万能調理器って英語でどう言うの?

ニューヨークタイムズ紙のウェブサイトで定期的に更新されているTimes Video

その中でも私のお気に入りは、もちろん! お料理チャンネル。特に料理家Melissa Clarkが1週間に一度(くらい)の頻度でアップロードするクッキングのビデオは欠かさずチェックしています。

ここ数週間のテーマは”Spring Recipes”ということで、今朝は春らしいグリーンサラダのレシピが紹介されていました。いろいろな野菜をスライサー で薄切りにして、ドレッシングで混ぜ合わせるだけのシンプルなもの。Yum!


ビデオの中で、Melissaが開口一番、「スライサーを使うときは必ずこれを用意するように!」と言って見せているのが、これ。確かに。

Classic-Cut-and-Slash-Resistant-Gloves-Cut-Resistant-Level-5-Grey-Safety-Glove-Medium-Size
Kitchen Cut & Slash Resistant Gloves From WorkGlovesDepot Online

で、日本では一家に一台あるのではないかというこの「スライサー」。英語ではなんと呼ばれているでしょうか?

“Slicer”でも通じるとは思いますが、パンを切るスライサーや、お肉を切るスライサーなど、いろいろな種類のスライサーがあるので、もう少し限定してあげる必要があります。

答えは、上のビデオの中で見つけられますが、聞き取れなかったときは、こちらをクリック。Amazon.com

アメリカのアマゾンで”Benriner Japanese ******** slicer” という商品名で売られています。星マークのところがスライサーの英語名です。

“Benriner”って最初見た時は、メーカー名かと思って気にかけていなかったのですが、日本語の商品名を日本のアマゾンで見て爆笑。だって「ベンリナー万能調理器」だったんだもん。そのまんま!英語で書いてあると、ちょっと格が上がって見えませんか?

調理器具つながりで、英語の名前を紹介したいツールがあと二つありますのでお付き合い下さい。

まずは、こちらのツール。前回の投稿で登場したナイジェラ・ローソンが愛用していました。

http://www.nigella.com/products/classic
http://www.nigella.com/products/classic

これはMezzaluna [met-suhloo-nuh] と言います。イタリア語で”half moon”(半月)という意味なのだそうです。ふむふむ。

そして、こちら。私も毎日愛用してます。

http://www.seriouseats.com/2010/04/essential-kitchen-tools-every-kitchen-needs-to-have.html
http://www.seriouseats.com/2010/04/essential-kitchen-tools-every-kitchen-needs-to-have.html

これは”Spider” (スパイダー)と呼ばれています。蜘蛛の巣(Spider’s web)みたいですものね。

自分の家の台所にある調理器具。どれだけ英語で言えますか?

How to “dress” your salad & Nigella Lawson videos

ここ数週間、時間があるときYouTubeでずーーーっと見てるのが、イギリスの料理家Nigella Lawsonの料理番組。90年代後半から始まった彼女のお料理番組。Nigella Bites, Nigella Feasts, Nigella Express, Nigella Kitchenと進化して、今はアメリカの料理チャンネルにも進出してるみたいですが、90年代後半から2010年までに放送されたものが、今年に入ってどどーんとアップロードされたのです。

美人でセクシーな外見とは裏腹に、動作全てが豪快。食べっぷりもめちゃくちゃいい。撮影は彼女の自宅で行われているので、ライフスタイルも覗けて、とにかく楽しい。何回見ても飽きない。

エピソードがたくさんあるテレビ番組をオンラインやDVDで一度にまとめて見ること、英語で”binge-watching”というのですが、昨日の私を英語で表現すると、こんな感じ。

I was up till 3 a.m. binge-watching Nigella’s cooking shows on youtube.
(youtubeでナイジェラの料理番組ずーっと見てたら朝の3時になってた。。。)

それで、昨日は(も?)↓のビデオをを見てたのですが、サラダのドレッシングを作りながら、ナイジェラが面白いイタリアのことわざを教えてくれたので、シェアしたいと思いました。

こうです。

“Italians say you need four people to dress a bowl of salad. A generous person to pour the oil, a wise person to sprinkle the salt, a stingy person to add the vinegar and a patient person to toss it – 33 times is said to be the minimum.”

イタリア人は、サラダのドレッシングを作るのに4種類の人間が必要だと考える。気前がいい人がオイルを注ぎ、思慮深い人が塩をふり、ケチな人が酢を加え、忍耐強い人がサラダを和える。最低でも33回。

なるほどー。

ところで、サラダの「ドレッシング」って英語の”Dress”から来てること知ってましたか?

サラダにドレッシングをかけること、英語にすると、”We dress a salad with olive oil and salt.” (直訳:サラダにオリーブオイルと塩のドレスを着せる)なんて言えます。

今日のサラダには何を着せましょうかねー。忍耐強い人が足りないときは、声かけてくださいね。サラダスプーン持って駆けつけますので(笑)。

最近お気に入りのお料理チャンネル on Youtube

暇さえあればYoutubeのお料理チャンネルをチェックしている私。
最近よく見ているのがByron Talbottのチャンネルです。

元は有名レストランのシェフだったという彼。仕事の舞台を自宅のキッチンに移し、毎週様々な料理やお菓子を作ってyoutubeで公開しています。市販のものはなるべく使わず、食材はできる限り自分の手で作るというのがこだわりのようで、パスタもパスタマシーンを使って作るし、ヌテラもちゃちゃっと作っちゃう。

Kitchen Aidのスタンドミキサーとか、Vitamixとか、立派な道具も出てくるけれど、基本的にはどこの家にでもある道具、材料で作れるレシピばかり。

ビデオを見ていて私が一番心惹かれるのは、彼の手さばき。野菜や果物の皮を剥く、スライスする、フライパンの魚をひっくり返す、といった作業のひとつひとつをとっても丁寧にこなす様子は、見ていて惚れ惚れします。

あとは作業中のキッチンカウンターがいつもきれいに整頓されているのもさすがって思います。

奥様のRachel Talbottも自分のyoutube channel を持っていて、ファッションやメイクアップ関連のビデオを定期的にアップロードしています。(こちら。)

この奥様、Byronのビデオにも試食係として時々出てくるのですが、一口食べて感想を言った後も、ビデオの前でずーっと食べているのが面白い。カメラ目線なんだけど、フォークを持つ手はしっかりお皿に向かっている(笑)。

下のビデオでは、お魚ウィークということでPan Roasted Halibut(オヒョウ)を作っています。Yum!

My favorite cooking channelsと計量のことなど

前回の投稿で、「ごはんより好きなもの」としてパンケーキを作ってるビデオを紹介したのですが、ごはんよりパンケーキが好きという訳ではありません!

私は小さいときから料理番組が大好きで、キューピーの3分クッキングや、NHKの「きょうの料理」など、欠かさず見ていました(料理好きの祖母と一緒に)。料理が好きというよりは、料理している人を見るのが好きみたいです。あざやかな包丁さばきや、手際よくフライパンを振る姿に魅了されます。

テレビだけでなく、小説の中に出てくるお料理の場面も、読んでいて心が踊るほど好きなのです。何なんでしょう。

自分で料理をするようになってからも、実際に作るためというよりは、娯楽として見てることが多いように思います。合わせるチャンネルはテレビのチャンネルではなく、Youtubeの番組ですが。

一番のお気に入りは、昨日紹介したEveryday Food with Sarah Carey。マーサ・スチュアートのチームメンバーとして活躍するSarahは、とにかく明るくて、話が面白い。ものすごい手際の良さで、ちゃちゃっと立派に見える一皿を仕上げてしまうので、私にもできるんじゃないかって思わせてくれます。(たぶん、できるはず!)

料理番組を見ながら、野菜など材料の名前や道具の名前がどんどん頭に入ってくるのがうれしいですが、それ以外にも、動作を表す単語(cut, slice, mix together, add, put etc)、味、おいしさ、食感を表現する形容詞(salty, delicious, crispy, mushy etc)もたくさん学ぶことができます。

その他おすすめできるチャンネルとしては、Jamie OliverのFoodTubeかな。彼がメインのチャンネルですが、いろいろなゲストyoutubersが登場して、得意料理を披露してくれています。

たとえば、カップケーキ専門のビデオを作ってるJemma。

こっちは、イタリア人シェフ(Jamieの師匠の師匠?)が教えてくれるカルボナーラのレシピ。

「作ってみたい!」というレシピが見つかった方に、アドバイスをひとつ。”1 cup”の大きさは日本、アメリカ、イギリスで違います。日本の1カップは200 mlですが、アメリカでは240 ml、イギリスでは250mlとなります。Sarahのレシピはアメリカのカップ、Jamieのチャンネルはイギリスのカップで計量してくださいませ〜。

Happy cooking!

How to build your vocabulary: 英単語を楽しく増やすコツ

私には、人に自慢できるような特技はほとんどないのですが、最近「これって特技って言えるかも」と思えるものが見つかりました。

それは、気に入った本やビデオを飽きることなく何度も何度も繰り返し楽しめるということ。

「何度も」というのは、最低でも100回。短期集中ではなく、長期に渡っての「深く、長い」おつきあい。本なら、表紙がぼろぼろになるくらい。ビデオなら台詞を丸暗記できるくらい。

この特技は語学を勉強しているときに特に活きてきます。

例えば、こちらのインタビュー。
Songwriters Behind ‘Frozen’ Let Go Of The Princess Mythology

放送されたとき話に引き込まれて、すぐにダウンロード。iTunesのプレイリストに入れて、BGM替わりに毎日のように聴いています。何度も聴いているのに、毎回わくわくしながら楽しめる、毎回毎回同じところで笑える。。。これって自慢はできないかもしれないけど、特技であることは間違いない!と思えるようになりました。

インタビューに出てくる、聞き慣れない単語や言い回し。知ってても聞き取れない言葉。何回も何回も繰り返し聴いてるうちに「聞こえてくる」ようになる言葉もあれば、何回聞いてもわからないままの言葉もあります。「これは何回聞いても無理!」と思ったらトランスクリプトで確認して、意味を調べます。そしてまた聞く。それを繰り返しているうちに、知らなかった言葉が自分のものになっていく。「体で」理解できるようになっていくのです。

ボキャブラリーをどうやって増やしていけばいいですか?という質問をよく受けますが、私はこのように実際使われているコンテクストの中で語彙を増やしていくのが、一番効果的だと思ってお勧めしています。

単語帳やフラッシュカードで覚える人も多いでしょう。だけど、じゃあその単語どういう場面で使えるの?書き言葉?話し言葉?誰に言っても通じる言葉?どんなニュアンスが入っている?といった情報は、この方法では体得するのが難しいでしょう。それに、単語帳で覚えるのって楽しくない!私には「苦行」としか思えない。

まずは自分が「好き」で、何回見ても(聞いても)飽きない!ついつい何度も聞いてしまう!と思えるようなトピック、ジャンルを掘り下げていくことから始めましょう。

ちなみに私が「ごはんより好き!」って思えるジャンルは、これ(笑)。