歌って学ぶ英語のフレーズ: “Count On Me” by Bruno Mars

「英語の歌を歌って、英語の勉強したいんですけど、おススメありますか?」

小学生の女の子から質問されました。が、最近の流行に全くついていけていないわたし。困って、「どんな音楽が好きなの?」と聞いたら、「Bruno Marsとか?」ということだったので、彼らの曲を片っ端から聞いて、見つけたのがこれ。

使われている英語のレベル、歌いやすさ(テンポ)、歌の内容、すべてにおいて、「これ以上ない」というくらい spot on。特に、小学生から高校生くらいの英語学習者にピッタリ。

大切な友達が、簡単に解決できないような困難にぶち当たって、悩み、苦しんでいたら、どんなことをしてでも助けるから。それが友達ってものでしょ。だから、一人で悩まないで、自分に相談してよ。信頼してくれて大丈夫だから。いつでも頼ってよ。”Count on me!”

Count on A”は、「Aを頼りにする、Aに任せる」という意味。サビの部分、

“You can count on me like one, two, three. I’ll be there”

ここでは、「頼りにする」という意味の”count on”に、「数える」という意味の”count”をかけて使われています。「1、2、3って数えてみて。任せてよ。すぐに駆けつけるから。」

逆に、全く頼りにならない友達がいたら、”You can’t count on him/her!”と言ったり、自分が頼りにされたら困るというような状況では、”Don’t count on me!”と言って、牽制したりできます。例えば、こんな状況。

A: Hey, can you come pick me up at the station this evening?  (今晩駅に迎えにきてもらえる?)

B: Don’t count on me. Not sure what time I can leave office. (当てにされても困るよ。何時に会社出られるかわからないから。)

***

動詞”count”についてもう少し掘り下げてみましょう。

COUNT me IN / COUNT me OUT

“Count on me”ととてもよく似ていますが、 “Count me in“という表現があります。これは、直訳すると「自分も数に入れて。」という意味で、要は、「自分も参加する。」とか「自分も仲間に入れて。」ということ。

A: We’re going to the movies tonight. Do you want to join us? (今晩みんなで映画行くけど。どう?)

B: Yes! Count me in! (行く!行く!)

“Count me out” だと全く逆の意味になって、「自分は数に入れないで。→ 自分は興味ない。遠慮します。」という意味になります。

A: We’re going to the movies tonight. You’re coming, right?(今晩みんなで映画行くけど。来るよね?)

B: Um, I have to finish my assignment by tomorrow. So, count me out. Sorry. (課題明日までに終わらせないといけないから。やめとく。ごめん。)

 

Comic books don’t count. 「漫画は数に入りませんよ。」

これは、どういう場面で使われるか、簡単に想像できますよね?例えば、

“How many books did you read last year? Comic books don’t count, by the way.”
(昨年は何冊本読んだ?あ、漫画は数に入らないから、入れないでよ。)

それとか、映画「マイ・インターン (the Intern) 」では、こんな風に使われています。

She loves to ride her bike through the office.

That woman does not like to waste time.

Plus, she counts it as exercise.

(彼女、オフィス内を自転車で移動するのが好きなんです。
時間を無駄にするのが好きじゃないから。
それに、エクササイズとしてカウントしてるのでね。)

Age doesn’t count. 「年齢なんか問題じゃない。関係ない」

この場合の”count”も「(物・事が)数に入る」という意味から派生して、「(物・事が)→ 重要だ。大切だ。」という意味になります。自動詞なので、後ろに目的語はきません。

A: Oh, I really wanted to come pick you up, but …  (迎えに行ってあげたかったんだけど、、、)

B: Oh, it’s okay. It’s that thought that counts. Thank you anyway. (大丈夫。その気持ちがうれしいです。ありがとう。)

It’s that thought that counts.” この表現は是非セットで覚えてください。やってあげたいことがあっても、様々な事情で行動に移せなかった場合、「その気持ちだけでうれしいですから。気にしないでください。」と言って、相手の気持ちを軽くしてあげられます。ちなみに、”it’s *** that …” は強調構文ですね。That thought counts.という文のthat thoughtを強調しています。

まとめ

「好きな曲で英語を学ぶ」場合、大事なこと。それは、単に日本語の意味をネットで探して内容を理解するだけでなく、使われている言葉一つ一つがもつ意味を「英語で」しっかり捉えるということ。

この歌で使われている単語やフレーズは、中学から高1レベル程度。しかも、”be supposed to do”とか “remind”とか””stuck” など、日常生活で聞かない日はないというくらい最重要の表現ばかり。歌詞をしっかり理解して歌うことで、単語のイメージ、意味の広がりが体感でき、自信を持って使えるようになります。

また、音に合わせて歌うことで(なりきって!)、英語のリズム、発音も身についていきます。

最初から100%を目指そうとせず、まずは、サビの部分から始めてみてください。それから、自信を持って歌える部分を少しずつ増やしていくと良いでしょう。

これからも、おすすめの曲があれば、ご紹介していきますね。

I hope this helps!

「ないものねだり」英語で言うと?

「ないものねだり」って英語に訳すとどうなるかなぁ。

こんな思いが頭をよぎったのは、自分がまさに「ないものねだり」の状態にあるからでしょう。

ニューヨークでの生活がたまらなく恋しくて、今すぐフライトを予約して飛んでしまおう、という衝動に駆られること、何度もあります。

ニューヨークの友達と電話で話してて、”Trader Joe’s is gonna open a new store in our neighborhood next month!” (来月近所にトレーダージョーズのお店が新しくオープンするよ。)と言われると、オープン初日に合わせてフライト探そうかなんて考えたり。

お掃除してるときなどよくストリーミングしているWNYC(ニューヨークのパブリックラジオ)で、お天気情報が流れるのですが、それを聴きながら「今日の午後は雨かー。傘持って行かないと」という思いが頭をかすめた後、「あー、これニューヨークの天気だ!」と我に帰る、、、ということも多々あります。

日本に住んでいながら、心はアメリカにいる、というこの状況。なんか、前もあったような???

わかりました。ニューヨークにいた時の私です。日本が恋しいとか、日本に帰りたいという気持ちはこれっぽっちもなかったのですが、「日本でしか買えないもの、手に入らないもの」に異常に執着していた記憶があります。日本人ブロガーが「ラー油!」「塩麹!」と大騒ぎしているのを見ては、「輸入してでも試してみたい。」と思ったものです。暇さえあれば、ブライアントパークにある紀伊国屋書店に通って、本や雑誌を立ち読みして、日本語の活字を貪り読んでもいました。

以前暮らしたオーストラリアのメルボルンには、日本の本屋さんがなくて、それがすっごくストレスだったので、紀伊国屋は私にとってオアシスでした。それに加えて、ニューヨークには無印やユニクロ、ブックオフもありますからね。心強い存在です。

それでも、日本国内のお店に比べて圧倒的に品数が少ないので、欲しいものがすぐに手に入らないストレスがありました。例えば、無印の折りたたみ傘とか(アメリカのものはすぐに壊れる)、リングノートとか。今思うと、どうしてそこまでして手に入れないといけなかったんだろう?と自分でも不思議に思うのですが、その時は、絶対妥協したくなかったのですね。無駄なことにエネルギー使っていましたね。

***

日本に帰ってきた今、あの時の私が「欲しくて、欲しくて、たまらなかったけど手に入らなかったもの」が、簡単に手に入るようになりました。だけど、そうなると今度は「あー、この洋書が変えない。」だの、「あー、ホールフーズのコーンチップス!チョバーニ(グリークヨーグルトのブランド)!トンプソンの種無しぶどう!(私の大大大好物 笑)」と、ないものねだりが始まるわけです。。。

ニューヨークでの生活をよーく思い返してみると、良い思い出ばかりだった訳では決してありません。大体がサバイバルモード。今日はエレベーターが止まってる。次の日は、洗濯機が動かない。洗濯機が直ったと思ったら、ボイラーが壊れて、お湯が出ない。とかね。

こんなの日本じゃ有り得ないってむしゃくしゃしてたら、その後行ったカフェで見ず知らずのお客さんと話が盛り上がって、こんなの日本じゃないよねって思ってみたり。ふふ。

We want summer when it’s winter, and we want winter when it’s summer. There will never be a shortage of problems if we look for them. 

(冬になれば、夏が恋しいって言うし、夏になったら、冬が待ち遠しいって思う。不平不満は探せばいくらでも出てくる。なくなるっていうことはない。)

このブログでこれまで何度もシェアしているように、玄米茶や抹茶備長炭、昆布や海苔といった日本の食材、製品が、世界中で好んで消費されるようになった今、そういったものを、必要なときに、簡単に、しかも比較的安価で、手に入れられる環境にいることに感謝しないといけないですね。I’ll make sure to remind myself how lucky I am when I start complaining again.

***

最初の質問に戻って、「ないものねだり」を英語にするとしたら、、、

今の私の状況はこのフレーズがぴったりでしょう。

The grass is always greener on the other side of the fence.

「隣の芝生はいつもこっちより青い」と訳されていますが、要は「ないものねだり」。

 

「わかる〜!!!」同感、共感を表す英語表現

“Why are you being so quiet?”

「どうして、そんな静かなの?どうして、黙ってるの?」

これ、海外で暮らす日本人が一番よく聞かれる質問ではないでしょうか。

答えは、「あんたが一方的に喋ってるからだよ!」ってことに尽きるのですが、まあわかってもらえないことが多いですね。

もちろん、こちらとしては、話したいことたくさんあるし、会話を盛り上げたい。タイミングを見計らって会話にJump inしたいと思っているのですが、相手はペラペラペラペラ休みなく話し続けている。1秒の隙間もない。そんな相手の話に入って行くには、文字通り「遮る」または「割り込む」という行動に出るしかないのです。結果、「そこまでして、主張したいことでもないし、まーいっか。喋らせておこう。」という結論に落ち着くというわけ。

気が済むまで話したあとで我に帰って、「自分ばっかり話しちゃってごめんね。」とこちらに話をようやく振ってくる人もいますが、「どうしてそんなに静かなの?」と機嫌が悪くなる人も結構います。

シャイな性格とレッテルを貼られたり、「黙っているのは、自分に心を開いてくれない証拠」と思われたり、または、その両方と判断されたり。まあ、こうなるときの会話の相手は、ほとんどが男性ですね。

アメリカにいた時は、「静か」「おとなしい」と言われる度に、自分を責めたり、後ろめたい気持ちになったりしました。「もっと、積極的に会話に入って、盛り上げないと。」なんてね。

こんな経験をしているのは、自分だけだと思っていたから、人に話してもわかってもらえないと思い込んでいました、、、Mari Andrewのインスタグラムフィードを見つけるまでは。

I feel like I’ve drawn this before but it’s an evergreen sentiment

A post shared by Mari Andrew (@bymariandrew) on

「私だけじゃなかった〜(涙)」

どのコメントも、ウィットに富んでいて、泣いたり、笑ったり、忙しい。

中でもこのコメント、So spot on! だったので、シェアします。

Once spent 30mins trying to get a word in (couldn’t) and when I finally said I had to go, he actually said “yeah ok. You didn’t contribute much to the conversation anyways”.

(以前男性と話してて、30分の間なんとか言葉を挟もうとして頑張ってみたけど、結局できなくて、最終的に口にできた言葉が「帰らないと。」だった。で、返ってきた言葉がこれ。「あー、オーケーだよ。どっちみち会話に参加してくれないんだから。」(This comment basically summarizes my experience in NYC…especially when you’re with guys. )

Mariのページには、「そうそう。」「わかる〜。」「私も〜」とパソコンのスクリーンに向かって叫びたくなるようなイラスト(+ wisdom) が満載。

Why are first date conversations so sibling-quantity-focused? #onlychild

A post shared by Mari Andrew (@bymariandrew) on

「わかる〜」とか、「その通り」など、会話の相手に共感を示したい時に使える表現が、コメント欄からたくさん学べます。

“I know!” “I know, right!” 「そうだよね!」「わかる!」

“(I’ve) been there.” 「私も経験ある〜。」「そういうこともあったなー。」

“So true.”  “Too real.” “So spot on.” “Exactly!”「その通り。」

“Too familiar.” “Too relatable.”「わかりすぎる。」「身につまされる。」

“My life.”「まさに、私。」

“This is me and my husband.” 「これ、私と私の夫のことだわ。」

“So true it hurts.”「正確すぎて痛い。」

使ってみたい表現ありますか?

こちらは、3月に発売になったばかりの彼女の初出版イラスト集:
Am I There Yet?” (by Mari Andrew)

I can’t wait to get a copy (probably in NYC this summer!?!?) and enjoy every single page.


サクラサク

ところどころ雪が残る札幌ですが、ぐんと春らしくなってきました。 There’s still lots of snow in Sapporo and you’ll probably need a pair of mittens and/or hat when you are out (it’s true, at least, for me), but spring is definitely in the air! I’ve been busy with spring cleaning and decluttering lately. I’m full of energy. Do I have spring fever?

着るものに困る時期の到来です。こっちの人は4月になった途端、装いが一気に春仕様になります。私的にはダウンジャケット着て出かけたいような気温の日でも、みなさんトレンチコートや薄手のジャケットを着て颯爽と歩いています。寒くないのかなーと思いますが、長い冬がようやく終わって、一日も早く春を満喫したいという気持ちの表れなのかなと思ったりもしています。

春と言えば、進学の季節。私のレッスンを受けてくれている生徒さんたちにも春がきました。

ランクを落とした方がいいのではという周囲の心配をよそに、見事難関校への合格を果たした中学生。

「今挑戦しなかったら絶対後悔する。」と、誰に言われるでもなく、自ら中学受験を決意して、受験に挑んだ小学6年生。合格発表の日の朝、「もしもし、先生!%&^#%*#&!!!」興奮し過ぎて、言葉になってない(笑)。もう笑ってるんだか、泣いてるんだかわからないけど、「受かったんだな。」ってことだけはわかる。今思い出しても笑ってしまいます。

希望した学校に合格できなかった子もいます。自分では、うまく言ったという手応えがあったのに、不合格という通知を受け取った彼女。残念だけど、この不合格には必ず深い意味があるはず、と励ましました。そしたら数日後のレッスンで、「自分の進みたい方向がはっきりした。あの学校に受からなくて良かった。」と、スッキリした顔で話してくれました。心機一転、新しいゴールに向かって勉強を始めています。

青春のかけがえのない一瞬一瞬のドラマを、彼らと一緒に、経験させてもらえる喜びは、言葉では表現しきれませんね。本当に感謝です。 私がtwitterでフォローしているあるアメリカ人ジャーナリストが、先日このtweetをシェアしていました。まさに喜びが爆発!

このビデオを見ながら、私がコロンビアから合格通知を受け取った日のことを思い出していました。 アメリカの大学院から合格通知が届くのは、だいたい2月から4月初旬です。私が出願したのは、ハワイ大学、ミネソタ州立大学、ニューヨーク大学、コロンビアのティーチャーズカレッジの4つ。最初に通知が届いたのはハワイ大学でした。

まず、リンク付きのメールが届いて、リンクをクリックすると、合格か不合格がわかるという形式だったと思います。。。(実はよく覚えていない)2月中旬です。第一志望ではなかったのですが、とりあえず受け入れてくれるところが見つかったと、ホッとしたのをよく覚えています。

次に、ミネソタの大学から「おめでとう」の連絡がきました。自分がやりたいテーマを研究している先生がいたし、少人数制なので、学生と教授との距離感が近いのも魅力的でした。唯一の懸念事項は、「冬は半端なく寒そうだなー」(笑)。

アメリカの大学で勉強できることが確実となって、先の見えない不安やプレッシャーから解放されたのは嬉しいことでしたが、自分が心の底で待っていたのは、コロンビアからの合格通知でした。少し前の自分には、雲の上の存在でしかなく、出願すること自体、時間の無駄としか思えなかった大学。だけど、出願すると決めてから、この大学以外考えられないといくらい、自分の心の大部分を占めるようになっていきました。

周りの人には、「ハワイ遊びにきてねー」と言ってみたり、ミネソタの位置を説明したりして(笑)、どちらかで学生生活を送っている自分をイメージするように努めました。

それから約1ヶ月後の3月下旬のある日。朝8時にフェデックスからの電話で目を覚ましました。 「中村さん、アメリカ、ニューヨークから書類が届いているのですが、午前中ご在宅ですか?」 「います!います!」と、ベッドから飛び起きました。 その書類が合格通知かどうかわからないけど、不合格だったら、フェデックスなんか使わないよね。と自分に言い聞かせる私。「あー早く来てくれー」とはやる心を抑えながら待ちます。

ピンポーン。 来た! 震える手で封筒を開きます。

合格ーーー!!!!!涙、涙、涙。

今思い出しても身震いします。 (ちなみにNYUからは、その3週間後に合格通知が届きました。)

社会人になってから(しかもすでに30代半ばでした。)の留学準備は、とにかく孤独で、精神的に追い詰められます。励ましあえる仲間が近くにいない。自分がやっていることをわかってくれる人が周りにいない。社会のどこにも居場所がない感覚と言えばいいでしょうか。 「自分は本当にこれがやりたいのか」「現実逃避ではないのか」「合格できたとして、やっていけるのか」「何にためにこんな辛いことやってるの」っていう、超ネガティブな思いばかりがぐるぐるする毎日。 だけど、その時の私はもう後戻りできない状況だったので、前に進むしかなかった。。。

TOEFLを申し込み、飛行機やホテルの手配をして、受験して、結果を待つ。大学のサイトで必要な出願書類を調べて、東京の大学から卒業証明書を取り寄せる。オーストラリアの教授に推薦状をお願いする。そうやって、やるべきことを淡々とこなして行く中で、少しずつ「これでいいんだ。自分は自分がずっとやりたかった夢に向かって進んでいるんだ。」と自分を肯定できるようになっていきました。 すると、思いもしないところから、救いの手が差し伸べられ、いろいろなことがスムーズに行くようになるから不思議。自分でもびっくりするくらい。

ニューヨークから帰国してもうすぐ5年。今振り返って思うことは、「あの時、あきらめなくて本当によかった。」ということ。 「留学に挑戦すること、コロンビアを受験することをを決断してくれて、本当にありがとう。」と、当時の私に言いたいです。

5年先、10年先の自分に感謝される自分でいられるよう、これからも成長し続けていく決意です。

英文パターンで編む (その後)#スロウファッション

うん十年ぶりに編み針を握り、編み物を再開してちょうど5年が経ちました。
(前回の投稿はこちら

技術的にはまだまだ発展途上で、自己満足の域からなかなか出られずにいるのですが、黙々と手を動かすことの気持ちよさと、自分の身につける物を自分で作る喜びは、何物にも代え難く。今日も朝から(仕事そっちのけで!)インスタグラムやRavelryを覗き込んで、次のプロジェクト探しに忙しい私。

Ravelry の存在はずっと知っていたのですが、その情報量の膨大さが、初心者の私にはoverwhelming かつintimidatingで、アカウントを作ったまま全く利用せずにいました。でも、2年ほど前に発見したこのサイトのおかげで、Ravelryへの心理的な敷居がグッと低くなって、積極的に利用しようと思えるように。

使い始めたら便利すぎて、今ではなくてはならない存在。パターンの購入、管理もすごく楽になりました。(ちなみに、私のアカウントはmatokachannycです!)

上の写真にあるFOs (finished objects)はすべて無料のパターンで作りました。

左上から時計回りに、

Springtime Bandit

Easy Stool Covers

Reversible Rivulet Scarf

Vancouver Fog Fingerless Mitts

寒さが一段と深まってきたここ札幌で、どれも毎日、大活躍してくれています。

*

手編みの良いところは、古いものから新しい作品を生み出せるところにもあります。以前作って見たけど、体に合わなくて結局着ていない、とか、色や形が好みじゃなかった、とか、編み目がガタガタ!で着て出かけられない(苦笑)、っていうのは、潔くほどいて(Frogging)、別のモノに編み直します。去年は新しい糸は全く買わず、ほどいた糸でセーターや靴下をたくさん編みました。

*

靴下が編めるようになったのも、自分にとっては嬉しい進歩。小学生の時に挑戦して、かかとの引き返し編みが全く理解できず断念して以来、ちょっとばかりトラウマになっていたのです。しかし、前回紹介したVeryPink Knitsの、このビデオシリーズを見ながらやって見たら、、、できた!(涙)自分用に何足も編んで、友人にもプレゼントできるくらい、自信を持って編めるまでになりました。

*

毛糸の靴下を履いていると、必要になってくるのが、お直し (mending/darning)のテクニック。

ヘビロテで履いてて、気づいたら大きな穴が!ってことがよくあります。私は、こちらのサイトで紹介されている3通りの方法のうち、3番目の「パッチをあてるやり方」で繕っています。手間はかかるけど、全く苦にならない。「お店に靴下を買いに行くことを考えるほうが、よほど疲れる」と思うようになってしまった。

*

編み物をしているときのBGMは、音楽だったり、オーディオブックだったり、ポッドキャストだったりしますが、最近はこの人のビデオをよくかけて耳で楽しんでいます。彼女のテイスト(デザイン、インテリア含め)全部好き。実は、けっこう日本贔屓の彼女です。An awesome French knitwear designer living in Latvia, who loves Ghibli movies and Genmai-cha ;)

こういうビデオ版ポッドキャストがいっぱいあるのね〜って、最近になって知りました。

*

スロウファッションという言葉が少しずつ浸透してきた今日この頃。量よりも質を追求したいという思いが一層強くなり、「値段が手頃だから」、「セールだから」と、お店にフラフラと入ることはなくなりました。(ニューヨークにいた頃は、時間潰しにH&Mやthrift shopsに入ってよく買い物してました。)

お店に陳列されている洋服や小物を買うという行為が、私の中でどんどん非現実的なものになっています。

ミシン買いたいと言い出すまで、どれくらいかかるかな(笑)。

続く