「お日様が顔を出した」を英語で言うと?英語らしい英語を身につけるtips

9月も3週目に入り、ここ札幌はすっかり秋の陽気。日照時間も日に日に短くなって、朝晩の気温もぐっと下がり、 外を歩いていると「秋というよりは初冬と言った方が正確なのでは」と思うこともしばしば。手袋やマフラーが必要になる日も遠くないなあ。 高校卒業まで北海道で育った私ですが、通算20年近くを道外で過ごした後の札幌生活なので、毎日が新しい発見の連続です。 「今年はいつもより暑い。」とか「いつもより雨が多い。」と皆さんが言うのを聞いては、「へー、これがいつもの夏の気候だと思ってたけど、そうじゃないんだ。」と自分の認識を修正することに。 私にとっては、今見えてるもの、今感じられるもの全てが「札幌の今」なので、寒い日が続いたとしても、「これが札幌の秋なんだな。」って思うだけです。「いつもの年」と比べて「今年は寒い(暑い)!」なんて文句が出ることもなく。。。淡々とした毎日です。 先日レッスン中、「季節の移り変わりを英語で伝えたいのだけど、なかなか口から出てこない」と質問があり (Good question!)、まずは「寒くなってきた。It’s getting cold.」「日が短くなってきた。The days are getting shorter.」を紹介しました。 そしたら、別の生徒さんからまたまたナイスな質問が。 「じゃあ、『日が昇った(日の出)』と、『(雲間から)お日様が顔を出した)』はどう言いますか?」 こういう質問とっても嬉しいです。涙が出そうになるくらい。 英語でも日本語でも、とってもシンプルな表現で、簡単に言えそうなのに、言おうとしたら絶対に出てこない。しかも、この二つの表現「似てるけど、違う」ってことに気づけない人が多いのです。You don’t know what you don’t know! こういう疑問が出てくるようになったら、英語脳が機能し始めている証拠。 この二つの表現を英語にすると、こうなります。 『日が昇った。』The sun is up. 『お日様が顔を出した。』The sun is out. ここでは、”UP”と “OUT”の単語のイメージの違いをしっかり掴むと同時に、「be動詞が」「現在形で」使われていることも大切なポイントです。「昇る」「出る」という日本語を訳そうとしたら、”go”とか”rise”などaction verbs(動作を表す一般動詞)を使いたくなりませんか?それに、日本語は過去形なのに、どうして現在形?という質問もよく出ます。 私たちが日本語を直訳して、不自然な英語を多用してしまうのは、日本語と英語の視点の違いに気づけていないことが原因です。特に、ここで使われているようなbe動詞の感覚は、両言語の空間認識、時間認識の違いがしっかり理解できていないと、使いこなせるようになるまで時間がかかります。 逆にこの視点の違いに目が向くようになると、「日本語だと、この表現はでてこないよな。」「なるほど、こういう英語表現を使えばいいんだ。」と気づけるようになっていきます。そして、自分の英語の不自然さにも自分で気づけるようになっていくのです。 大事なことは、英語でのインプットの際に、しっかり意識を向けること。あとは、自信を持って使える表現を、焦らずコツコツ確実に増やして行くことです。「学ぶこと=まねぶ(真似する)こと」。遠回りに見えて一番の近道です。 最後に、日本人が間違いやすい表現をもう一つだけ。 「太陽が東から昇る」 これを英訳してみてください。「東から」につられて、The sun rises from the east. (x) と言いたくなりませんか? 英語では、 The sun rises (comes up) in the east. (太陽が東から昇る) The sun sets (goes down) in the west.(太陽が西に沈む) です。 どうして”from”を使わないか?この答えは、地球と太陽の関係から考えてみてくださいね〜。

Bees! Bees! Bees!

「次回のレッスンは、えっと、、、」

「今週金曜日から期末テストだー!」

「来週は、合宿があるから来られません。」

レッスンが終わると、カレンダーを見ながら、次のスケジュール日程を調整したり、テスト対策の特別レッスンを入れたりと、カレンダーはなくてはならない存在。なのですが、、、

今年に入ってから、ずっとカレンダーがない状態が続いていました。

ただ単に、気に入ったカレンダーが見つからなかっただけという理由なのですが、、、妥協できない性格なんですよね。

パソコンで作ったりしていたのですが、手間がかかる上、つい最近プリンターが壊れまして(涙)、今は、手作り感いっぱいのこのカタチに落ち着き、結構気に入っています。

ここ数ヶ月、蜂の世界にハマりにハマっている私。なので、カレンダーにももちろんhoney beesが登場。レッスンもIt’s all about the bees. 蜂一色(笑)。「あき先生、次に来たら養蜂始めてそう。」と、生徒たちに真顔で言われています。

全ては、このドキュメンタリーを見たことから始まりました。

地球上からミツバチ (honey bees) やマルハナバチ (bumble bees)といった蜂がすごい勢いで姿を消している。この現象 (Colony Collapse Disorder or CCD) については、新聞やソーシャルメディアで目にしていました。大学の入試問題(英語)でも取り上げられていたので、リサーチしたりもしていました。が、ここまで深刻な事態になっているとは想像もしていませんでした。

女王バチとか働きバチとか言葉はよく聞くけど、彼らがどんな仕事を担っているかと聞かれたらー No idea. 恥ずかしいほど無知でした。

私たちの毎日の食卓がどれだけ蜂に頼っているか、考えたことありますか?蜂がいなくなったら、私たちが日々口にしているものの3分の1は、「受粉できない → 育たない → 食卓から消える」。こちらのウェブサイトに代表的な食べ物の例が挙がっていますが、、、ワオ。野菜、果物のほか、ナッツ、コーヒー、綿、あずき、スパイスなども働きバチたちのお世話になっているのですね。

  • Apples
  • Mangos
  • Rambutan
  • Kiwi Fruit
  • Plums
  • Peaches
  • Nectarines
  • Guava
  • Rose Hips
  • Pomegranites
  • Pears
  • Black and Red Currants
  • Alfalfa
  • Okra
  • Strawberries
  • Onions
  • Cashews
  • Cactus
  • Prickly Pear
  • Apricots
  • Allspice
  • Avocados
  • Passion Fruit
  • Lima Beans
  • Kidney Beans
  • Adzuki Beans
  • Green Beans
  • Orchid Plants
  • Custard Apples
  • Cherries
  • Celery
  • Coffee
  • Walnut
  • Cotton
  • Lychee
  • Flax
  • Acerola – used in Vitamin C supplements
  • Macadamia Nuts
  • Sunflower Oil
  • Goa beans
  • Lemons
  • Buckwheat
  • Figs
  • Fennel
  • Limes
  • Quince
  • Carrots
  • Persimmons
  • Palm Oil
  • Loquat
  • Durian
  • Cucumber
  • Hazelnut
  • Cantaloupe
  • Tangelos
  • Coriander
  • Caraway
  • Chestnut
  • Watermelon
  • Star Apples
  • Coconut
  • Tangerines
  • Boysenberries
  • Starfruit
  • Brazil Nuts
  • Beets
  • Mustard Seed
  • Rapeseed
  • Broccoli
  • Cauliflower
  • Cabbage
  • Brussels Sprouts
  • Bok Choy (Chinese Cabbage)
  • Turnips
  • Congo Beans
  • Sword beans
  • Chili peppers, red peppers, bell peppers, green peppers
  • Papaya
  • Safflower
  • Sesame
  • Eggplant
  • Raspberries
  • Elderberries
  • Blackberries
  • Clover
  • Tamarind
  • Cocoa
  • Black Eyed Peas
  • Vanilla
  • Cranberries
  • Tomatoes
  • Grapes

現在、蜂をテーマにした総合的なカリキュラムを開発、実践中です。このカリキュラムに沿って学びながら、環境問題や、蜂の生態について、知識を深め、自分の言葉で問題を論じられる力を育てます。

第一回目は、イントロダクションとして、こちらのビデオを見ました。

“Please Please the Bees”  read by Rashida Jones (Storyline Online)

絵本の読み聞かせチャンネルですが、読んでくれるのは、スクリーンでバリバリ活躍中の俳優たち。

小さな子どもも楽しめるよう、ゆっくり、はっきり、読んでくれます。

内容は、熊のベネディクトの庭に住む蜂たちが、ある日突然ストライキに入り、ハチミツが届かなくなってしまって、どうしましょう!?!?、というお話。

じっくり読んで(聴いて)いくと、ストーリの奥深くに、私たち人間の社会へのメッセージ(警告?)が隠されていることがわかるはず。まずは難しいことは抜きに、この可愛らしい絵とストーリーを、Rashidaのナレーションと共にお楽しみください。

CCをオンにすると英語の字幕が出て来ますが、サインインすると、日本語の字幕を入れることもできるみたいです。試したことがないので、どのような仕組みになっているのかわかりませんが、レッスンで訳してもらって日本語キャプション入れてみようかな。

絵本の情報は、こちらから。

さて、最後に一つ質問です。

この絵本のタイトルを訳すとしたら、どんな風に訳しますか?

「お願い、お願い、蜂さん」とした方は、残念ながらやり直し。

ヒント : この二つの”Please”は同じ意味ではありませんよ〜。

マルつけ禁止

日本に帰って来て、ちょうど4年が経ちました。

帰国した当初は、逆カルチャーショックの連続で、「ここで、あとどれだけサバイブできるだろうか」って自分のことが心配で仕方ありませんでした。が、、、最近は、随分慣れてきたと思います。(周囲の人はどう思ってるかわかりませんが。)

そんな私が、一つだけ、未だに慣れないことがあります。特に、中高生とのレッスンで、頻繁に見かける行動なのですが、、、その行動を見るたびに、私の頭の中はクエスチョンマークだらけになります。

それは、

答え合せをしていて、合ってる答えにマルをつける、という行動。

何がおかしいの?って思いますか?

最初に、マルをつけてるところを見たとき、彼らが何をしているのか全く見当がつかず、大事な単語に印でもつけてるのかなって思っていた私。「あーマルか」って気づくまで、数分かかってしまいました。

アメリカでは、間違っている問題にマルがついて、正解だった問題にはチェックマークがつきます。そのシステムに慣れていたということもありますが、、、

合ってた!マル!っていう行為が、いかにpointlessな行為か、誰も指摘しないんだなってことに、軽くショックを受けました。

マルをつけたい気持ち、よくわかるけど、、、機械的にマルとバツをつけて、はい、おしまいっていうのは、勉強じゃないですよね。

答え合わせで大事なのは、マルとバツの数を数えることじゃなくて、きちんと内容を理解して問題を解けているか、自分でチェックすること。

正解だったとしても、正解にたどり着くまでの過程が、あやふやなままだったら、それは理解しているとは言えないわけで。

問題演習を通して、自分の理解を確固なものにしていく作業が勉強だと思っているので、生徒たちにも、「私のレッスンでは、マルは禁止ね。」と宣言しています。

「マルをつけたい」「間違いたくない」っていう強迫観念のようなオーラは、中高生に限らず、レッスンに通って来られる方、全体的に見られます。

「間違うこと」イコール「素質がない」「頭が悪い」っていう思い込みはないですか?

生まれてからずっと日本語の環境で生活して来た人が、発音も、文法も、思考法も全く異なる言語を学ぼうとするのだから、脳だってびっくりするし、知識が簡単に定着しないのも当然。

2回、3回、同じミスをするかもしれない。でも、ミスしたら、修正すればいいだけのこと。しかも淡々とですよ。「またミスしちゃった。。。」とか、嘆いてる時間、もったいないです。

理想的には、きちんとフィードバックをもらって、ミスの内容をしっかり把握することが大事。自分の思い込みによるものだったとか、単に知らなかっただけ、とか。スポーツや音楽のトレーニングと同じですよね。

ある雑誌で、「東大生は、間違うという行為に対して、ネガティブな意識が薄い。」という一文に出会ったのですが、納得です。間違うことが怖くないから、どんどん挑戦して、いっぱい間違えて、修正して、理解が完全なものになっていく。

「間違う時は、堂々と!」

今日から、これでいきましょう。

「どうやったら英検一級取れるかな〜」

タイトルにある言葉は、昨年の秋からレッスンに通ってきてくれているAさんの発言。

転職を考えてのスキルアップ+字幕なしで映画が楽しめるようになりたいという目標を持って門を叩いてくれました。だけど、中学、高校と勉強全般サボり気味で、英語もほとんど勉強した記憶がないと。。。初歩の初歩から指導お願いします。ということでした。

英検4級レベルの教材から始めて、3級、準2級と順調に力をつけてきています。映画大好きということで、彼女がDVDを持っている映画を使って、会話表現や文法、イディオムを学んでもらっています。「日本語字幕を見ても、よくわからなかった。」という部分は、社会的、文化的背景についてもレクチャー。「これまでの人生でこんなに集中して勉強したことないですっ!しかも楽しくて勉強してる感じがしない。」とまで言ってくれて、、、。その後に出たのが、タイトルにあるこの発言でした。

現在は英検2級合格を目指して、頑張っている彼女。英検1級の過去問を見ながら、「あとどれくらい勉強したら、1級受験できるかなあ。」と。

このような発言、レッスンを始めた1年前には絶対に出てこなかったはず。英検1級合格どころか、受験しようという発想すら頭をよぎらなかったことでしょう。

目の前にある目標に向かって、コツコツ努力を続けた結果、雲の上の存在でしかなかった「英検1級合格」が、いつの間にか到達可能な目標に変わっていました。

逆に言うと、「英検1級何としても合格するぞ!」と言う目標を持って、勉強を始めていたら途中で息切れして挫折していたかもしれません。

さらに言うと、英検合格は手段であって、ゴールではないと言うことも忘れないでほしいです。英検1級合格はあくまでも目安。合格したからと言って、英語を自由自在に操れる力がついてるとは限りません。

一つ目標をクリアしたら、また次の目標が待っている。人生、生きている間は新しい挑戦の連続。だから、ゴールまでの道のりを楽しむ工夫をしてほしい。そのお手伝いをするのが伴走者としての私の仕事なのだと思っています。

「ユートピア」という言葉から始まるこの詩はウルグアイ出身の詩人の作品(スペイン語からの英訳です)。「人生は挑戦の連続」と言うことを、水平線になぞらえて表現しています。

Utopia lies at the horizon. ユートピアは水平線上にある
When I draw near by two steps, 僕が二歩近づくと
it retreats two steps. 二歩遠ざかる
If I proceed ten steps forward, 僕が十歩足を前に踏み出した途端
it swiftly slips ten steps ahead. 向こうは十歩前に進んでいる
No matter how far I go, どれだけ足を進めても
I can never reach it. 絶対にたどり着くことができない

What, then, is the purpose of utopia? じゃあ、ユートピアって何のために存在するんだ
It is to cause us to advance. それは、僕たちに前進し続ける理由を与えてくれる

By Eduardo Galeano

英語上達の近道。それは、、、「最初の一歩を踏み出すこと」そして「歩みをとめないこと」

tony-robbins

今年の春からレッスンに通ってくれているFさん。66歳。

高校を卒業していないので、英語を勉強するのは中学を卒業して以来。
50年のブランクを経ての再挑戦です。

人づてにこのスクールのことを知って、「こんな私でも大丈夫?」とお問い合わせを頂いて以来、コツコツ、自分のペースで勉強を続けています。

ここ数年、韓国ドラマにハマりにハマっていて、韓国語のクラスにしようかと随分迷ったみたいですが、私が近くにいたこともあり、まずは(!)英語と決めたのだと話してくれました。

体に麻痺があり、腕が思うように動かないFさんは、ノートが思うように取れません。目もよく見えず、ハンドアウトを集中して見ようとするだけで、相当の体力を消耗してしまいます。なので、教科書やハンドアウトは極力使わず、耳だけが頼り。レッスンがないときは、CDを聴きながら声に出して練習してもらうことにしました。

進むペースは相当ゆっくりなので、やる気をなくしてしまうのではないかと、こちらの方で心配してしまうのですが、本人、「すごく楽しい。毎日の生活に張り合いが出て、Very happy!」とのこと。良かった!

離れて暮らす家族や近くに住むお友達みんなに、「英語を始めた!」と宣言。電話を出るときは”Hello!”だし、お客さんが来たら、”Hello! How are you?”と迎え、”See you! Have a nice day!”と送り出す。新聞の集金の人だろうが、ヘルパーさんだろうが、お構いなし。

英語を始めても、勉強していることを周りの人に隠す人もいます。「進歩がないと恥ずかしいから」という理由で。

実際、そうやって宣言した相手から、「英語は上手になったかい?もうペラペラでしょ。」と馬鹿にしたような態度で、からかわれることがあるのだとFさんも言います。

からかってくる人は、「いい歳して、英語なんか始めて何になる?お金と時間の無駄だろう。」って言いたいのでしょうね。

そんな嘲笑にも、Fさんは動じません。「勝手に言わせておけばいい。私は楽しんでやってるんだし、少しずつでも前に進んでいることがわかるからいいんだ。」と。

アメリカのアクション映画が大好きという彼女。映画を見ていて、気になった表現を日本語と英語の字幕でチェックして、練習しているのだとか。そうやって練習した表現をレッスンで披露してくれます。

この人、一生ボケないだろうなー(笑)。

上の画像にあるトニーロビンスの言葉。まさにFさんに向けて語りかけてくれてるみたい。

No matter how many mistakes you make 

どんなにたくさんの失敗をしても

or how slow you progress, 

どんなに進むペースがゆっくりでも

you are still way ahead of everyone who isn’t trying.

挑戦できないで足踏みしている人より、ずっとずっと先を行っている。

人生、やったもん勝ち。

まずは、どんなに小さな一歩でもいいから、前に踏み出すこと。

そして、踏み出したら、後戻りしないこと。Keep moving forward!