、、。

中学生、高校生が言う「遊ぶ」は、多くの場合、「一緒に買い物に行った。」とか「カラオケ行った。」とか、「映画見に行った。」とかですよね。

こう言う場合の「遊ぶ」は、”hang out” でしょうね。

それか、もっと具体的に、

  • I went to karaoke with a friend.
  • I went shopping with a friend.
  • I went to the movies with a friend.

などと表現した方が良いですね。

鬼ごっこして遊ぶ

「鬼ごっこ」とか「かくれんぼ」して遊ぶ場合は、もちろんplayを使います。

「鬼ごっこ」は、play tag.

「かくれんぼ」は、play hide-and-seek.

ちなみに、鬼ごっこで、鬼は、”It”(イット)。

「タッチ。Aちゃんが鬼!」っていうのを英語にすると、

“Tag! You are it!”

こういう時の”It”(イット)って、「顔がない、何者かわからない、想像したくてもできない」そんなイメージでしょうか。

同様に、「おままごとして遊ぶ」は、play house、「お医者さんごっこする」は、play doctor.

下のビデオでは、オリビアが “playing hotel” していますよ。

Don’t play small!

Play「遊ぶ」以外の用法としては、「スポーツをする」「楽器を演奏する」「役を演じる」などがありますが、下の英文にあるplayは、すべて「役を演じる」と言う意味から派生した表現です。どんな意味になると思いますか??

  1. I had a lot of friends. I played normal.
  2. She should stop playing small.
  3. My dog plays dead to avoid bath.

簡単でしたか?

1番目は、「普通であるふりをする。」

2番目は、「自分の能力を、実際より小さく見せる。」「目立たないように、振る舞う」

3番の答えは、これを見たら一目瞭然。最高に笑えます。

私が特に気に入ってるのは、これ。犬って、どうしてこんなにお風呂が嫌いなの?

“Are you ready for a bath? Do you wanna bath?” (お風呂に入るよ。)

ものすごい勢いで、ベッドの下に隠れる。

“Do you wanna go for a walk?” (散歩行こうか?)

ものすごい勢いで、ベッドの下から出てくる。「行く!行く!」

わかりやすすぎ(笑)。

Leave a Reply

CAPTCHA