News

「お日様が顔を出した」を英語で言うと?英語らしい英語を身につけるtips

9月も3週目に入り、ここ札幌はすっかり秋の陽気。日照時間も日に日に短くなって、朝晩の気温もぐっと下がり、 外を歩いていると「秋というよりは初冬と言った方が正確なのでは」と思うこともしばしば。手袋やマフラーが必要になる日も遠くないなあ。

高校卒業まで北海道で育った私ですが、通算20年近くを道外で過ごした後の札幌生活なので、毎日が新しい発見の連続です。

「今年はいつもより暑い。」とか「いつもより雨が多い。」と皆さんが言うのを聞いては、「へー、これがいつもの夏の気候だと思ってたけど、そうじゃないんだ。」と自分の認識を修正することに。

私にとっては、今見えてるもの、今感じられるもの全てが「札幌の今」なので、寒い日が続いたとしても、「これが札幌の秋なんだな。」って思うだけです。「いつもの年」と比べて「今年は寒い(暑い)!」なんて文句が出ることもなく。。。淡々とした毎日です。

先日レッスン中、「季節の移り変わりを英語で伝えたいのだけど、なかなか口から出てこない」と質問があり (Good question!)、まずは「寒くなってきた。It’s getting cold.」「日が短くなってきた。The days are getting shorter.」を紹介しました。

そしたら、別の生徒さんからまたまたナイスな質問が。

「じゃあ、『日が昇った(日の出)』と、『(雲間から)お日様が顔を出した)』はどう言いますか?」

こういう質問とっても嬉しいです。涙が出そうになるくらい。

英語でも日本語でも、とってもシンプルな表現で、簡単に言えそうなのに、言おうとしたら絶対に出てこない。しかも、この二つの表現「似てるけど、違う」ってことに気づけない人が多いのです。You don’t know what you don’t know!

こういう疑問が出てくるようになったら、英語脳が機能し始めている証拠。

この二つの表現を英語にすると、こうなります。

『日が昇った。』The sun is up.
『お日様が顔を出した。』The sun is out.

ここでは、”UP”と “OUT”の単語のイメージの違いをしっかり掴むと同時に、「be動詞が」「現在形で」使われていることも大切なポイントです。「昇る」「出る」という日本語を訳そうとしたら、”go”とか”rise”などaction verbs(動作を表す一般動詞)を使いたくなりませんか?それに、日本語は過去形なのに、どうして現在形?という質問もよく出ます。

私たちが日本語を直訳して、不自然な英語を多用してしまうのは、日本語と英語の視点の違いに気づけていないことが原因です。特に、ここで使われているようなbe動詞の感覚は、両言語の空間認識、時間認識の違いがしっかり理解できていないと、使いこなせるようになるまで時間がかかります。

逆にこの視点の違いに目が向くようになると、「日本語だと、この表現はでてこないよな。」「なるほど、こういう英語表現を使えばいいんだ。」と気づけるようになっていきます。そして、自分の英語の不自然さにも自分で気づけるようになっていくのです。

大事なことは、英語でのインプットの際に、しっかり意識を向けること。あとは、自信を持って使える表現を、焦らずコツコツ確実に増やして行くことです。「学ぶこと=まねぶ(真似する)こと」。遠回りに見えて一番の近道です。

最後に、日本人が間違いやすい表現をもう一つだけ。

「太陽が東から昇る」

これを英訳してみてください。「東から」につられて、The sun rises from the east. (x) と言いたくなりませんか?

英語では、

The sun rises (comes up) in the east. (太陽が東から昇る)
The sun sets (goes down) in the west.(太陽が西に沈む)

です。

どうして”from”を使わないか?この答えは、地球と太陽の関係から考えてみてくださいね〜。

Bees! Bees! Bees!

「次回のレッスンは、えっと、、、」

「今週金曜日から期末テストだー!」

「来週は、合宿があるから来られません。」

レッスンが終わると、カレンダーを見ながら、次のスケジュール日程を調整したり、テスト対策の特別レッスンを入れたりと、カレンダーはなくてはならない存在。なのですが、、、

今年に入ってから、ずっとカレンダーがない状態が続いていました。

ただ単に、気に入ったカレンダーが見つからなかっただけという理由なのですが、、、妥協できない性格なんですよね。

パソコンで作ったりしていたのですが、手間がかかる上、つい最近プリンターが壊れまして(涙)、今は、手作り感いっぱいのこのカタチに落ち着き、結構気に入っています。

ここ数ヶ月、蜂の世界にハマりにハマっている私。なので、カレンダーにももちろんhoney beesが登場。レッスンもIt’s all about the bees. 蜂一色(笑)。「あき先生、次に来たら養蜂始めてそう。」と、生徒たちに真顔で言われています。

全ては、このドキュメンタリーを見たことから始まりました。

地球上からミツバチ (honey bees) やマルハナバチ (bumble bees)といった蜂がすごい勢いで姿を消している。この現象 (Colony Collapse Disorder or CCD) については、新聞やソーシャルメディアで目にしていました。大学の入試問題(英語)でも取り上げられていたので、リサーチしたりもしていました。が、ここまで深刻な事態になっているとは想像もしていませんでした。

女王バチとか働きバチとか言葉はよく聞くけど、彼らがどんな仕事を担っているかと聞かれたらー No idea. 恥ずかしいほど無知でした。

私たちの毎日の食卓がどれだけ蜂に頼っているか、考えたことありますか?蜂がいなくなったら、私たちが日々口にしているものの3分の1は、「受粉できない → 育たない → 食卓から消える」。こちらのウェブサイトに代表的な食べ物の例が挙がっていますが、、、ワオ。野菜、果物のほか、ナッツ、コーヒー、綿、あずき、スパイスなども働きバチたちのお世話になっているのですね。

  • Apples
  • Mangos
  • Rambutan
  • Kiwi Fruit
  • Plums
  • Peaches
  • Nectarines
  • Guava
  • Rose Hips
  • Pomegranites
  • Pears
  • Black and Red Currants
  • Alfalfa
  • Okra
  • Strawberries
  • Onions
  • Cashews
  • Cactus
  • Prickly Pear
  • Apricots
  • Allspice
  • Avocados
  • Passion Fruit
  • Lima Beans
  • Kidney Beans
  • Adzuki Beans
  • Green Beans
  • Orchid Plants
  • Custard Apples
  • Cherries
  • Celery
  • Coffee
  • Walnut
  • Cotton
  • Lychee
  • Flax
  • Acerola – used in Vitamin C supplements
  • Macadamia Nuts
  • Sunflower Oil
  • Goa beans
  • Lemons
  • Buckwheat
  • Figs
  • Fennel
  • Limes
  • Quince
  • Carrots
  • Persimmons
  • Palm Oil
  • Loquat
  • Durian
  • Cucumber
  • Hazelnut
  • Cantaloupe
  • Tangelos
  • Coriander
  • Caraway
  • Chestnut
  • Watermelon
  • Star Apples
  • Coconut
  • Tangerines
  • Boysenberries
  • Starfruit
  • Brazil Nuts
  • Beets
  • Mustard Seed
  • Rapeseed
  • Broccoli
  • Cauliflower
  • Cabbage
  • Brussels Sprouts
  • Bok Choy (Chinese Cabbage)
  • Turnips
  • Congo Beans
  • Sword beans
  • Chili peppers, red peppers, bell peppers, green peppers
  • Papaya
  • Safflower
  • Sesame
  • Eggplant
  • Raspberries
  • Elderberries
  • Blackberries
  • Clover
  • Tamarind
  • Cocoa
  • Black Eyed Peas
  • Vanilla
  • Cranberries
  • Tomatoes
  • Grapes

現在、蜂をテーマにした総合的なカリキュラムを開発、実践中です。このカリキュラムに沿って学びながら、環境問題や、蜂の生態について、知識を深め、自分の言葉で問題を論じられる力を育てます。

第一回目は、イントロダクションとして、こちらのビデオを見ました。

“Please Please the Bees”  read by Rashida Jones (Storyline Online)

絵本の読み聞かせチャンネルですが、読んでくれるのは、スクリーンでバリバリ活躍中の俳優たち。

小さな子どもも楽しめるよう、ゆっくり、はっきり、読んでくれます。

内容は、熊のベネディクトの庭に住む蜂たちが、ある日突然ストライキに入り、ハチミツが届かなくなってしまって、どうしましょう!?!?、というお話。

じっくり読んで(聴いて)いくと、ストーリの奥深くに、私たち人間の社会へのメッセージ(警告?)が隠されていることがわかるはず。まずは難しいことは抜きに、この可愛らしい絵とストーリーを、Rashidaのナレーションと共にお楽しみください。

CCをオンにすると英語の字幕が出て来ますが、サインインすると、日本語の字幕を入れることもできるみたいです。試したことがないので、どのような仕組みになっているのかわかりませんが、レッスンで訳してもらって日本語キャプション入れてみようかな。

絵本の情報は、こちらから。

さて、最後に一つ質問です。

この絵本のタイトルを訳すとしたら、どんな風に訳しますか?

「お願い、お願い、蜂さん」とした方は、残念ながらやり直し。

ヒント : この二つの”Please”は同じ意味ではありませんよ〜。

できることから始めてみる。#plasticfreejuly

Plastic Free Julyも、始まって2週間以上経ちました。日本でプラスチックフリーを実践することは、相変わらずチャレンジングです。

完璧にやろうという気は毛頭ありませんが、それでも、買い物から帰って、プラスチック包装の山を前にすると、敗北感を感じずにはいられません。

この運動に参加している人たちのブログ記事を読んだり、インスタグラムの写真を見てまず頭に浮かぶこと。

「私の街にも定期的に立つグリーンマーケットがあったらいいのに。」

「庭があったらコンポストができるんだけどな〜。」

“If only we had a store like this nearby!” 「あー、こんなバルクのお店が近くにあったらいいのに。」

やるとなったら徹底的にやりたいタイプなので、ついつい「できないこと」にフォーカスして、「やってもしょうがない。」とやる気をなくしてしまいがち。そこを何とか踏ん張って、「いやいや、これでも1週間で見たら、プラスチックゴミは激減してるし、買い物の仕方も随分変わってきてるじゃない。Keep up the good work!」と自分を励ましながら、続けています。

日常で出るゴミ(プラスチックに限らず)をできる限り少なくするために、私が続けてきていることをシェアします。

Baking soda, Citric acid, hand-made soap, brushes, and a cloth shopping bag
  1. Choose paper over plastic
    紙で包装されているものを選ぶ。パスタやお米など食料品はもちろん、お掃除に活用している重曹や、クエン酸、セスキソーダも、例えば、こちらのお店の製品のように。プラスチックが使われていないものを選び、また、なるべく容量の大きいものをまとめ買いするようにしています。
  2. Use brushes over sponges
    スポンジを使うのをやめました。マイクロファイバーももちろん使いません。亀の子束子は、台所だけでなく、浴槽のお掃除にも活躍してくれています。
  3. Make from scratch
    もともと手を動かすことが好きなので、自分で作れそうと思ったら、嬉々として挑戦してみます。手先の器用な知り合いが周りに多くて、そういう人たちから教わりながら、これまでいろいろな「手仕事」のレパートリーを増やしてきましたが(パン、豆乳、ヨーグルト、キャンドル、編み物 などなど)、お味噌と石鹸は、もうお店で買うことはないでしょうね。
hand-made soap
soy milk

これからチャレンジして見たいもの。最近とっても興味があるのが、手打ちパスタ。このビデオのように、野菜(パセリ、ビーツ、トマトペースト)やスパイス(ターメリック)を混ぜ込んだカラフルなパスタを作ってみたい!

あと、このように、牛乳以外の食材で作るヨーグルトも!

できないことを嘆くより、できることを数えてみる。その瞬間、新しい世界が目の前に現れるから不思議。

ということで、プラスチックとの戦い、根気強く続けて行きます。。。

It’s Plastic Free July!

Plastic Free July”の7月がやってきました!今年初めて参戦してみたのですが、始まって早々、大苦戦中です。。。

Plastic Free July”は、毎年7月の1ヶ月間、使い捨て前提で日々大量に消費されているプラスチック製品 (single-use plastics) をできる限りゼロに近づけて、ゴミ問題への意識を高め合おうという運動です。

2011年にオーストラリアのパースで始まった、このグラスルーツムーブメント。7年の時を経て、今年は160近い国々から、200万人を超える市民が、何らかの形でこの運動に参加する見込みということ。

世界中の参加者が、インスタグラムなどのソーシャルメディアを通し、#plasticfreejulyのハッシュタグを使って、プラスチックフリーで暮らすtipsをシェアしてくれています。マイバッグ持参は当たり前。野菜や果物、お豆にドライフルーツも、お店に備え付けのビニール袋は使わず、持参の布バッグに入れてお買い上げ。コーヒーショップでテイクアウトする際も、マイカップ&マイストロー持参。歯ブラシはバンブー。生理用品もこちらにシフト。徹底しています。

プラスチック包装天国の日本で、プラスチックフリーに挑戦したら、お店に行っても「買えるものが何にもない」ってことになりそうです。アメリカにいた頃は、毎朝の通学途中、バナナ1本とベーグル一個をお店で買って朝食にしていました。もちろん袋になど入っていません。日本のコンビニでは、バナナ一本でも丁寧に袋に入って売られていますね。。。

北米やヨーロッパでは、ファーマーズマーケットが定期的に開かれる街が多いし、スーパーに行っても、野菜や果物は包装なしで売られているところがほとんど。買い物客は好きな量を袋に入れて、キャッシャーに持っていくと、重さを測ってくれて値段が出るという仕組み。また、パッケージフリーで、量り売りしてくれるお店(バルクショップ)もあり、このようなお店に、布バッグ、ガラス瓶やステンレスの容器を持参して買い物するzero wasters(使い捨てのプラスチック包装を徹底的に避けて、家庭から出るゴミを限りなくゼロに近づけようと努力する人々)が年々増えています。

軽くて、フレキシブルで、気軽に使えてとっても便利なプラスチックですが、リサイクルには限りがあります。大半のプラスチックゴミは埋立地へ運ばれ、私たちが死んだ後も(400年以上)分解されないまま残り続けます。また、風で飛ばされ、海に流れ着いたものは、海の生き物を危険に晒したり、海洋汚染の原因になったりします。化学繊維の洋服を洗った際に出るマイクロファイバーの問題もありますね。

Single-use-plastics frequently do not make it to a landfill or are recycled.[11] A full 32% of the 78 million tons of plastic packaging produced annually is left to flow into our oceans; the equivalent of pouring one garbage truck of plastic into the ocean every minute. This is expected to increase to two per minute by 2030 and four per minute by 2050. By 2050, this could mean there will be more plastic than fish in the world’s oceans.[12] (Fact Sheet: Single-Use Plastics from Earth Day Network)

「プラスチックゴミのほとんどは埋立地にたどりつかず、リサイクルされることもない。年間生産される7800万トンのプラスチック包装の32%は、海に流れ着く。これは、毎分ゴミ収集車1台分のプラスチックゴミが海に流されているという計算。この数字は2030年までに「毎分2台分」に増えることが予想されている。この計算で行くと、2050年までに、海を泳ぐ魚より、海に流されるプラスチックの量が多くなる。」

ナショナルジオグラフィックのこの特集記事を読むと、プラスチックゴミの問題は、先進国と発展途上国の経済格差も絡んでくる複雑な問題であることがわかります。先進国にいる私たちがどれだけ頑張っても、世界の貧困問題が解消されないと根本的な解決にならないということなのですが、それでも、まずはやれることをやって行動を起こしていくこと。意識的に毎日を送る人が一人でも多くなったら、それがムーブメントになっていくのだと思います。

例えば、コンビニで付けてくれるストローやスプーンを断るとか、1ヶ月に消費するペットボトル飲料の量を半分にしてみるとか。どんな小さなことでも良いので、まずは始めてみること。

私のスクールでも、今月からプラスチックゴミの問題をカリキュラムに組み込んで、ディスカッションしていくことにしました。レッスンで取り上げた記事やリソース、そして、私が日々実践していることを、このブログでシェアしていきます。

リスニング上達の秘訣 – 自分の耳に頼らないこと

「文字で見るととっても簡単な文章なのに、耳で聞くと全く聞き取れない。」

入会間もない方々とのレッスンでディクテーションをやっていると、このようなコメントがよく返ってきます。

レッスンで使っている音声は、中学2年生レベルの内容で、スピードもゆっくり。難しい単語など出てきません。それでも、みなさん「速い!」「何回聞いても聞き取れない。」と苦戦されます。英検3級、準2級を取得済みの方もいるのですよ。

こうなってしまう原因は、「英語を耳で聞いて(文字情報なしに)内容を理解する」という訓練が足りていない、ということに尽きます。

「英語を文字で見るのと、音で聞くのでは大きな開きがある」と認識する機会がほとんどないということです。だから日本語を話すように、英語を話してしまうし、日本語を聞くように、英語が聞こえると思ってしまう。

リスニング力を上げるためには、英語らしく読む練習をしてみることです。

どこにアクセントが置かれている?どこが強く発音されている?リズムは?聞こえてくる音を、聞いた通りに真似て発声してみるという練習が必要。

また、真似てみた音やリズムが合っているかどうか、フィードバックをもらうことも不可欠。本当にそこにアクセントあった?日本語を話す時と同じような発声の仕方、口の動かし方で、英語を話してない?こういう面は、第三者に指摘してもらわないと気づけないものです。

**

リスニングが苦手な方に、もう一つアドバイス。

それは「自分の耳に頼りすぎてはいけない!」と言うこと。

ディクテーションしてると、”I want to *when* the game.” とか、平気で書いて来る子がいます。「ここにwhenが来るのおかしくない?」と聞くと、「だってwhen にしか聞こえなかったもん!」と言い張って譲りません(笑)自分の耳を信頼したい気持ちはわかるんだけど、、、。それとか、「I *cat* go there.  Cat? 変だよね。だけど何回聞いてもcatにしか聞こえない!」とかね。空耳アワー。で、どうして「猫」が出て来たのか考えてるうちに、他のところは全く聞き取れていない、というパターンもよくあります。

ネイティブスピーカーじゃないのだから、英語の音が100%正確に聞き取れなくて当たり前。だから、自分の耳ではなく、自分が持ってる(文法)知識を最大限に活用してください。Catにしか聞こえないけど、ここに名詞が来るはずないし、文脈的にもおかしいから、can’tだよね。」って素早く修正できるように。

そうやって修正していくうちに、音の情報と文字の情報の差がどんどん小さくなって行きます。

リスニング攻略法としては、「英語をたくさん聞く!」とか、「単語をいっぱい覚える!」というのがよく上がってきますが、「英語らしく読む」練習と、「自分の耳に頼りすぎない」ことを心がけて、ディクテーションやシャドウイングを続けてみてください。

Keep up the good work!