リスニング上達の秘訣 – 自分の耳に頼らないこと

「文字で見るととっても簡単な文章なのに、耳で聞くと全く聞き取れない。」

入会間もない方々とのレッスンでディクテーションをやっていると、このようなコメントがよく返ってきます。

レッスンで使っている音声は、中学2年生レベルの内容で、スピードもゆっくり。難しい単語など出てきません。それでも、みなさん「速い!」「何回聞いても聞き取れない。」と苦戦されます。英検3級、準2級を取得済みの方もいるのですよ。

こうなってしまう原因は、「英語を耳で聞いて(文字情報なしに)内容を理解する」という訓練が足りていない、ということに尽きます。

「英語を文字で見るのと、音で聞くのでは大きな開きがある」と認識する機会がほとんどないということです。だから日本語を話すように、英語を話してしまうし、日本語を聞くように、英語が聞こえると思ってしまう。

リスニング力を上げるためには、英語らしく読む練習をしてみることです。

どこにアクセントが置かれている?どこが強く発音されている?リズムは?聞こえてくる音を、聞いた通りに真似て発声してみるという練習が必要。

また、真似てみた音やリズムが合っているかどうか、フィードバックをもらうことも不可欠。本当にそこにアクセントあった?日本語を話す時と同じような発声の仕方、口の動かし方で、英語を話してない?こういう面は、第三者に指摘してもらわないと気づけないものです。

**

リスニングが苦手な方に、もう一つアドバイス。

それは「自分の耳に頼りすぎてはいけない!」と言うこと。

ディクテーションしてると、”I want to *when* the game.” とか、平気で書いて来る子がいます。「ここにwhenが来るのおかしくない?」と聞くと、「だってwhen にしか聞こえなかったもん!」と言い張って譲りません(笑)自分の耳を信頼したい気持ちはわかるんだけど、、、。それとか、「I *cat* go there.  Cat? 変だよね。だけど何回聞いてもcatにしか聞こえない!」とかね。空耳アワー。で、どうして「猫」が出て来たのか考えてるうちに、他のところは全く聞き取れていない、というパターンもよくあります。

ネイティブスピーカーじゃないのだから、英語の音が100%正確に聞き取れなくて当たり前。だから、自分の耳ではなく、自分が持ってる(文法)知識を最大限に活用してください。Catにしか聞こえないけど、ここに名詞が来るはずないし、文脈的にもおかしいから、can’tだよね。」って素早く修正できるように。

そうやって修正していくうちに、音の情報と文字の情報の差がどんどん小さくなって行きます。

リスニング攻略法としては、「英語をたくさん聞く!」とか、「単語をいっぱい覚える!」というのがよく上がってきますが、「英語らしく読む」練習と、「自分の耳に頼りすぎない」ことを心がけて、ディクテーションやシャドウイングを続けてみてください。

Keep up the good work!

「声に出して読む」実践編

先ほど投稿した「声に出して読む」勉強法。ぜひトライしてみたいという方におススメのyoutube ビデオを見つけました。こちらのチャンネル。

Oral Reading Fluency in English by JenniferESL

上のビデオでは、彼女が定期的にアップロードしているOral Reading Fluency のビデオをどう活用していったらいいか、英語で説明してくれています。ゆっくり、わかりやすい英語で話しているのに加え、英語のキャプションも入っているので、無理なく理解できるのではないかと思います。

一つ一つのテキストの内容もとてもinsightful。ただ読むだけでなく、「自分だったらどう考えるかな」と考えながらやってみてくださいね!

次回はYoutubeのビデオのダウンロードの仕方、ビデオから音声への変換の仕方なんかについて書こうかなと思っています。

声に出して読んでみる。

英語のマテリアルを声に出して読む。これは、私が中級レベル以上の英語学習者の方に特におすすめしていることです。

読み物は、小説や詩などの文学作品だけでなく、ニュースの記事や、個人のブログ、リサーチペーパーなど、どんなジャンルのものでも構いません。

声に出して読むことのメリットはたくさんありますが、私が特に強調したいのは「英語のリズムが身に付く」ということ。読みやすい文章というのは、簡潔で無駄がなく、構文もシンプル。そしてロジカル。脇道にそれることなく、まっすぐポイントに向かっている文章は、声に出して読みながらでも、内容がスムーズに頭に入ってきます。立ち止まって意味を考えたり、何度も読み返す必要がないのです。

あと、発音やアクセントの位置があやふやな単語がわかって、目だけで読んでるときには読み流していたかもしれない単語を、きちんと辞書で調べるきっかけをくれますね。さらに、英語のコロケーションも読みながら自然に身に付いていきます。

私は自分で書いた英文も必ず声に出して読んでリズムや読みやすさを確認します。文法の間違いやタイポのチェックができる他、構文が複雑過ぎて自分で読んでも理解できない(!)文にも気づくことができます。

こちらの大学のライティングセンター(University Writing Center, Texas A&M University)でも、ライティングにおける”reading aloud”の重要性が強調されていました。「とっても効果があることなのに、学生はなかなか実践しようとしない」ので、どうやって学生をその気にさせるかインストラクター向けのアドバイスが載っています(笑)。

教える立場から言うと、声に出して読んでもらうことは、学習者の方が文の構成や内容をどこまで理解できているかが一目瞭然になるので、指導するポイントが明確になるという利点があります。

五感を使うReading aloudは、リーディングだけでなく、スピーキング、リスニング、そしてライティング、すべてのスキルを効果的に伸ばせる練習法だと思います。

誰でも簡単にできる練習法なので、まずは短い文章から始めて、その効果を体感してみてくださいね。