親子で英語レッスンのススメ

「英語は何歳から始めたら良いでしょう?」

「子どもに英語を習わせたいのですが、なかなか興味を示してくれなくて、、、どうしたらいいですか?」

小さなお子さんを持つお母さんから、このような質問を受けるたびに、「まずは、お母さんが始めてみるというのはどうですか?」とお答えしています。

そう言うと、大体は「あはははは、先生、からかわないでくださいよー。」と冗談言ってると取られるか、「えー、自分には無理です!!!」ときっぱり否定されるかのどちらか。

私はかなり、というか、1000%本気で言ってるのですけどね。

「英語を始めるなら、早ければ早いほどいい。」と、幼児向けの英語教室に毎月数万円かけて通わせることを検討されている方の話もよく聞きます。

だけど、、、どんなに良いカリキュラムで、良い先生がいたとしても、週1〜2時間のレッスンでは、大きな効果は期待できないでしょうね。

レッスンで学んだことを、日常の中で使っていくことで、初めて、「英語をもっと使いたい。」「もっと新しい単語、フレーズを覚えたい。」「英語にもっと触れたい。」という欲求が出てくるからです。

そのためには、レッスンを受けているお子さんだけではなく、家族総動員で、日常的に英語を使う環境を作っていこうという努力が必要になってきます。

こう言うと、「そんな環境、作るのに10年かかりますよ!」「発音もやっぱりネイティブじゃないとダメでしょう。」と言い返されるのですが、それは、多分設定している基準が高すぎるのです。

「完璧な英語が話せないとダメだ。」と思い込んでいる方が、日本にはとても多いように感じます。だから、「間違うことを心配しすぎて、言葉が出てこない。」→「間違うチャンスがないので、学びがもない。」→「知識ばかり増えて、実践力がつかない。」という悪循環に陥ってしまうのでは。

家族で英語を使うと言っても、政治や哲学談義をしろと言っているのではなく、

「ご飯できたよー。」
「寝る時間だよ。歯磨きなさい。」
「お腹すいた?まだ食べられる?」

というような、3−4語で終わるようなフレーズを、毎日の生活の中で使っていくことをお勧めしているだけです。

レッスンの送り迎えの際も、英語を使おうと思ったら、実践の場が山ほどあります。先生に英語で挨拶する、とか、「遅れます。あと何分で着きます。」「休みます。」などの表現も覚えられます。相手からどんな返事が返ってくるかみて、返答の仕方も学ぶことができます。(いきなり、英語で電話するのは怖い、、と思ったら、メールから始めればいいですね♪)

そうやって、使っていくことで、レパートリーが増えていくし、英語のドラマや本などからも新しい表現がどんどん入ってくるはず。使う前提で学ぶからです。

そうは言っても、始めのうちは、間違って使ってしまうことも多いでしょう。だけど、心配することはありません。「この表現であってるかな?」と思ったら、グーグルするとか、レッスンの際に、先生に聞いて確認すれば良いだけのこと。間違っていたら訂正すれば良いのです。

発音だって、自分の発音に自信がないからと、神経過敏になる必要はありません。家でも、英語のアニメやCDにたっぷり触れさせてあげれば大丈夫。

お父さん、お母さんが、楽しんで英語を勉強していたら、英語に興味を示さない子どもでも「なんか楽しそうなことやってる。」って、関心を示してくれるはず。「自分ばっかり、面白いことやって、ずるい!」って言うようになったらしめたもの。

日本で英語を学ぶ上で最大の壁は、日常的に使うチャンスがほとんどないということ。家族で一緒に学ぶということは、会話のパートナーがいつもそばにいる、勉強したことをシェアしあえる仲間がすぐそばにいる、ってことですよね。一緒にユーチューブ見たり、映画を見ながら、新しい表現を学んだり、発音を練習したり、ってとっても素敵だな〜って思うのですが、いかがでしょうか?

家族で楽しめる動画でオススメなのが、Olivia the pig。日本語の字幕はありませんが、自動生成の英語字幕はあります。全部を理解しようとせず、まずはストーリーを追うことを優先してみてください。何度もみているうちに、大体こんなこと言ってるんだろうなーって想像できるようになります。そして、英語のフレーズが突然耳に飛び込んできたりします。冒頭の「鏡よ、鏡よ、鏡さん〜〜」って、英語で何て言ってるか聞こえますか?

「かっこいい」収納と英語のラベル

本屋さんに行くと、「かっこいい収納」「おしゃれな収納」なんていう見出しが大きく表紙を飾っている雑誌や本をよく目にします。

「かっこいい収納ってどんな収納なんだろう」と興味津々。手にとってパラパラめくってみると、すぐに目に飛び込んで来るのが、きれいにラベルが貼られた収納ケースやガラスのびん。フォントにもこだわりが見られ、とてもセンス良くデザインされています。確かにかっこいい!

紹介されていラベルのほとんどは、英語で作られています。”HAT” とか”SWEATER”とか”BAG”といった風に。本当に素敵なんですけど、、、職業柄どうしてもスルーできないのがラベルに印刷された英単語。

スペルはどれもパーフェクト。だけど何かが足りない。名詞を使うとき必ず伴うあるモノが入っていないのです。わかりますよね?

数えられる名詞なのに複数形になっていないのです。

“SHOES” や”SOCKS”は日本語でも複数形で使われているから、きちんと”S”が付いています。だけど他の単語は、冠詞なしの裸の状態で使われています。

台所の調味料に貼られたラベルは、問題ないことが多いです。これは、砂糖や塩など調味料の大半が数えられないので、複数形にする必要がないからです。お箸やスプーン、フォークはもちろん複数形です。

この間入ったコーヒー屋さんに貼ってあったスコーンのポスター。スコーンの写真の上に大きく”SCONE”と印刷されてあります。これにも”S”が付いてなくて、固有名詞?って一瞬思ってしまいました。

日本語に冠詞の概念がないから仕方ない?確かにその通りなのですが、日本語の感覚で、「冠詞なんて、あってもなくても大した違いはない。」と軽視するのはとっても危険です。「難しそう」に見えるかもしれませんが、基本的なルールをしっかり理解すれば、案外簡単に感じてもらえるはずです。

私は、大学生の時にマーク・ピーターセンの「日本人の英語」シリーズに出会って、自分の英語の理解がいかに中途半端なものであったかを思い知らされました。英語の冠詞も、どの文法書よりもわかりやすく解説されていて、自信を持って冠詞が使えるようになりました(There’s still a long way to go…  ですけど)。シリーズ全ての本を購入して、何度も何度も読み返しながら、自分でも英語を読んだり、書いたりしていく中で、知らず知らずのうちに英語の感覚が身についていくのが実感できました。太鼓判!

日本の有名な映画監督? – 英語の形容詞の並べ方

ある日の高校生とのレッスンで、、、。

「私が夏に滞在したのは、日本の有名な映画監督が撮影に使ったホテルです。」と言う文を英語にしていた高校生。

出来上がった英文を見ると、「日本の有名な映画監督」を迷うことなく、”a Japanese famous movie director”と訳しています。日本語の通りに訳すと確かにそうなりますが、ネイティブは迷うことなく、”a famous Japanese movie director”とするはず。

そう、複数の形容詞を使って名詞を形容する時、英語には↓のようなルールがあるのです。

Opinion – size – age – shape – color –  origin – material – purpose + NOUN (名詞)

例えば、自分のブーツを形容するとします。「革製 (leather)、色は茶色 (brown)、アメリカ製 (American)、新しい (new)、美しい (beautiful)」と言う形容詞を、上のルールに従って並べると、

“A pair of beautiful new brown American leather boots” となります。

この並び順には、もちろん、ちゃんとロジックがあります。

私がアメリカで勉強している時、英語教育を専門にしている学生を対象にしたセミナーがあり、そこで、この形容詞の並び順が話題に上がりました。「どうしてこの順番になっていると思う?」と壇上の教授に問いかけられて、すぐに答えられた学生は一人もいませんでした。ネイティブの学生も多くいましたが、ネイティブだと余計難しいでしょうね。無意識で処理してしまえるので。

そのロジックについては、、、ぜひグーグルしてみてください(笑)。すぐに答えが見つかりますから。(例えば、こことか。英語ですが、学習者向けのサイトなので、初心者にもよくわかる説明です。)

こんなTweetを見つけたのでシェアします。写真の中にある”whittling knife”というのが、どんなものかわからないと思ったら、グーグルで画像検索してみましょう。

Adam GrantのTED talkも見応えがありますよ。ぜひ。
(日本語字幕付きのリンクを下に貼っておきます。)

アメリカのStarbucksで聞かれる質問

少し前になりますが、ハリウッド女優Helen Hunt のこのTweetがネットで話題になっていました。

アメリカのスターバックスでは、注文時に名前を聞かれることがよくあります。オーダーしてから飲み物が出てくるまで時間がかかる場合、日本ではレシートを見せたりしますが、アメリカではカップに書かれた名前で区別します。

MaryとかJohnとかよくある名前だと問題ないのですが、聞き慣れない名前の場合、「スペルは?」と聞いてくれる店員はいい方で、かなり適当な名前が書かれていることが多々あります。

韓国人の友人とスターバックスに行ったときのこと。カウンターで名前を聞かれて、堂々と”Jane”と答えた彼女。自分の名前を言っても大抵は「は?」って聞き返されるし、スペル言っても間違ってること多くて、いろいろ面倒だから、注文用の名前を用意したのだと。

その点、Akiという名前は本当に簡単で覚えやすく、この名前を選んでくれた親に心から感謝。決して一般的な名前ではないけれど、”A-K-I”とスペルアウトしてあげれば、問題なく聞き取ってもらえました。

余談ですが、アキという音は、スペイン語で「ここ (here)」を意味する”aqui”と同じです。スペイン語を話せる人に私の名前を言うと、100人中99人が「スペイン語でどう意味か知ってるか。」と聞いてきます。”I know what ‘aqui’ means.” ってプリントしたTシャツ作ろうかなって、友達と(半ば本気で)笑い合ったほど。

で、上のTweetに話を戻しますが、スターバックスで飲み物を注文したHelen Huntさん。「名前言った方がいいよね?」と店員に聞いたところ、店員さん、ウィンクして「大丈夫ですよ。わかってますから。」と。ハリウッド女優に名前名乗らせちゃだめですよね〜。で、出てきた飲み物が上の写真(笑)。Jodie Fosterと間違われていたという、、、。

Starbucks からの謝罪のtweetがこれ。

“We hope the drink was still as good as it gets.” (少なくともドリンクは問題なく味わって頂けたかと思いますが。)

もちろん、この”As Good As It Gets” は、彼女の主演作品のタイトルにかけて使われています。(日本語タイトルは「恋愛小説家」。どうして??)

このフレーズ「これ以上のものは望めない。(It’s not going to get any better than this.)」っていう意味で、ここでは「私たちが提供できる最高のもの」って感じの意味になるでしょうか。「精一杯やってみた結果がこれです。」「この金額じゃこの程度だろうね。」っていう「諦め」や「妥協」のニュアンスを含むことが多いので、使う場合は注意が必要。

もう一つ、日本では聞かれないけど、アメリカのスターバックスでよく聞かれる質問。

レギュラーコーヒーを注文した時、”Do you want room for milk?”と聞かれることがよくあります。

初めてこれを言われた時、何を聞かれてるか全く理解できなかった私は、「はいって言っておけばいいや。」と適当に答えてました。その後も何度か同じ質問をされて、わからないまま、”Yes, please.”と答える日が続いて、、、。1ヶ月くらい経って、ようやく相手が言いたいことがわかりました。

「カップに牛乳を入れるスペースを取っておくか?」ってことでした。

アメリカでは、レギュラーコーヒーを頼むと、ペーパーカップのギリギリまでコーヒーを入れてくれるので、牛乳やクリームを入れて飲む人は、カップからコーヒーがあふれてしまいます。(で、ゴミ箱に余分なコーヒーを捨てている人をよく見かけます。)それで、牛乳を入れる分、コーヒーの量を少なくしておきましょうか、と聞いてくれるのです。

勝手にコーヒーの量を減らしたら、文句が来るから、確認してくるのでしょうね。

こういう”room”の使い方、面白いですよね。

There’s always room for improvement. (改良の余地は常にある。)なんて使ったりします。

ファストフードやコーヒーショップでの注文の仕方は、英会話の本で予習しておけば難しいことは何もないのですが、日本で聞かれないことを聞かれるとほんとドギマギしますよね。英語の問題じゃなくて、文化の違いってこと、よくあります。だから、聞き取れなくても、自分を責めることないですよ。英語学習は間違ってなんぼですから、わからないときは、堂々と聞きましょうね。

目に美味しい!? My “go-to” “pick-me-up” Instagram accounts

アメリカやヨーロッパの友人と話してると、みんな夏休みの旅行の計画で頭がいっぱいの様子。浮き足立ってる友人たちから、「で、Akiはどこに行くの?」と聞かれ、「うーん、行けて、小樽かな。。。」(注:札幌〜小樽は車で30分ほどです。)

「あーどこか遠くに旅行に行きたいよー」と、どうしようもなく現実逃避モードになった私を慰めるために覗きに行くのが、今回こちらに紹介するインスタグラムアカウントです。(そして、更に遠くに行きたくなっちゃう。。。)

皆さんの予想通り、ほとんど食べ物系(笑)。Yes. My life definitely revolves around food!

美味しそうな食べ物の写真を眺めて、気分を昂揚させることを英語で「food porn フードポルノ」と言ったりしますが、ここでは「目の保養 ”a feast for the eyes“」と表現させていただきます。”Feast”は「ご馳走」と言う意味で、”A feast for the ears” だと、「耳に心地よい」という意味になります。

タイトルにある、”go-to”という表現は、「X する時はこれ!」というように定番のモノを指すときに使います。”Pick-me-up” は、疲れてたり、元気がない時に、これを見たり、聞いたり、飲んだりすると、一気に元気になっちゃう、栄養ドリンク的な存在のものに使えます。

私のが特に気に入ってるのは、ロイヤルコペンハーゲンのアカウント。同社の食器を使っている人たちが、自身のアカウントにアップロードした食卓の風景を集めています。北欧の朝ごはんやティータイムのメニューが興味深く、時間を忘れてスクロールダウン、スクロールダウン、、、気がついたら1時間以上経ってた、ってことにならないようお互い気をつけましょう。

Enjoy!

  1. Royal Copenhagen (@royalcopenhagen)

royal_copenhagen

2. Skye McAlpine (@skye_mcalpine) イギリス出身、イタリアベニス在住のライター。お花とフルーツで埋め尽くされたテーブルが圧巻。

Skye

3. Alice Gao (@alice_gao) 100万人近くのフォロワーを持つNY在住の写真家。知ってる方も多いのでは?

Alice_gao

4. Local Milk (@local_milk) 写真家、ブロガー、スタイリスト。同名のブログも人気。

local_milk

5. My Blue and White Kitchen (@myblueandwhitekitchen) フィンランドのフードブロガー。ブログもインスタグラムも英語で書かれています。

myblueandwhitekitchen