ラクして何かをマスターしたいですか?

IMG_1078

怒涛の2月を乗り越えて、気づけば3月も3分の1が過ぎている。。。

札幌は随分春らしくなってきました。

大学受験、高校受験に挑戦した受験生たちにも春がやって来ました。

「直前に先生と一緒にやった問題が出ました!!」

「学校のテストで取ったことない点数が受験で取れた!」

などなど、嬉しい報告が届いて、私もホッと一安心。

一方で、英検2級に2度挑戦して、3度目の今回も合格を勝ち取れなかった子がいます。

「絶対受かるって自信があったのに。。。」と涙を流して悔しがる高校生。

私のレッスンを受け始めて2ヶ月目での受験でした。

「これまでにないくらい勉強した。」と準備万端で臨んだ結果がまさかの不合格。で、すっかりやる気をなくして、投げやりになっている様子。「こんなに頑張ってるのに、どうして?」って。

自分が信じられなくなって、いくらやっても無駄だって思うようになって、、。

「まぐれでもいいから、合格したかった。」っていう本音も出てくる。うんうん、そうだよね。わかるよ。

だけど、まぐれで合格して得られるものは何でしょう。「合格した」という安心感?「もう2級対策やらなくていい!」という解放感?「自分には2級の実力がある」という自負?

確かに、ギリギリの成績で合格しても、合格は合格。そこで、「自分は合格したけど、2級の実力には程遠いから、もっと実力つけなくちゃ。もう一回2級の勉強し直そう。」と思える中高生がどれだけいるでしょうか?

「受かった!」と安心して、勉強をやめちゃう子がほとんどではないでしょうか。

「合格できなかった」=「本当の2級の実力をつけるチャンスをもらった」、と捉え直して、もう一度挑戦することができたら、、。まぐれで一発合格して安心してる人たちをあっという間に追い越してしまえることでしょう。

実を言うと、私も高校生、大学生の頃は「どうやったらラクできるかな」ってことばかり考えて生きていました。好きな言葉は「棚ぼた」(笑)。

コツコツ時間をかけて努力するっていうことが、とっても馬鹿馬鹿しいことに思えていたのです。

やりたいことがあったとしても、なりふり構わず努力しないと達成できないようなことには、「うーん、無理!」とやる前から諦めてしまうような人間でした。さらに、「諦める」と言うとかっこ悪いので、「興味ない」と言ってごまかしたりして。

そんな私が30歳目前で、留学を決意して、大学院出願に必要なTOEFLの勉強を始めて、、、すぐに壁にぶち当たりました。

出願に必要なスコアがなかなか取れなかったのです。何回受けても、ライティングのスコアだけがいつも0.5ポイント足りず、「はい、やり直し」。

結局1年半で10回受けることになりました。4回目くらいまでは、「次こそは!」と頑張れましたが、5回受けてダメだった時は、さすがに、「もう諦めたほうがいいかな」という気持ちが頭をよぎります。

それでも、後に引けない状況だったこともあり、友人に相談したりしながら、自分のライティングの弱いところを分析して、修正していく作業をコツコツ続けていきました。

ようやくたどり着いた留学先で、「自分はTOEFLを10回受けてようやく必要なスコアが取れた」と自嘲気味に話したら、「よく諦めないで頑張れたね。すごいよー!」と思いがけずみんなに賞賛されて、「そっか、そうやって見てくれるんだ」と嬉しく思ったことが昨日のことのよう。

その時の努力があったからでしょうか。今では英語のライティングを褒めてもらえることが増え、自信が持てるようになりました。留学中、ネイティブの友人に英文のチェックをしてもらっていたのですが、「クラスメートの論文読んでるみたい。ネイティブが書いたみたいでわかりやすいし、ロジカル。」と言ってもらえたり、教授からも「あなたの文章はスタイルがある。簡潔で読みやすい。」というフィードバックをもらったり。

TOEFLの勉強していた時、無理しすぎたのか、めまいを起こし倒れたことがありました。その時に机の角で頭を打って、数秒間気を失っていた、という忘れられない思い出(武勇伝?)もあったりしますが、諦めないで、頑張って来れて本当に良かったです。うん。

要領だけでできたものは、まさに「砂上の楼閣」。小さな波でもあっという間に壊れてしまいます。

No pain no gain.

だから、どんな小さなことにでも、努力するクセをつけていきましょう。努力は絶対に裏切らないから。

アウトプットの楽しさがわかってきた!

guri gura

今年はぐりとぐらと一緒に一年を過ごすことになりました。

*            *            *            *            *

今月から来月中旬にかけて、私にとって一年で一番忙しい時期。高校受験、大学受験に向けて必死に追い込みをかけている受験生、学年末試験対策に精を出している受験生以外の中高生。それに、今月末には英検もあって。。。みんな本気モードで、毎回のレッスンに臨んでくれています。

常日頃から。私が彼らにしつこいくらい言い続けていること。

英語はインプットとアウトプットのバランスが大事。インプット過多にならないように、アウトプットもしっかりやっていくこと。覚えた単語や構文はどんどん使っていこう!

ということで、当校では、レッスンの度に、1分間スピーチの発表や、日記、作文の提出が求められます。中学一年生も例外ではありません。最初は嫌々取り組む生徒がほとんどですが、1ヶ月くらい続けるとコツをつかんで、積極的に取り組んでくれるようになります。

言いたい日本語の英語がわからなくて、カタカナや空欄が目立っていた日記も、インターネットや辞書を駆使して、自分で調べてくるようになります。

「辞書で調べたら、二つの別の単語が出てきたけど、どう違うんですか?」っていう質問も増えます。

「インターネットで調べていたら、こういう情報が見つかりました!」なんていう発見も。

「先週教えてもらったこの表現を使ってみました。合ってますか?」なんて、中学生から聞かれたら、、、もう、泣くしかない(tears of joy)。教師冥利に尽きます。

スピーチも、どんどん進化していきます。トピックについて、しっかりリサーチしてくるだけでなく、オーディエンスを意識した内容を心がけて、「最後まで飽きさせずに聴かせる」工夫が随所に見られます。トピックも多岐にわたり、私も毎回たくさんのことを学ばせてもらっています。

彼らの可能性は計り知れないです。本当に。

単語など知識を増やすばかりで、使う練習をしないことは、冷蔵庫に食材を詰め込めるだけ詰め込んで、料理せずに腐らせてしまうようなもの。自分の手で料理して、周りの人とシェアしながら味わって、体に栄養を送り込んでいくことを繰り返して初めて、体の一部になっていくのですよね。

このようなアウトプット練習を通して、英語を学ぶことは苦行じゃないんだよっていうことが、受験や試験を前に視野が狭くなりつつある彼らに、少しでも伝わったらうれしいなー(笑)。

そんなことを思いながら、さあ、明日のレッスンの準備をしようかな。

この作業って何のため?

レッスンに来てる中学1年生の女の子。耳からはかなりの量の英単語が頭に入っているのですが、スペルを覚えるのがとっても苦手。

定期テストもリスニングテストは満点だけど、筆記の方ではスペルミスで結構点を落としていました。普段どうやって単語練習してるのかなと思って聞いたら、単語練習用のノートを見せてくれました。

新出単語を一行に一つずつ書き出して、横にスペルを綴っていく方式。定期的に先生に提出してチェックしてもらうのだとか。

その練習の仕方が、、、かなり問題あり。一行に一単語を練習するってことは、短い単語(例えばboy とか dog)は、10回以上練習できるけど、彼女が苦手な長い単語(例えばadventureとかFebruary)はせいぜい3回くらいしか練習できない。。。

それに同じ単語を機械的にダラダラ書いてるだけじゃ、単語を覚えるっていうよりは、アルファベットの練習だよね。ただノートを埋めればいいって感覚でやってないかな?

単語の練習は、「単語を覚えること(スペル、意味、発音)」がゴールなのであって、ノートを埋めることが目的ではないんだよ。覚えてる単語も、苦手な単語も、同じように練習するのっておかしいよね?覚えてる単語は練習する必要ないよね?ってことを、懇々と話して、効率の良い単語の覚え方を確認しました。

中学1年生は、まだまだ自分の勉強法が確立できていないので、言われたことは、特に疑問に思うことなく、素直に従ってしまうのでしょうね。その方が余計なこと考えなくていいから楽だし。

だけど、「これをやるのは何のため?」ってことを考える習慣を身につけて欲しいので、嫌な顔されるの覚悟で、しつこく説明します。

私は、小学校、中学校を通して、勉強が好きだと思った記憶は全くありませんし、宿題以外で自分から机に向かうこともなかったと思います。

本(含 マンガ)ばっかり読んでました。活字中毒だったんです。(今もそう)

それでも、勉強に対して苦手意識を感じることなく、中学卒業までそれなりに好成績を保つことができたのは、要領だけは良かった!から。

とにかく家で勉強したくなかったので、どうやったら最短で最大の効果を上げられるか、ってことを常に意識しながら勉強に取り組んでいました。

予習や宿題は、休み時間にささっと終わらせて、「これで心置きなく家でマンガ読めるぞー、テレビ見られるぞー」って悦に入っているような生徒でした。覚えられることは、学校にいる間にできるだけ覚えちゃおうと、授業もかなり真剣に聞いていました。板書するのももったいないっていう勢いで、先生の言うことを一言も漏らすもんかっていう気迫で(笑)。

そんな性格だったので、先生から「英単語ノートに10個ずつ書いて提出するように」なんて宿題を出された日には、「なんでそんな無駄なことに時間を費やさなく ちゃいけないの!」と怒りで憤死寸前。英単語の練習なんて、裏紙で十分だし、どうして覚えてる単語も練習しなくちゃいけないの。しか も10回も!なーんて。

不必要な事を強制されたり、押し付けられるのが死ぬほど嫌だったんですよね(今もそうですが)。今やってるやり方でちゃんと単語覚えられるし、テストでも点数とれてるし、って自信もあったし。こんな面倒くさい生徒を持った先生達に心から同情します。

私が自分の生徒に一番身につけて欲しいこと、教育で一番大切だと思うっていることは、テストでいい点数を取ることではなく、「自分の頭で考えて行動する習慣」そして「失敗から学ぶ強さ」です。

人からのアドバイスは有難く参考にさせてもらいながらも、もっといい方法はないかな、本当にこれをやる必要があるのかな、もっと自分に合ったやり方はないかな、と吟味し、試行錯誤しながら、最適な方法を見つけられる人間に成長して欲しい、という思いで、毎日一人一人の生徒と向き合っています。

将来どんな環境にあっても、自分の力を最大限に発揮して、行動していけるようになって欲しい。それが私の願いです。

勉強って、、、楽しい♪

IMG_0976小学生の女の子とのレッスン中。ホワイトボードを奪われ、、、。

「見ないでね!」と、ペンケースやバッグで隠しながら、サラサラと何かを描いてる。

「できた!Done!」と見せてくれたのが、この絵でした。

ワオ!びっくり!うれしい!感激!!!泣ける〜。

本当にもう少しで泣きそうでした。

小学生、中学生たちとのレッスンは、毎回楽しい発見の連続です。

中学3年生の男の子と、現在完了形の復習をしてたとき。

私:「もう宿題やった?」って英語で言ってみて。

中3男子; Have you finished my homework?

私:ん?”your homework”でしょ。

中3男子:にやり。こうやって聞ける友達欲しいなー。

私:そうだねー。おい、俺の宿題終わったか?ってねー。

**

中学生の女の子との数学のレッスンで(はい、数学も教えてます!)、比率の概念を理解してもらいたくて、彼女が好きなお料理ネタで説明してみることにしました。

「例えばさー、ケーキを作りたいと思って、冷蔵庫開けるでしょ。レシピには卵3個必要って書いてあるんだけど、冷蔵庫には2個しか入ってなかったとするよ。どうしたらいい?」

他の材料も全部2/3に減らして作る、という返答を期待していた私ですが、もちろん、そんな優等生解答は返ってきません。

大きな声で、元気いっぱい、間髪入れず、

「スーパーに買いに行く!」

というお答え。。。

「あ、それか、作るのやめる!」

(えー、作ろうよ。。。)

こちらの思惑通りにはいきません。。。

みんな発想が豊かで、独特の視点を持っていて、話してて飽きません。

レッスンの合間に、学校や身近で起こったことについて、感じたこと、疑問に思ったことなど話してくれるのですが、「へー、そんな風に考えるんだー。」「そんな発想どこから出てくるの?」って、びっくりしたり、感動したり。英語でエッセイ書けるようになったら、もっと面白い発見があるんだろうなー。

この間、レッスンに来てる子のお母さんから、「毎回レッスンの後、今日も楽しかったーって帰ってきます。」といううれしいお手紙を頂きました。

楽しませてもらってるのは、こっちの方なんですけど、ね。楽しく勉強してもらえているようで、良かった。

勉強って、めっちゃ楽しいねって思ってもらえるように、これからもがんばります。

YOLO 語学学習と年齢の関係

紫陽花 Hydrangea
紫陽花 Hydrangeas

先月からレッスンを受け始めた10歳の女の子を見ていて、つくづく思うこと。

語学の上達スピードについて言うと、年齢よりも性格の影響がずっと大きいんじゃないかってこと。

この子はとにかく人とコミュニケーションをとることが大好き。

学校にいる外国からの友達と話してみたい!いろんなこと質問してみたい!
新しい単語は習ったそばからすぐ使ってみたい!
「もしもしって英語でどう言うの?Hello?ね。じゃあ、早速お母さんに電話して使ってみよう。」

こんな感じ。間違ったら恥ずかしいなーっていうような様子は、1ミリも見受けられません。

週に1回のレッスンだから、もちろん忘れちゃうことも多いです。だけど、レッスンに来ることが楽しくてしかたない。新しい表現を学ぶことがうれしくてしかたない。そんな風に勉強してたら、日常生活の全てが学びになる。

「こういう時、どうやって言うのかな。今度先生に聞いてみよう!」とメモしたり、
「今日はこんなこと勉強したよ。」って家族とシェアして、みんなで使ってみたり。

ウキウキ勉強してる子を見てるだけで、こっちも楽しくなって、レッスンにも力が入ります。

今週は、ニューヨークから友人が遊びに来て、一緒に楽しい時間が過ごせたのですが、その友人が日本語に興味をもって学び始めたのは、50代前半の時でした。最初は、すぐに成果が出ないことがストレスになっていたようでした。だけど、日本についてもっと知りたい、日本語が話せるようになりたい、という気持ちは消えることなく、機会を見つけては、学校に通ってみたり、チューターをつけてみたりと、コツコツ勉強を続けること8年。今では、書くのも話すのも上手です。楽しそうに日本語でコミュニケーションを取っている友人をみていると、語学を教える者として、本当に励まされます。

語学を勉強してみたい、という気持ちがあっても、年齢を理由にあきらめてたりしませんか?

YOLO: You only live once.