「お日様が顔を出した」を英語で言うと?英語らしい英語を身につけるtips

9月も3週目に入り、ここ札幌はすっかり秋の陽気。日照時間も日に日に短くなって、朝晩の気温もぐっと下がり、 外を歩いていると「秋というよりは初冬と言った方が正確なのでは」と思うこともしばしば。手袋やマフラーが必要になる日も遠くないなあ。

高校卒業まで北海道で育った私ですが、通算20年近くを道外で過ごした後の札幌生活なので、毎日が新しい発見の連続です。

「今年はいつもより暑い。」とか「いつもより雨が多い。」と皆さんが言うのを聞いては、「へー、これがいつもの夏の気候だと思ってたけど、そうじゃないんだ。」と自分の認識を修正することに。

私にとっては、今見えてるもの、今感じられるもの全てが「札幌の今」なので、寒い日が続いたとしても、「これが札幌の秋なんだな。」って思うだけです。「いつもの年」と比べて「今年は寒い(暑い)!」なんて文句が出ることもなく。。。淡々とした毎日です。

先日レッスン中、「季節の移り変わりを英語で伝えたいのだけど、なかなか口から出てこない」と質問があり (Good question!)、まずは「寒くなってきた。It’s getting cold.」「日が短くなってきた。The days are getting shorter.」を紹介しました。

そしたら、別の生徒さんからまたまたナイスな質問が。

「じゃあ、『日が昇った(日の出)』と、『(雲間から)お日様が顔を出した)』はどう言いますか?」

こういう質問とっても嬉しいです。涙が出そうになるくらい。

英語でも日本語でも、とってもシンプルな表現で、簡単に言えそうなのに、言おうとしたら絶対に出てこない。しかも、この二つの表現「似てるけど、違う」ってことに気づけない人が多いのです。You don’t know what you don’t know!

こういう疑問が出てくるようになったら、英語脳が機能し始めている証拠。

この二つの表現を英語にすると、こうなります。

『日が昇った。』The sun is up.
『お日様が顔を出した。』The sun is out.

ここでは、”UP”と “OUT”の単語のイメージの違いをしっかり掴むと同時に、「be動詞が」「現在形で」使われていることも大切なポイントです。「昇る」「出る」という日本語を訳そうとしたら、”go”とか”rise”などaction verbs(動作を表す一般動詞)を使いたくなりませんか?それに、日本語は過去形なのに、どうして現在形?という質問もよく出ます。

私たちが日本語を直訳して、不自然な英語を多用してしまうのは、日本語と英語の視点の違いに気づけていないことが原因です。特に、ここで使われているようなbe動詞の感覚は、両言語の空間認識、時間認識の違いがしっかり理解できていないと、使いこなせるようになるまで時間がかかります。

逆にこの視点の違いに目が向くようになると、「日本語だと、この表現はでてこないよな。」「なるほど、こういう英語表現を使えばいいんだ。」と気づけるようになっていきます。そして、自分の英語の不自然さにも自分で気づけるようになっていくのです。

大事なことは、英語でのインプットの際に、しっかり意識を向けること。あとは、自信を持って使える表現を、焦らずコツコツ確実に増やして行くことです。「学ぶこと=まねぶ(真似する)こと」。遠回りに見えて一番の近道です。

最後に、日本人が間違いやすい表現をもう一つだけ。

「太陽が東から昇る」

これを英訳してみてください。「東から」につられて、The sun rises from the east. (x) と言いたくなりませんか?

英語では、

The sun rises (comes up) in the east. (太陽が東から昇る)
The sun sets (goes down) in the west.(太陽が西に沈む)

です。

どうして”from”を使わないか?この答えは、地球と太陽の関係から考えてみてくださいね〜。

リスニング上達の秘訣 – 自分の耳に頼らないこと

「文字で見るととっても簡単な文章なのに、耳で聞くと全く聞き取れない。」

入会間もない方々とのレッスンでディクテーションをやっていると、このようなコメントがよく返ってきます。

レッスンで使っている音声は、中学2年生レベルの内容で、スピードもゆっくり。難しい単語など出てきません。それでも、みなさん「速い!」「何回聞いても聞き取れない。」と苦戦されます。英検3級、準2級を取得済みの方もいるのですよ。

こうなってしまう原因は、「英語を耳で聞いて(文字情報なしに)内容を理解する」という訓練が足りていない、ということに尽きます。

「英語を文字で見るのと、音で聞くのでは大きな開きがある」と認識する機会がほとんどないということです。だから日本語を話すように、英語を話してしまうし、日本語を聞くように、英語が聞こえると思ってしまう。

リスニング力を上げるためには、英語らしく読む練習をしてみることです。

どこにアクセントが置かれている?どこが強く発音されている?リズムは?聞こえてくる音を、聞いた通りに真似て発声してみるという練習が必要。

また、真似てみた音やリズムが合っているかどうか、フィードバックをもらうことも不可欠。本当にそこにアクセントあった?日本語を話す時と同じような発声の仕方、口の動かし方で、英語を話してない?こういう面は、第三者に指摘してもらわないと気づけないものです。

**

リスニングが苦手な方に、もう一つアドバイス。

それは「自分の耳に頼りすぎてはいけない!」と言うこと。

ディクテーションしてると、”I want to *when* the game.” とか、平気で書いて来る子がいます。「ここにwhenが来るのおかしくない?」と聞くと、「だってwhen にしか聞こえなかったもん!」と言い張って譲りません(笑)自分の耳を信頼したい気持ちはわかるんだけど、、、。それとか、「I *cat* go there.  Cat? 変だよね。だけど何回聞いてもcatにしか聞こえない!」とかね。空耳アワー。で、どうして「猫」が出て来たのか考えてるうちに、他のところは全く聞き取れていない、というパターンもよくあります。

ネイティブスピーカーじゃないのだから、英語の音が100%正確に聞き取れなくて当たり前。だから、自分の耳ではなく、自分が持ってる(文法)知識を最大限に活用してください。Catにしか聞こえないけど、ここに名詞が来るはずないし、文脈的にもおかしいから、can’tだよね。」って素早く修正できるように。

そうやって修正していくうちに、音の情報と文字の情報の差がどんどん小さくなって行きます。

リスニング攻略法としては、「英語をたくさん聞く!」とか、「単語をいっぱい覚える!」というのがよく上がってきますが、「英語らしく読む」練習と、「自分の耳に頼りすぎない」ことを心がけて、ディクテーションやシャドウイングを続けてみてください。

Keep up the good work!

歌って学ぶ英語のフレーズ: “Count On Me” by Bruno Mars

「英語の歌を歌って、英語の勉強したいんですけど、おススメありますか?」

小学生の女の子から質問されました。が、最近の流行に全くついていけていないわたし。困って、「どんな音楽が好きなの?」と聞いたら、「Bruno Marsとか?」ということだったので、彼らの曲を片っ端から聞いて、見つけたのがこれ。

使われている英語のレベル、歌いやすさ(テンポ)、歌の内容、すべてにおいて、「これ以上ない」というくらい spot on。特に、小学生から高校生くらいの英語学習者にピッタリ。

大切な友達が、簡単に解決できないような困難にぶち当たって、悩み、苦しんでいたら、どんなことをしてでも助けるから。それが友達ってものでしょ。だから、一人で悩まないで、自分に相談してよ。信頼してくれて大丈夫だから。いつでも頼ってよ。”Count on me!”

Count on A”は、「Aを頼りにする、Aに任せる」という意味。サビの部分、

“You can count on me like one, two, three. I’ll be there”

ここでは、「頼りにする」という意味の”count on”に、「数える」という意味の”count”をかけて使われています。「1、2、3って数えてみて。任せてよ。すぐに駆けつけるから。」

逆に、全く頼りにならない友達がいたら、”You can’t count on him/her!”と言ったり、自分が頼りにされたら困るというような状況では、”Don’t count on me!”と言って、牽制したりできます。例えば、こんな状況。

A: Hey, can you come pick me up at the station this evening?  (今晩駅に迎えにきてもらえる?)

B: Don’t count on me. Not sure what time I can leave office. (当てにされても困るよ。何時に会社出られるかわからないから。)

***

動詞”count”についてもう少し掘り下げてみましょう。

COUNT me IN / COUNT me OUT

“Count on me”ととてもよく似ていますが、 “Count me in“という表現があります。これは、直訳すると「自分も数に入れて。」という意味で、要は、「自分も参加する。」とか「自分も仲間に入れて。」ということ。

A: We’re going to the movies tonight. Do you want to join us? (今晩みんなで映画行くけど。どう?)

B: Yes! Count me in! (行く!行く!)

“Count me out” だと全く逆の意味になって、「自分は数に入れないで。→ 自分は興味ない。遠慮します。」という意味になります。

A: We’re going to the movies tonight. You’re coming, right?(今晩みんなで映画行くけど。来るよね?)

B: Um, I have to finish my assignment by tomorrow. So, count me out. Sorry. (課題明日までに終わらせないといけないから。やめとく。ごめん。)

 

Comic books don’t count. 「漫画は数に入りませんよ。」

これは、どういう場面で使われるか、簡単に想像できますよね?例えば、

“How many books did you read last year? Comic books don’t count, by the way.”
(昨年は何冊本読んだ?あ、漫画は数に入らないから、入れないでよ。)

それとか、映画「マイ・インターン (the Intern) 」では、こんな風に使われています。

She loves to ride her bike through the office.

That woman does not like to waste time.

Plus, she counts it as exercise.

(彼女、オフィス内を自転車で移動するのが好きなんです。
時間を無駄にするのが好きじゃないから。
それに、エクササイズとしてカウントしてるのでね。)

Age doesn’t count. 「年齢なんか問題じゃない。関係ない」

この場合の”count”も「(物・事が)数に入る」という意味から派生して、「(物・事が)→ 重要だ。大切だ。」という意味になります。自動詞なので、後ろに目的語はきません。

A: Oh, I really wanted to come pick you up, but …  (迎えに行ってあげたかったんだけど、、、)

B: Oh, it’s okay. It’s that thought that counts. Thank you anyway. (大丈夫。その気持ちがうれしいです。ありがとう。)

It’s that thought that counts.” この表現は是非セットで覚えてください。やってあげたいことがあっても、様々な事情で行動に移せなかった場合、「その気持ちだけでうれしいですから。気にしないでください。」と言って、相手の気持ちを軽くしてあげられます。ちなみに、”it’s *** that …” は強調構文ですね。That thought counts.という文のthat thoughtを強調しています。

まとめ

「好きな曲で英語を学ぶ」場合、大事なこと。それは、単に日本語の意味をネットで探して内容を理解するだけでなく、使われている言葉一つ一つがもつ意味を「英語で」しっかり捉えるということ。

この歌で使われている単語やフレーズは、中学から高1レベル程度。しかも、”be supposed to do”とか “remind”とか””stuck” など、日常生活で聞かない日はないというくらい最重要の表現ばかり。歌詞をしっかり理解して歌うことで、単語のイメージ、意味の広がりが体感でき、自信を持って使えるようになります。

また、音に合わせて歌うことで(なりきって!)、英語のリズム、発音も身についていきます。

最初から100%を目指そうとせず、まずは、サビの部分から始めてみてください。それから、自信を持って歌える部分を少しずつ増やしていくと良いでしょう。

これからも、おすすめの曲があれば、ご紹介していきますね。

I hope this helps!

「わかる〜!!!」同感、共感を表す英語表現

“Why are you being so quiet?”

「どうして、そんな静かなの?どうして、黙ってるの?」

これ、海外で暮らす日本人が一番よく聞かれる質問ではないでしょうか。

答えは、「あんたが一方的に喋ってるからだよ!」ってことに尽きるのですが、まあわかってもらえないことが多いですね。

もちろん、こちらとしては、話したいことたくさんあるし、会話を盛り上げたい。タイミングを見計らって会話にJump inしたいと思っているのですが、相手はペラペラペラペラ休みなく話し続けている。1秒の隙間もない。そんな相手の話に入って行くには、文字通り「遮る」または「割り込む」という行動に出るしかないのです。結果、「そこまでして、主張したいことでもないし、まーいっか。喋らせておこう。」という結論に落ち着くというわけ。

気が済むまで話したあとで我に帰って、「自分ばっかり話しちゃってごめんね。」とこちらに話をようやく振ってくる人もいますが、「どうしてそんなに静かなの?」と機嫌が悪くなる人も結構います。

シャイな性格とレッテルを貼られたり、「黙っているのは、自分に心を開いてくれない証拠」と思われたり、または、その両方と判断されたり。まあ、こうなるときの会話の相手は、ほとんどが男性ですね。

アメリカにいた時は、「静か」「おとなしい」と言われる度に、自分を責めたり、後ろめたい気持ちになったりしました。「もっと、積極的に会話に入って、盛り上げないと。」なんてね。

こんな経験をしているのは、自分だけだと思っていたから、人に話してもわかってもらえないと思い込んでいました、、、Mari Andrewのインスタグラムフィードを見つけるまでは。

I feel like I’ve drawn this before but it’s an evergreen sentiment

A post shared by Mari Andrew (@bymariandrew) on

「私だけじゃなかった〜(涙)」

どのコメントも、ウィットに富んでいて、泣いたり、笑ったり、忙しい。

中でもこのコメント、So spot on! だったので、シェアします。

Once spent 30mins trying to get a word in (couldn’t) and when I finally said I had to go, he actually said “yeah ok. You didn’t contribute much to the conversation anyways”.

(以前男性と話してて、30分の間なんとか言葉を挟もうとして頑張ってみたけど、結局できなくて、最終的に口にできた言葉が「帰らないと。」だった。で、返ってきた言葉がこれ。「あー、オーケーだよ。どっちみち会話に参加してくれないんだから。」(This comment basically summarizes my experience in NYC…especially when you’re with guys. )

Mariのページには、「そうそう。」「わかる〜。」「私も〜」とパソコンのスクリーンに向かって叫びたくなるようなイラスト(+ wisdom) が満載。

Why are first date conversations so sibling-quantity-focused? #onlychild

A post shared by Mari Andrew (@bymariandrew) on

「わかる〜」とか、「その通り」など、会話の相手に共感を示したい時に使える表現が、コメント欄からたくさん学べます。

“I know!” “I know, right!” 「そうだよね!」「わかる!」

“(I’ve) been there.” 「私も経験ある〜。」「そういうこともあったなー。」

“So true.”  “Too real.” “So spot on.” “Exactly!”「その通り。」

“Too familiar.” “Too relatable.”「わかりすぎる。」「身につまされる。」

“My life.”「まさに、私。」

“This is me and my husband.” 「これ、私と私の夫のことだわ。」

“So true it hurts.”「正確すぎて痛い。」

使ってみたい表現ありますか?

こちらは、3月に発売になったばかりの彼女の初出版イラスト集:
Am I There Yet?” (by Mari Andrew)

I can’t wait to get a copy (probably in NYC this summer!?!?) and enjoy every single page.


動詞Play「遊ぶ」以外の用法いろいろ。

中学生や高校生とのレッスンでは、

「週末どうだった? How was your weekend?

とか、「今週末の予定は? What are you up to this weekend?

なんて質問しながら、small talk することにしてるのですが、返ってくる答えで一番多いのがこれ。

I played with my friend. (友達と遊んだ。)

日本語をそのまま英語にすると、確かにこうなりますよね。うん。

公園で走り回って「遊んだ」のならplayでいいけど、、、。

中学生、高校生が言う「遊ぶ」は、多くの場合、「一緒に買い物に行った。」とか「カラオケ行った。」とか、「映画見に行った。」とかですよね。

こう言う場合の「遊ぶ」は、”hang out” でしょうね。

それか、もっと具体的に、

  • I went to karaoke with a friend.
  • I went shopping with a friend.
  • I went to the movies with a friend.

などと表現した方が良いですね。

鬼ごっこして遊ぶ

「鬼ごっこ」とか「かくれんぼ」して遊ぶ場合は、もちろんplayを使います。

「鬼ごっこ」は、play tag.

「かくれんぼ」は、play hide-and-seek.

ちなみに、鬼ごっこで、鬼は、”It”(イット)。

「タッチ。Aちゃんが鬼!」っていうのを英語にすると、

“Tag! You are it!”

こういう時の”It”(イット)って、「顔がない、何者かわからない、想像したくてもできない」そんなイメージでしょうか。

同様に、「おままごとして遊ぶ」は、play house、「お医者さんごっこする」は、play doctor.

下のビデオでは、オリビアが “playing hotel” していますよ。

Don’t play small!

Play「遊ぶ」以外の用法としては、「スポーツをする」「楽器を演奏する」「役を演じる」などがありますが、下の英文にあるplayは、すべて「役を演じる」と言う意味から派生した表現です。どんな意味になると思いますか??

  1. I had a lot of friends. I played normal.
  2. She should stop playing small.
  3. My dog plays dead to avoid bath.

簡単でしたか?

1番目は、「普通であるふりをする。」

2番目は、「自分の能力を、実際より小さく見せる。」「目立たないように、振る舞う」

3番の答えは、これを見たら一目瞭然。最高に笑えます。

私が特に気に入ってるのは、これ。犬って、どうしてこんなにお風呂が嫌いなの?

“Are you ready for a bath? Do you wanna bath?” (お風呂に入るよ。)

ものすごい勢いで、ベッドの下に隠れる。

“Do you wanna go for a walk?” (散歩行こうか?)

ものすごい勢いで、ベッドの下から出てくる。「行く!行く!」

わかりやすすぎ(笑)。