できることから始めてみる。#plasticfreejuly

Plastic Free Julyも、始まって2週間以上経ちました。日本でプラスチックフリーを実践することは、相変わらずチャレンジングです。

完璧にやろうという気は毛頭ありませんが、それでも、買い物から帰って、プラスチック包装の山を前にすると、敗北感を感じずにはいられません。

この運動に参加している人たちのブログ記事を読んだり、インスタグラムの写真を見てまず頭に浮かぶこと。

「私の街にも定期的に立つグリーンマーケットがあったらいいのに。」

「庭があったらコンポストができるんだけどな〜。」

“If only we had a store like this nearby!” 「あー、こんなバルクのお店が近くにあったらいいのに。」

やるとなったら徹底的にやりたいタイプなので、ついつい「できないこと」にフォーカスして、「やってもしょうがない。」とやる気をなくしてしまいがち。そこを何とか踏ん張って、「いやいや、これでも1週間で見たら、プラスチックゴミは激減してるし、買い物の仕方も随分変わってきてるじゃない。Keep up the good work!」と自分を励ましながら、続けています。

日常で出るゴミ(プラスチックに限らず)をできる限り少なくするために、私が続けてきていることをシェアします。

Baking soda, Citric acid, hand-made soap, brushes, and a cloth shopping bag
  1. Choose paper over plastic
    紙で包装されているものを選ぶ。パスタやお米など食料品はもちろん、お掃除に活用している重曹や、クエン酸、セスキソーダも、例えば、こちらのお店の製品のように。プラスチックが使われていないものを選び、また、なるべく容量の大きいものをまとめ買いするようにしています。
  2. Use brushes over sponges
    スポンジを使うのをやめました。マイクロファイバーももちろん使いません。亀の子束子は、台所だけでなく、浴槽のお掃除にも活躍してくれています。
  3. Make from scratch
    もともと手を動かすことが好きなので、自分で作れそうと思ったら、嬉々として挑戦してみます。手先の器用な知り合いが周りに多くて、そういう人たちから教わりながら、これまでいろいろな「手仕事」のレパートリーを増やしてきましたが(パン、豆乳、ヨーグルト、キャンドル、編み物 などなど)、お味噌と石鹸は、もうお店で買うことはないでしょうね。
hand-made soap
soy milk

これからチャレンジして見たいもの。最近とっても興味があるのが、手打ちパスタ。このビデオのように、野菜(パセリ、ビーツ、トマトペースト)やスパイス(ターメリック)を混ぜ込んだカラフルなパスタを作ってみたい!

あと、このように、牛乳以外の食材で作るヨーグルトも!

できないことを嘆くより、できることを数えてみる。その瞬間、新しい世界が目の前に現れるから不思議。

ということで、プラスチックとの戦い、根気強く続けて行きます。。。

「ないものねだり」英語で言うと?

「ないものねだり」って英語に訳すとどうなるかなぁ。

こんな思いが頭をよぎったのは、自分がまさに「ないものねだり」の状態にあるからでしょう。

ニューヨークでの生活がたまらなく恋しくて、今すぐフライトを予約して飛んでしまおう、という衝動に駆られること、何度もあります。

ニューヨークの友達と電話で話してて、”Trader Joe’s is gonna open a new store in our neighborhood next month!” (来月近所にトレーダージョーズのお店が新しくオープンするよ。)と言われると、オープン初日に合わせてフライト探そうかなんて考えたり。

お掃除してるときなどよくストリーミングしているWNYC(ニューヨークのパブリックラジオ)で、お天気情報が流れるのですが、それを聴きながら「今日の午後は雨かー。傘持って行かないと」という思いが頭をかすめた後、「あー、これニューヨークの天気だ!」と我に帰る、、、ということも多々あります。

日本に住んでいながら、心はアメリカにいる、というこの状況。なんか、前もあったような???

わかりました。ニューヨークにいた時の私です。日本が恋しいとか、日本に帰りたいという気持ちはこれっぽっちもなかったのですが、「日本でしか買えないもの、手に入らないもの」に異常に執着していた記憶があります。日本人ブロガーが「ラー油!」「塩麹!」と大騒ぎしているのを見ては、「輸入してでも試してみたい。」と思ったものです。暇さえあれば、ブライアントパークにある紀伊国屋書店に通って、本や雑誌を立ち読みして、日本語の活字を貪り読んでもいました。

以前暮らしたオーストラリアのメルボルンには、日本の本屋さんがなくて、それがすっごくストレスだったので、紀伊国屋は私にとってオアシスでした。それに加えて、ニューヨークには無印やユニクロ、ブックオフもありますからね。心強い存在です。

それでも、日本国内のお店に比べて圧倒的に品数が少ないので、欲しいものがすぐに手に入らないストレスがありました。例えば、無印の折りたたみ傘とか(アメリカのものはすぐに壊れる)、リングノートとか。今思うと、どうしてそこまでして手に入れないといけなかったんだろう?と自分でも不思議に思うのですが、その時は、絶対妥協したくなかったのですね。無駄なことにエネルギー使っていましたね。

***

日本に帰ってきた今、あの時の私が「欲しくて、欲しくて、たまらなかったけど手に入らなかったもの」が、簡単に手に入るようになりました。だけど、そうなると今度は「あー、この洋書が変えない。」だの、「あー、ホールフーズのコーンチップス!チョバーニ(グリークヨーグルトのブランド)!トンプソンの種無しぶどう!(私の大大大好物 笑)」と、ないものねだりが始まるわけです。。。

ニューヨークでの生活をよーく思い返してみると、良い思い出ばかりだった訳では決してありません。大体がサバイバルモード。今日はエレベーターが止まってる。次の日は、洗濯機が動かない。洗濯機が直ったと思ったら、ボイラーが壊れて、お湯が出ない。とかね。

こんなの日本じゃ有り得ないってむしゃくしゃしてたら、その後行ったカフェで見ず知らずのお客さんと話が盛り上がって、こんなの日本じゃないよねって思ってみたり。ふふ。

We want summer when it’s winter, and we want winter when it’s summer. There will never be a shortage of problems if we look for them. 

(冬になれば、夏が恋しいって言うし、夏になったら、冬が待ち遠しいって思う。不平不満は探せばいくらでも出てくる。なくなるっていうことはない。)

このブログでこれまで何度もシェアしているように、玄米茶や抹茶備長炭、昆布や海苔といった日本の食材、製品が、世界中で好んで消費されるようになった今、そういったものを、必要なときに、簡単に、しかも比較的安価で、手に入れられる環境にいることに感謝しないといけないですね。I’ll make sure to remind myself how lucky I am when I start complaining again.

***

最初の質問に戻って、「ないものねだり」を英語にするとしたら、、、

今の私の状況はこのフレーズがぴったりでしょう。

The grass is always greener on the other side of the fence.

「隣の芝生はいつもこっちより青い」と訳されていますが、要は「ないものねだり」。

 

英文パターンで編む (その後)#スロウファッション

うん十年ぶりに編み針を握り、編み物を再開してちょうど5年が経ちました。
(前回の投稿はこちら

技術的にはまだまだ発展途上で、自己満足の域からなかなか出られずにいるのですが、黙々と手を動かすことの気持ちよさと、自分の身につける物を自分で作る喜びは、何物にも代え難く。今日も朝から(仕事そっちのけで!)インスタグラムやRavelryを覗き込んで、次のプロジェクト探しに忙しい私。

Ravelry の存在はずっと知っていたのですが、その情報量の膨大さが、初心者の私にはoverwhelming かつintimidatingで、アカウントを作ったまま全く利用せずにいました。でも、2年ほど前に発見したこのサイトのおかげで、Ravelryへの心理的な敷居がグッと低くなって、積極的に利用しようと思えるように。

使い始めたら便利すぎて、今ではなくてはならない存在。パターンの購入、管理もすごく楽になりました。(ちなみに、私のアカウントはmatokachannycです!)

上の写真にあるFOs (finished objects)はすべて無料のパターンで作りました。

左上から時計回りに、

Springtime Bandit

Easy Stool Covers

Reversible Rivulet Scarf

Vancouver Fog Fingerless Mitts

寒さが一段と深まってきたここ札幌で、どれも毎日、大活躍してくれています。

*

手編みの良いところは、古いものから新しい作品を生み出せるところにもあります。以前作って見たけど、体に合わなくて結局着ていない、とか、色や形が好みじゃなかった、とか、編み目がガタガタ!で着て出かけられない(苦笑)、っていうのは、潔くほどいて(Frogging)、別のモノに編み直します。去年は新しい糸は全く買わず、ほどいた糸でセーターや靴下をたくさん編みました。

*

靴下が編めるようになったのも、自分にとっては嬉しい進歩。小学生の時に挑戦して、かかとの引き返し編みが全く理解できず断念して以来、ちょっとばかりトラウマになっていたのです。しかし、前回紹介したVeryPink Knitsの、このビデオシリーズを見ながらやって見たら、、、できた!(涙)自分用に何足も編んで、友人にもプレゼントできるくらい、自信を持って編めるまでになりました。

*

毛糸の靴下を履いていると、必要になってくるのが、お直し (mending/darning)のテクニック。

ヘビロテで履いてて、気づいたら大きな穴が!ってことがよくあります。私は、こちらのサイトで紹介されている3通りの方法のうち、3番目の「パッチをあてるやり方」で繕っています。手間はかかるけど、全く苦にならない。「お店に靴下を買いに行くことを考えるほうが、よほど疲れる」と思うようになってしまった。

*

編み物をしているときのBGMは、音楽だったり、オーディオブックだったり、ポッドキャストだったりしますが、最近はこの人のビデオをよくかけて耳で楽しんでいます。彼女のテイスト(デザイン、インテリア含め)全部好き。実は、けっこう日本贔屓の彼女です。An awesome French knitwear designer living in Latvia, who loves Ghibli movies and Genmai-cha ;)

こういうビデオ版ポッドキャストがいっぱいあるのね〜って、最近になって知りました。

*

スロウファッションという言葉が少しずつ浸透してきた今日この頃。量よりも質を追求したいという思いが一層強くなり、「値段が手頃だから」、「セールだから」と、お店にフラフラと入ることはなくなりました。(ニューヨークにいた頃は、時間潰しにH&Mやthrift shopsに入ってよく買い物してました。)

お店に陳列されている洋服や小物を買うという行為が、私の中でどんどん非現実的なものになっています。

ミシン買いたいと言い出すまで、どれくらいかかるかな(笑)。

続く

Hello 2018! そして、2017年を振り返る。

2018年を迎えて、1週間が過ぎました。まだお正月休み中の方もいるでしょうか。

新しい年を迎える前に、ゆっくり2017年を振り返るチャンスを持とうと思っていたのですが、年末は慌ただしく過ぎてしまい、このタイミングになってしまったという、、、。

皆さんにとって、2017年はどんな一年でしたか?

私にとって2017年は、たくさんの発見と学びの機会に満ちた年でした。

お仕事を通して多くの出会いがありました。東京と札幌で、旧友とのうれしい再会も!

全く未知の分野での翻訳・通訳の依頼に、専門用語満載の資料を必死で勉強したりもしました。

だけど、昨年、一番大きな収穫は、札幌市の図書館カードを作ったこと!!

札幌に住んで、4年目にして初めて手にしたライブラリーカード。どうして、もっと早く作らなかったんだろう。中央図書館には、今まで何度か足を運んでいました。でも、書架をさらっと見て、「これと言って読みたい本がないなー」って感想で、何も借りず帰ってきてたのです。

ある時、本屋さんで見て買おうかどうか迷っていた本を、何気なく(本当に何気なく)、オンラインで検索して、その蔵書の充実ぶりに驚き、予約システムの便利さに目を見張り、この4年間、宝の山に全く気づかず、無駄に過ごした自分を悔やみました。

それからは、2週間に5、6冊(時には10冊)のペースでチェックアウトして、5月から12月までの8ヶ月で、100冊くらい読んだかな?流し読みした本もたくさんあるし、読まずに返した本もあるので、実質80冊くらいでしょうか。

一番心に残っているのは、”Brooklyn” by Colm Tóibín. (日本語版は、「ブルックリン」)

一昨年ぐらいから、アメリカのメディア(特にブログ)でこの表紙を頻繁に見かけ、ものすごく気になっていたのです。2015年の映画化がきっかけだったのだと思います。

内容は、簡単に言うと、1950年代初頭、アイルランドから単身ニューヨーク・ブルックリンに移住して来たEilisが、仕事や恋愛での様々な葛藤を通して、大人の女性として力強く成長していく姿を描いたお話。一応ラブストーリーだけど、淡々と、静かに進んでいく文体がとても好みでした。

映画はどんな感じなのかなーと思い、ユーチューブで検索してトレイラーやクリップをいくつか見ていたら、私のイメージとピッタリで(と言うか、それ以上!)、気分的には「映画も見ました!」って言っちゃいそうなくらい、たくさんのシーンを何度も何度も再生して楽しみました。映画館で見たかった。。。

著者のコルム・トビーン(Colm Tóibín)が、映画の感想を語っているビデオがあるのですが、これがとても良いのです(日本語訳はありませんが、英語の字幕は付いています)。

多くの人が一番のお気に入りと言っている夕食のシーン(子役のフランキー最高!)と、最後のシーンを取り上げて、時代背景や、映像と小説の違いなど絡めながら話してくれているのですが、最後のシーンについての彼のコメントが、最高に素敵で、何度見ても泣けてしまいます。(Spoiler Alert: 映画を見てない人は、結末がわかってしまうので注意。)

この、小説には書かれていない場面について、彼はこう語っています。

“I’m an absolute sucker for that scene. Of all the scenes, that’s the one that gets me. And I wrote the book, you know, I’m sitting there with that bit I didn’t write, thinking –I’m in tears, and I think this is so great. This part was filled for me, that I had left empty.”
(最後のところは、本当に気に入ってるんだ。全てのシーンの中で、強く心に残る場面だよ。この本を書いたのは自分なんだけど、自分が書いてない場面を見て、自然と目に涙が浮かんでる。すごくいいって思いながら。この場面は、自分が敢えて空白にしておいた部分を埋めてくれているんだ。)

*be a sucker for は、「〜に目がない」という意味です。

キャスト、脚本、映像、そして、お洋服、すべてに100点をあげたい。素敵な映画を作ってくれてありがとうと言いたい。(見てないけど!)

アマゾンでストリーミングして見ようかな。

My “new” morning routine : 英語でヨガ

ニューヨークにいた時は、一日おきにセントラルパークで走っていた私。
移動は自分の2本の足。電車代節約のため、雨が降ろうが、雪が降ろうが、ハリケーンが来ようが(!)、どこまでも歩いて移動。かなりアクティブな毎日を送っていました。

それが、札幌に住み始めてから、運動量が激減。まず、自宅をベースに生活しているため、通勤のための移動がない。ジョギングをしたいと思っても、公園のカラスが怖くて近寄れない。長〜い冬の間は、できる限り外出しないで済ませたい。。。こんな生活を続けていたら、体力が落ちていくのは当たり前。

定期的にカラダを動かす習慣を身につけたいなー、とぼんやり考え始めたのが昨年の12月でした。その数日後、ユーチューブを見てたらなんだか魅力的なヨガのビデオが目に飛び込んできました。何が魅力的だったかというと、大自然の中で撮影されているものだったから。

こんな感じ ↓

Yoga With Adriene

私は、朝日が顔を見せ始めるこのくらいの時間が大好きなのです。青い時間。

ヨガは20代の頃に初めてクラスに参加して以来、やったりやらなかったり。あまり真面目な生徒ではないので、クラスに通っても、長くて2ヶ月。筋トレっぽい運動や、ピラテスが流行るとすぐにそっちに興味が向いてしまい、中途半端なままでした。

だけどストレッチは好きなので、ヨガマットは常に家に常備していて、ちょっと体がこわばってるなーとか、リラックスしたいなーっていう気分の時にマットを広げて(テキトーに)体を動かしたりはしていました。

ニューヨークでも、現地に着いてまず最初に買ったのがヨガマットでした。今考えると、もっと他に買うものあったでしょうに、と思うのですが(笑)。「アメリカ=肥満」というイメージが強すぎて、黙っていたら知らない間に20キロ増!とか考えたのかな。自分のことながら、どんな心理状態だったのかよくわかりません、、、。

このビデオはYoga With Adrieneというチャンネルにアップロードされているもの。

“Morning Sequence”ということで、体をゆっくりと目覚めさせながら、Pump up. 「今日も元気いっぱい一日が過ごせそう」と思わせてくれる内容になっています。ビデオを見ながら、インストラクターのAdrieneと一緒にヨガをしていると、自分も大自然に抱かれているような開放感に包まれます。

この運命の出会い(!)の日から、少しずつですが、彼女のビデオを見ながらヨガをやるようになって4ヶ月。この1ヶ月は毎朝30分のヨガが日課になっています。どんなに朝の目覚めが悪くても、「今日はヨガの気分じゃないなー」なんていう思いが頭をよぎっても、気付いたらマット広げて、ユーチューブクリックしてる私。日課なんて言葉では足りない。I’m obsessed. (はまってる)と言った方が正しいかも。

ヨガのインストラクターでありながら、女優としても活躍するAdrieneは とってもチャーミングで、きれい、なだけではなく、ユーモアがあって、話し方はかなり豪快。男前です。大好き。

日本でヨガのクラスに参加したことがある人は、ポーズの名前を聞くだけで、ビデオを見なくても体が動くかもしれません。Downward facing dog とか extended child pose とか。

だけど、ヨガの経験がなくても、英語がわからなくても、ビデオを見ながら、体を動かしていけば、形になっていきます。基本的には初心者でもついてこられるような内容になっているので。

たとえ「何となく」「見よう見まね」でやっていたとしても、慣れてくると、ビデオを見なくても英語の指示だけで体が動くようになります。

英語でヨガをやることの一番の利点は、体の部位や内臓の名前が無理なく耳から覚えられるということ。

お尻はbutts、腹筋はabs, 太ももはthighsで、手首はwrists、、、だけど、これらの言葉をただ単語帳で勉強するのと、英語の指示を聞きながら、その部位に意識を集中させて体を動かすのでは、身に付き方に雲泥の差があるのは当然。

もちろん、「右足上げて」とか、「膝を曲げて」、とかそういう指示にも反応できるようになります。

慣れるまで時間がかかるかもしれません。焦らず、とにかく楽しんで続けることです。

継続は力ですから!

Let’s find what feels good with Yoga With Adriene :)