「お日様が顔を出した」を英語で言うと?英語らしい英語を身につけるtips

9月も3週目に入り、ここ札幌はすっかり秋の陽気。日照時間も日に日に短くなって、朝晩の気温もぐっと下がり、 外を歩いていると「秋というよりは初冬と言った方が正確なのでは」と思うこともしばしば。手袋やマフラーが必要になる日も遠くないなあ。

高校卒業まで北海道で育った私ですが、通算20年近くを道外で過ごした後の札幌生活なので、毎日が新しい発見の連続です。

「今年はいつもより暑い。」とか「いつもより雨が多い。」と皆さんが言うのを聞いては、「へー、これがいつもの夏の気候だと思ってたけど、そうじゃないんだ。」と自分の認識を修正することに。

私にとっては、今見えてるもの、今感じられるもの全てが「札幌の今」なので、寒い日が続いたとしても、「これが札幌の秋なんだな。」って思うだけです。「いつもの年」と比べて「今年は寒い(暑い)!」なんて文句が出ることもなく。。。淡々とした毎日です。

先日レッスン中、「季節の移り変わりを英語で伝えたいのだけど、なかなか口から出てこない」と質問があり (Good question!)、まずは「寒くなってきた。It’s getting cold.」「日が短くなってきた。The days are getting shorter.」を紹介しました。

そしたら、別の生徒さんからまたまたナイスな質問が。

「じゃあ、『日が昇った(日の出)』と、『(雲間から)お日様が顔を出した)』はどう言いますか?」

こういう質問とっても嬉しいです。涙が出そうになるくらい。

英語でも日本語でも、とってもシンプルな表現で、簡単に言えそうなのに、言おうとしたら絶対に出てこない。しかも、この二つの表現「似てるけど、違う」ってことに気づけない人が多いのです。You don’t know what you don’t know!

こういう疑問が出てくるようになったら、英語脳が機能し始めている証拠。

この二つの表現を英語にすると、こうなります。

『日が昇った。』The sun is up.
『お日様が顔を出した。』The sun is out.

ここでは、”UP”と “OUT”の単語のイメージの違いをしっかり掴むと同時に、「be動詞が」「現在形で」使われていることも大切なポイントです。「昇る」「出る」という日本語を訳そうとしたら、”go”とか”rise”などaction verbs(動作を表す一般動詞)を使いたくなりませんか?それに、日本語は過去形なのに、どうして現在形?という質問もよく出ます。

私たちが日本語を直訳して、不自然な英語を多用してしまうのは、日本語と英語の視点の違いに気づけていないことが原因です。特に、ここで使われているようなbe動詞の感覚は、両言語の空間認識、時間認識の違いがしっかり理解できていないと、使いこなせるようになるまで時間がかかります。

逆にこの視点の違いに目が向くようになると、「日本語だと、この表現はでてこないよな。」「なるほど、こういう英語表現を使えばいいんだ。」と気づけるようになっていきます。そして、自分の英語の不自然さにも自分で気づけるようになっていくのです。

大事なことは、英語でのインプットの際に、しっかり意識を向けること。あとは、自信を持って使える表現を、焦らずコツコツ確実に増やして行くことです。「学ぶこと=まねぶ(真似する)こと」。遠回りに見えて一番の近道です。

最後に、日本人が間違いやすい表現をもう一つだけ。

「太陽が東から昇る」

これを英訳してみてください。「東から」につられて、The sun rises from the east. (x) と言いたくなりませんか?

英語では、

The sun rises (comes up) in the east. (太陽が東から昇る)
The sun sets (goes down) in the west.(太陽が西に沈む)

です。

どうして”from”を使わないか?この答えは、地球と太陽の関係から考えてみてくださいね〜。

Leave a Reply

CAPTCHA