ロバート・デニーロからの贈る言葉 at NYU

5月はアメリカの大学の卒業シーズン。大抵の卒業式には、卒業生にはなむけの言葉を贈るゲストスピーカーが招かれます。

その大学の卒業生や、大学にゆかりのある著名人が大半ですが、あっと驚くような有名人も登場したりするので、自分の卒業式が近づくとみんな「今年は誰が来るんだろう」とワクワクしながら発表を待つのです。

私のコロンビアの卒業式にも、もちろんゲストスピーカーがいましたが、、、、誰が来たのか、何を話したか、全く記憶に残っていません。

この”commencement speech”で有名なのは、アップル創設者スティーブジョブズのスタンフォード大学でのスピーチかなと思いますが、個人的にとっても心に残っているのは、ハリーポッター作者 J.K. ローリングのハーバード大学でのスピーチ。

そして、ロバート・デニーロが今年のNYU卒業生に向けて贈ったスピーチ。これがもう絶品で。。。何回も何回も再生して見ては、涙、涙、涙。

アメリカでは、学部ごとに卒業式が行われることが多いのですが、今回デニーロが招かれたのはNYUのTisch School of the Artsの卒業式。この学部は、テレビや映画、舞台の世界でキャリアを築いていこうというアーティストの卵たちにプログラムを提供している、いわばディレクター、俳優、脚本家の養成所。

卒業はおめでたいことではあるけれど、この業界、学位を手にしたからといって、仕事がばんばん舞い込んでくるということは、もちろん、ありません。デニーロは言います。

“On this day of triumphantly graduating, a new door is opening for you: a door to a lifetime of rejection.”

「卒業できた!って意気揚々と喜ぶ君達に待っているのは、途切れることのない不採用の通知だよ。」

“Did you get straight A’s in school? If so, good for you. Congratulations. But in real world you’ll never get straight A’s again.”

「学校でオールA取ったって?それはすごいね。おめでとう。だけど、現実の世界でオールAは絶対にないからね。」

デニーロのようなベテラン俳優でも、欲しい役を演じるために、毎回オーディションを受けて勝ちとらなければならないという現実。自分が演じたい役を、無名の役者に奪われることも珍しくない、と彼が言うように、有名だから、実力があるから、というだけで役は回ってきません。

“Rejection might sting but my feeling is that often it has very little to do with you. When you’re auditioning or pitching, the director or producer or investor may have something or someone different in mind. That’s just how it is. That happened to me for the role of Martin Luther King in Selma, which was too bad because I could’ve played the hell out of that part. “

「不採用の通知を受け取るのは辛いけど、ほとんどの場合は、自分の実力とは関係ないことが多いんだよ。監督や制作者、投資家の頭にあるイメージと違ってたってだけだから。ほら、この間のマーティン・ルーサー・キング Jr.を題材にした映画で、あの役がものすごくやりたくて、うまくやる自信もあったんだけど、、、笑」

いくら頑張っても、デニーロにキング牧師の役は来ないでしょう。

「この先の人生、大変なことの方が多い。それは間違いない。だけど、自分を信じて、道を切り開いていって欲しい。上手に気持ちを切り替えながら、前に進んでいくんだよ。」デニーロ自身、自分にそうやって言い聞かせてここまで来たのでしょう。言葉に重みがあります。

「これからの人たちに、僕は本当に期待してるんだ。今日は、映画監督プログラムの卒業生たちに渡そうと思って、自分のレジュメと写真をいっぱい持ってきたからね。」と、スピーチを締めくくった彼の心の大きさ、暖かさに、私の目は決壊寸前。

そうだよね、一度や二度の失敗で自分をあきらめてちゃダメなんだ。成功している人は、人一倍失敗してる人。失敗を繰り返しながらも、一歩でも二歩でも歩みを進めていける強さをもちたい。

そして、彼のように、何歳になっても後継の人たちに希望と勇気を送り続けられる人間になりたい。そう心から思いました。

偶然?奇跡?必然?No coincidence, no story.

ニューヨークにいた時のことです。

アパートのリビングルームでルームメイトと共通の友人の話をしていました。その友人にはもうすぐ1歳になる男の子がいますが、ルームメイトはまだその子の顔を見ていません。「めっちゃ、かわいいんだよー。写真撮っておけば良かったねー」と私が口にした数秒後、私のiPhoneにメールが入りました。その友人からでした。しかも”My son misses you!”と男の子の写真付き。あまりのタイミングの良さに言葉を失う私。一方のルームメイトは、「私たちは心のずっと深いところでみんな繋がっているんだから、全然不思議なことじゃないわ」と涼しい顔。

他にも、ある友達のことを考えていたら、その友達から電話が入ったとか、部屋の片付けをしていたら目の前に本が落ちてきて、開いたページに自分が探していた情報が書いてあったとか。こんな経験、皆さんにもあるのでは?ルームメイトが言うように、私たちの想念は時空を超えて交信しあっているのでしょうか。。。

なぜこの話を思い出したかというと、アメリカのラジオ番組に”This American Life“というもうすぐ20年目を迎える長寿番組があるのですが、そのアーカイブに、私が体験したような「偶然」のもっとすごいバージョンが次から次と出てくるエピソードがあったから。タイトルは”No coincidence, no story“。

もう、あまりの「あり得なさ」の連続に、「うわー」「まじでー」と何度も声が出ます(一人で聞いてたんですけどね、もちろん。)。

中級レベル以上の英語力があれば十分楽しめる内容だと思いますので、ぜひ上のリンクからアクセスして聞いてみてください。トランスクリプトも用意されているので、聞き取れなかったところは読んで確認できます。

logo-v5

This American Life“は、毎週決まったテーマがあって、そのテーマに沿ったエピソードが3〜4つ集められて構成されています。

ほとんどのエピソードは、一般の人々が実際に体験したお話。テレビや新聞には決して取り上げられないけれど、多くの人の共感や感動を誘う内容になっています。

20年間で550以上のエピソードが放送されていて、過去に放送されたエピソードは全て番組ウェブサイトから聞くことができます。

私も聴き始めてまだ数週間ですが、ぜひ聞いてほしいエピソードがたくさんあります。これから少しずつシェアしていきますね。

他にも聴きごたえのあるPodcastsいろいろ発見したので、そっちも紹介していきたいと思います。

Less is more: 毎日を“特別な日”のように生きる

最近本屋さんに行くと目立つところに置かれているこの本。発売されて半年くらい経ちますが、まだまだ売れているみたいですね。
フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

アマゾンではこんな風に紹介されています。
『高級料理を食べて、たくさん買い物をして、
あちこち旅行をしても、
心からの満足を感じられないあなたへ。

典型的なカリフォルニアガールだった著者は、
フランスの貴族の家にホームステイすることになる。
その家を取り仕切るマダム・シックから学んだのは、
毎日を“特別な日”のように生きること。

*間食はせず、食事を存分に楽しむ。
*上質なものを少しだけ持ち、大切に使う。
*日常の中に、ささやかな喜びを見つける。
情熱的に、お金をかけずに、生活を心から楽しむ方法が満載。 』

この本の中で私が一番心惹かれたところは、フランス人の「食べること」、「飲むこと」を真剣に楽しむ姿勢。いわゆる”guilty pleasure”(後ろめたい気持ちを感じながら味わう快楽)が存在しないという事実。その替わり、手っ取り早くスナック菓子なんかで空腹を満たすことをしない。おいしい物をおいしく食べることに全力を傾ける生き方って魅力的。

あと、人と比べないってこと。自分のスタイルがしっかり確立されているから、「流行しているから」「みんな持っているから」というだけで、物を買ったりしない。流行に流されて(踊らされて)消費しないという以上に、消費のペースが圧倒的に「ゆっくり」なんですね。英語のメディアでは”slow shopping” “slow fashion“なんていう言葉が登場しています。物ではなく、「経験」や「教養」を買うことを選ぶ人が増えているというのはうれしい。

物を買わない、テレビを見ない、よく歩く、などは、私も実践できている。だけれど、「毎日を特別な日のように生きる」というこの言葉にはドキッとしてしまいます。シンプルだけど、実践するのは超難関のこのスピリット。忘れないように額に入れて部屋に飾ろうかな。

この著者のことをもっと知りたくなって、ググってみたら、彼女のウェブサイトを発見。

The Daily Connoisseur

マダムシックから学んだArt of livingを実践するための秘訣が、ブログやビデオで惜しみなくシェアされています。

YouTubeチャンネルはこちら

下のビデオでは、近藤麻理恵さんの人生がときめく片づけの魔法が紹介されています。(こっちも相変わらず、すごい人気

そしてそして、なんと今日、そう、今日4月20日、プロモーションのため東京入りするのだそうです!彼女のウェブサイトには、22日7時から新宿紀伊国屋サザンシアター店でサイン会とあります。お近くの方はお見逃しなく!

How to “dress” your salad & Nigella Lawson videos

ここ数週間、時間があるときYouTubeでずーーーっと見てるのが、イギリスの料理家Nigella Lawsonの料理番組。90年代後半から始まった彼女のお料理番組。Nigella Bites, Nigella Feasts, Nigella Express, Nigella Kitchenと進化して、今はアメリカの料理チャンネルにも進出してるみたいですが、90年代後半から2010年までに放送されたものが、今年に入ってどどーんとアップロードされたのです。

美人でセクシーな外見とは裏腹に、動作全てが豪快。食べっぷりもめちゃくちゃいい。撮影は彼女の自宅で行われているので、ライフスタイルも覗けて、とにかく楽しい。何回見ても飽きない。

エピソードがたくさんあるテレビ番組をオンラインやDVDで一度にまとめて見ること、英語で”binge-watching”というのですが、昨日の私を英語で表現すると、こんな感じ。

I was up till 3 a.m. binge-watching Nigella’s cooking shows on youtube.
(youtubeでナイジェラの料理番組ずーっと見てたら朝の3時になってた。。。)

それで、昨日は(も?)↓のビデオをを見てたのですが、サラダのドレッシングを作りながら、ナイジェラが面白いイタリアのことわざを教えてくれたので、シェアしたいと思いました。

こうです。

“Italians say you need four people to dress a bowl of salad. A generous person to pour the oil, a wise person to sprinkle the salt, a stingy person to add the vinegar and a patient person to toss it – 33 times is said to be the minimum.”

イタリア人は、サラダのドレッシングを作るのに4種類の人間が必要だと考える。気前がいい人がオイルを注ぎ、思慮深い人が塩をふり、ケチな人が酢を加え、忍耐強い人がサラダを和える。最低でも33回。

なるほどー。

ところで、サラダの「ドレッシング」って英語の”Dress”から来てること知ってましたか?

サラダにドレッシングをかけること、英語にすると、”We dress a salad with olive oil and salt.” (直訳:サラダにオリーブオイルと塩のドレスを着せる)なんて言えます。

今日のサラダには何を着せましょうかねー。忍耐強い人が足りないときは、声かけてくださいね。サラダスプーン持って駆けつけますので(笑)。

Theo & Beauのお昼寝写真が本になりました。

Theo と Beauのお昼寝写真、見たことありますか?

カリフォルニアで3人(当時)の子供と暮らすお母さん。息子のBeauと飼い犬Theoのお昼寝してる姿があまりにかわいくって、写真を撮ってインスタグラムにアップしたのが15ヶ月前。その写真がこれ。

OMG I can barely stand it. Napping buddies. (Going on 2 hours!) #lastone #fornow

A post shared by Jessica Shyba (@mommasgonecity) on

二人(?)のお昼寝タイムはその後も続き、毎日ベッドルームで二人の寝顔を撮ってはインスタグラムにアップする、というのがお母さんの日課になりました。

Fortunately he had just been bathed (not that Beau minds either way). #theoandbeau

A post shared by Jessica Shyba (@mommasgonecity) on

everybody was Kung-Fu fighting 💤🎶 #theoandbeau #latergram

A post shared by Jessica Shyba (@mommasgonecity) on


二人の寝顔を心待ちにするファンがどんどん増えていき、”international sensation”を巻き起こすまでに時間はかかりませんでした。

そして、、、二人のフレンドシップは、昨日一冊の本となって、世界に飛び出しました。

世界同時発売なのでしょうか。今朝チェックしたら日本のアマゾンでもちゃんと発売されていました。すごい!うれしい!

Naptime with Theo & Beau

実は、Jessicaのインスタグラム&ブログを見つけたのはつい最近のこと。Theo & Beauの寝顔があまりにcute & peacefulで、あっという間に虜になり、昨日は夢の中で、この本を予約までしていました(笑)。書店の店員さんに、「この本を予約したい」と本の名前を言ったら、「うわー、早く手に入れたいですよねー。待ち遠しいですよねー。」と共感してくれたという!ホンワカした夢を見させてくれてありがとう。

この家族はニューヨークに住んでいた時期があり、その時から子供たちに犬をねだられていたのだけど、飼いたくても飼える環境になかったそう。カリフォルニアに戻った後、みんなで動物シェルターに行って、Theoと運命的な出会いをすることになります。

ニューヨークが大好きだったというJessicaママ。Theoの誕生日が9月11日だと聞いて、改めてTheo に対する想い、NYCに対する想いが深まったとブログに書いてありました。この話を聞いて、私も涙せずにはいられませんでした。。。Theoはすごい使命をもって生まれてきたんだなー。

この本の売り上げの一部は、彼らとTheoを引き合わせれくれた動物シェルター Santa Cruz SPCAへ寄付されるとのこと。

写真だけじゃなくて、動いてるところも見たいという方は、本のプロモーションとして作られたこちらのビデオをどうぞ。何回見ても飽きない。泣ける。ぜひ!