できることから始めてみる。#plasticfreejuly

Plastic Free Julyも、始まって2週間以上経ちました。日本でプラスチックフリーを実践することは、相変わらずチャレンジングです。

完璧にやろうという気は毛頭ありませんが、それでも、買い物から帰って、プラスチック包装の山を前にすると、敗北感を感じずにはいられません。

この運動に参加している人たちのブログ記事を読んだり、インスタグラムの写真を見てまず頭に浮かぶこと。

「私の街にも定期的に立つグリーンマーケットがあったらいいのに。」

「庭があったらコンポストができるんだけどな〜。」

“If only we had a store like this nearby!” 「あー、こんなバルクのお店が近くにあったらいいのに。」

やるとなったら徹底的にやりたいタイプなので、ついつい「できないこと」にフォーカスして、「やってもしょうがない。」とやる気をなくしてしまいがち。そこを何とか踏ん張って、「いやいや、これでも1週間で見たら、プラスチックゴミは激減してるし、買い物の仕方も随分変わってきてるじゃない。Keep up the good work!」と自分を励ましながら、続けています。

日常で出るゴミ(プラスチックに限らず)をできる限り少なくするために、私が続けてきていることをシェアします。

Baking soda, Citric acid, hand-made soap, brushes, and a cloth shopping bag
  1. Choose paper over plastic
    紙で包装されているものを選ぶ。パスタやお米など食料品はもちろん、お掃除に活用している重曹や、クエン酸、セスキソーダも、例えば、こちらのお店の製品のように。プラスチックが使われていないものを選び、また、なるべく容量の大きいものをまとめ買いするようにしています。
  2. Use brushes over sponges
    スポンジを使うのをやめました。マイクロファイバーももちろん使いません。亀の子束子は、台所だけでなく、浴槽のお掃除にも活躍してくれています。
  3. Make from scratch
    もともと手を動かすことが好きなので、自分で作れそうと思ったら、嬉々として挑戦してみます。手先の器用な知り合いが周りに多くて、そういう人たちから教わりながら、これまでいろいろな「手仕事」のレパートリーを増やしてきましたが(パン、豆乳、ヨーグルト、キャンドル、編み物 などなど)、お味噌と石鹸は、もうお店で買うことはないでしょうね。
hand-made soap
soy milk

これからチャレンジして見たいもの。最近とっても興味があるのが、手打ちパスタ。このビデオのように、野菜(パセリ、ビーツ、トマトペースト)やスパイス(ターメリック)を混ぜ込んだカラフルなパスタを作ってみたい!

あと、このように、牛乳以外の食材で作るヨーグルトも!

できないことを嘆くより、できることを数えてみる。その瞬間、新しい世界が目の前に現れるから不思議。

ということで、プラスチックとの戦い、根気強く続けて行きます。。。

Leave a Reply

CAPTCHA