Siriと遊ぼう。

New York Timesのサイトに行くと必ずチェックするビデオレポート(Times Video)。

ちょっと前ですが、”Use the iPhone OS 8 like a pro“というビデオがアップされていたので見てみました。見た後、私が真っ先に試したのが、SIriを使ってラジオやプレイヤーから流れている曲を特定するという技。技と言っても、曲が流れている間に、”What’s playing?”とSIriに聞くだけです。

私は自分のiTunesの中に入っていたチャイコフスキーのバイオリン協奏曲を聞かせてみました。30秒ほどで、Voila! 正確な曲名、アルバムタイトルが画面に現れました。

IMG_0788指揮者も演奏者も当たってて、すごいー。

その後クラッシク音楽専門のインターネットラジオを聞いてたとき、「聞いたことあるー。だけどタイトルわかんないー!」っていう曲が流れてきたので、早速Siriさんの出番。今回もばっちり当ててくれました!(Mendelssohn’s Violin Concerto in E minor)

YouTubeでダウンロードした曲はどうなのかなーと思い、庄司紗矢香さんのメンデルスゾーンを聞かせてみました。コンサート会場で録音されたもの。こっちは残念ながら、わかんないって言われちゃいました。iTunes Storeで販売されているものしかデータベースにないのかもしれませんね。

曲名を教えてくれるだけじゃなく、海外の都市の天気や観光情報などもバンバン教えてくれるSiriさん。発音がまずいと全く言うことを聞いてくれないので発音矯正トレーナーとしても活躍してくれています。

iPhoneユーザーの方はぜひ彼女と仲良しになって、会話を楽しんでみて下さい。

昨年11月にNPR で紹介されていた自閉症の男の子とSiriのとってもキュートなエピソード。
こちらもぜひ聞いてみてください。

Apple’s Siri Helps Autistic Teen With Communication Skills

If you have good thoughts…

FotorCreatedこのコラージュは、Fotorという無料のオンラインappを使って作りました。もうご存知の方も多いかなーと思いますが、とっても簡単にオシャレーなコラージュやポストカードなんかが作れてしまうので、シェアせずにはいられませんでした。英語のサイトですが、サインアップも不要だし、感覚的に手を動かしていけば完成するようになっているので大丈夫。

写真の中にあるカードに印刷された言葉は、イギリスの作家Roald Dahlのもの。代表作は「チョコレート工場の秘密 Charlie and the Chocolate Factory」。

“If you have good thoughts, they will shine out of your face like sunbeams and you will always look lovely.”

内面の美しさは、あなたの顔、表情を通して映し出される。まるで太陽光のように。

だから、、、自分の心は常にピカピカに磨いておきたいですね。

お花は、トルコキキョウ。White Turkish bellflowers.

Rise like a phonix: MacBookに起きた奇跡

ここ最近MacBookに振り回されています。

前回の投稿で、Digital Detox!なんて息巻いたのがMacBookさんの気に障ったのでしょうか。書いた翌日いつものようにパソコンで作業していたとき、いきなり変な音がし出して、ブツッと電源が落ちました。何の前触れもなく。

「何これーーー!!!!」

急いで再起動をかけるも、変な電子音が鳴るばかりで、全然立ち上がってくれません。

「これはもうダメだ。」と今回はあっさりあきらめ、iPhoneでMacBookが買えるオンラインショップを探します。どこでもいいから、とにかく安くて、早く届けてくれるところ!と、鬼の形相でiPhoneを握りしめる私。怖い。。。

安いお店はたくさん出てくるのですが、そういうところは代引きか振込での支払いしか受け付けてくれず、却下。

そうやって探してるときに、ふと「日本で買ったらキーボードは日本語キーボードになるってこと?」という疑問が頭をよぎりました。

今まで使っていたのはアメリカで買ったもので、もちろんキーボードはUSキーボード。日本の友人の家でマックを使わせてもらっても、JIS規格のキーボードが使いこなせなくて打ち間違ってばかりだし、やっぱり使い慣れたUSキーボードがいい。何とか日本で買えないだろうか、と検索を開始。すると、出てくる、出てくる。USキーボードがいかに良いか、熱く語っておられるマックユーザーのブログが。ちなみに、ほとんどの方は「見た目」が選択のポイントでしたけれど。

アップルストアならUSキーボードのカスタマイズを無料でやってくれるということが判明。アップルストアonlineで購入することにしました。

注文したのが水曜日。届くのは早くても翌週の水曜日とのこと(あさって)。カスタマイズの商品は海外(上海)から発送されるので、余計に時間がかかるのだそうです。

1週間もパソコンなしなんて、仕事にならないよ。。。と泣きそうになりつつ、手元にある教材を活用して今のところ何とか乗り切れています。

で、今日は月曜日。新しいラップトップはまだ届いていません。「じゃ、このブログ何を使って書いてるの?」と思ったみなさん。実は、、、壊れたと思ってたラップトップの電源を押してみたら何と普通に起動したのです!!4日間クローゼットにしまったままにしていたのですが、昨日なぜか「ちょっと動かしてみよう」と思ったのですよね。そしたら問題なく動いちゃって。。。すっごく複雑な心境です。買わなくても良かったってこと??

でも、不安定であることに変わりないので、しばらくは2台使いでやっていきます。

実を言うと、2台あったらいいよなーってずっとずっと思っていたのです。生徒さんにパソコンで作業してもらったり、検索してもらったり、レッスンの幅が広がるなーって。(その時はMacBook2台というより、iPadとの組み合わせを考えていたのですが。)だから、このハプニングのおかげで夢がひとつ叶った!ってことにしようと思います。

さー、パソコン代カバーするべく、頑張って働くぞー。

バックアップとってますか?

久しぶりの投稿です。

最近私のラップトップの調子が悪く、再起動を繰り返す日々だったのですが、先週の金曜日とうとう起動しなくなりました。

急いでアップルストアのGenius Barに予約を入れ、土曜日の朝持って行きました。見てくれた方の話ではハードドライブが機能していなく交換が必要とのこと。早ければ当日中に仕上がるというので、祈る思いでお店を後にしました。

ハンドアウトを作りたくても作れない。ディスカッションクラスのためのリサーチができない。そういうときに限って、メールでのお問い合わせも続きます。iPhoneで必死に入力しますが、慣れないのでミスタイプばかり。きーっ!

それでも、すぐにマックが戻ってくると自分に言い聞かせながら、iPhone片手にアップルからの電話を待ちました。

しかし、電話は鳴りません。結局戻ってきたのは火曜日の夕方。スタッフの方の説明によると、問題はハードドライブではなかったようで、「新しいものを入れても起動しなくて、古いHDを戻したらきちんと動いたので、しばらくこれで様子を見てください。修理代はいりません」とのことでした。助かった!

今のところ問題なく動いてくれていますが、いつまた同じ症状が現れるかわかならいので、バックアップに余念がありません。

昨年4月にも似たような状況に陥り、ニューヨークのアップルストアでHDを交換しました。そのときは保証期間内だったので無料だったのですが、それから1年ちょっとでまた調子が悪くなるなんて。

でもそのときの教訓が生きて、バックアップをこまめにとっていたので、大体のデータは生き残りました。が、数日前にYoutubeで偶然見つけ嬉々としてダウンロードした”Downton Abbey”のシーズン1はすべて消えてしまいました。。。無念。全部見終わっていたことだけが救い(笑)。

私のバックアップは基本的にオンラインベースで、外付けのハードディスクは使っていません。

更新頻度の高いファイル(レッスンのハンドアウト等)はDropboxで同期させ、ダウンロードした記事や文献、ビデオはGoogle Driveにアップロードするか、Evernoteに保存しています。

iTunesの音楽に関しては、邪道ですがiPhoneをバックアップとして使い、DeTuneというソフトを使って、iPhoneからマックにデータを移動させました。

備えあれば憂いなし。このMacBookもあと何年生き延びてくれるかわかりませんが、いつ力尽きてもいいように、しっかりバックアップをとりながら、大切に使っていこうと思います。

皆さんはどうやってバックアップとっていますか?