歌って学ぶ英語のフレーズ: “Count On Me” by Bruno Mars

「英語の歌を歌って、英語の勉強したいんですけど、おススメありますか?」

小学生の女の子から質問されました。が、最近の流行に全くついていけていないわたし。困って、「どんな音楽が好きなの?」と聞いたら、「Bruno Marsとか?」ということだったので、彼らの曲を片っ端から聞いて、見つけたのがこれ。

使われている英語のレベル、歌いやすさ(テンポ)、歌の内容、すべてにおいて、「これ以上ない」というくらい spot on。特に、小学生から高校生くらいの英語学習者にピッタリ。

大切な友達が、簡単に解決できないような困難にぶち当たって、悩み、苦しんでいたら、どんなことをしてでも助けるから。それが友達ってものでしょ。だから、一人で悩まないで、自分に相談してよ。信頼してくれて大丈夫だから。いつでも頼ってよ。”Count on me!”

Count on A”は、「Aを頼りにする、Aに任せる」という意味。サビの部分、

“You can count on me like one, two, three. I’ll be there”

ここでは、「頼りにする」という意味の”count on”に、「数える」という意味の”count”をかけて使われています。「1、2、3って数えてみて。任せてよ。すぐに駆けつけるから。」

逆に、全く頼りにならない友達がいたら、”You can’t count on him/her!”と言ったり、自分が頼りにされたら困るというような状況では、”Don’t count on me!”と言って、牽制したりできます。例えば、こんな状況。

A: Hey, can you come pick me up at the station this evening?  (今晩駅に迎えにきてもらえる?)

B: Don’t count on me. Not sure what time I can leave office. (当てにされても困るよ。何時に会社出られるかわからないから。)

***

動詞”count”についてもう少し掘り下げてみましょう。

COUNT me IN / COUNT me OUT

“Count on me”ととてもよく似ていますが、 “Count me in“という表現があります。これは、直訳すると「自分も数に入れて。」という意味で、要は、「自分も参加する。」とか「自分も仲間に入れて。」ということ。

A: We’re going to the movies tonight. Do you want to join us? (今晩みんなで映画行くけど。どう?)

B: Yes! Count me in! (行く!行く!)

“Count me out” だと全く逆の意味になって、「自分は数に入れないで。→ 自分は興味ない。遠慮します。」という意味になります。

A: We’re going to the movies tonight. You’re coming, right?(今晩みんなで映画行くけど。来るよね?)

B: Um, I have to finish my assignment by tomorrow. So, count me out. Sorry. (課題明日までに終わらせないといけないから。やめとく。ごめん。)

 

Comic books don’t count. 「漫画は数に入りませんよ。」

これは、どういう場面で使われるか、簡単に想像できますよね?例えば、

“How many books did you read last year? Comic books don’t count, by the way.”
(昨年は何冊本読んだ?あ、漫画は数に入らないから、入れないでよ。)

それとか、映画「マイ・インターン (the Intern) 」では、こんな風に使われています。

She loves to ride her bike through the office.

That woman does not like to waste time.

Plus, she counts it as exercise.

(彼女、オフィス内を自転車で移動するのが好きなんです。
時間を無駄にするのが好きじゃないから。
それに、エクササイズとしてカウントしてるのでね。)

Age doesn’t count. 「年齢なんか問題じゃない。関係ない」

この場合の”count”も「(物・事が)数に入る」という意味から派生して、「(物・事が)→ 重要だ。大切だ。」という意味になります。自動詞なので、後ろに目的語はきません。

A: Oh, I really wanted to come pick you up, but …  (迎えに行ってあげたかったんだけど、、、)

B: Oh, it’s okay. It’s that thought that counts. Thank you anyway. (大丈夫。その気持ちがうれしいです。ありがとう。)

It’s that thought that counts.” この表現は是非セットで覚えてください。やってあげたいことがあっても、様々な事情で行動に移せなかった場合、「その気持ちだけでうれしいですから。気にしないでください。」と言って、相手の気持ちを軽くしてあげられます。ちなみに、”it’s *** that …” は強調構文ですね。That thought counts.という文のthat thoughtを強調しています。

まとめ

「好きな曲で英語を学ぶ」場合、大事なこと。それは、単に日本語の意味をネットで探して内容を理解するだけでなく、使われている言葉一つ一つがもつ意味を「英語で」しっかり捉えるということ。

この歌で使われている単語やフレーズは、中学から高1レベル程度。しかも、”be supposed to do”とか “remind”とか””stuck” など、日常生活で聞かない日はないというくらい最重要の表現ばかり。歌詞をしっかり理解して歌うことで、単語のイメージ、意味の広がりが体感でき、自信を持って使えるようになります。

また、音に合わせて歌うことで(なりきって!)、英語のリズム、発音も身についていきます。

最初から100%を目指そうとせず、まずは、サビの部分から始めてみてください。それから、自信を持って歌える部分を少しずつ増やしていくと良いでしょう。

これからも、おすすめの曲があれば、ご紹介していきますね。

I hope this helps!

Hello 2018! そして、2017年を振り返る。

2018年を迎えて、1週間が過ぎました。まだお正月休み中の方もいるでしょうか。

新しい年を迎える前に、ゆっくり2017年を振り返るチャンスを持とうと思っていたのですが、年末は慌ただしく過ぎてしまい、このタイミングになってしまったという、、、。

皆さんにとって、2017年はどんな一年でしたか?

私にとって2017年は、たくさんの発見と学びの機会に満ちた年でした。

お仕事を通して多くの出会いがありました。東京と札幌で、旧友とのうれしい再会も!

全く未知の分野での翻訳・通訳の依頼に、専門用語満載の資料を必死で勉強したりもしました。

だけど、昨年、一番大きな収穫は、札幌市の図書館カードを作ったこと!!

札幌に住んで、4年目にして初めて手にしたライブラリーカード。どうして、もっと早く作らなかったんだろう。中央図書館には、今まで何度か足を運んでいました。でも、書架をさらっと見て、「これと言って読みたい本がないなー」って感想で、何も借りず帰ってきてたのです。

ある時、本屋さんで見て買おうかどうか迷っていた本を、何気なく(本当に何気なく)、オンラインで検索して、その蔵書の充実ぶりに驚き、予約システムの便利さに目を見張り、この4年間、宝の山に全く気づかず、無駄に過ごした自分を悔やみました。

それからは、2週間に5、6冊(時には10冊)のペースでチェックアウトして、5月から12月までの8ヶ月で、100冊くらい読んだかな?流し読みした本もたくさんあるし、読まずに返した本もあるので、実質80冊くらいでしょうか。

一番心に残っているのは、”Brooklyn” by Colm Tóibín. (日本語版は、「ブルックリン」)

一昨年ぐらいから、アメリカのメディア(特にブログ)でこの表紙を頻繁に見かけ、ものすごく気になっていたのです。2015年の映画化がきっかけだったのだと思います。

内容は、簡単に言うと、1950年代初頭、アイルランドから単身ニューヨーク・ブルックリンに移住して来たEilisが、仕事や恋愛での様々な葛藤を通して、大人の女性として力強く成長していく姿を描いたお話。一応ラブストーリーだけど、淡々と、静かに進んでいく文体がとても好みでした。

映画はどんな感じなのかなーと思い、ユーチューブで検索してトレイラーやクリップをいくつか見ていたら、私のイメージとピッタリで(と言うか、それ以上!)、気分的には「映画も見ました!」って言っちゃいそうなくらい、たくさんのシーンを何度も何度も再生して楽しみました。映画館で見たかった。。。

著者のコルム・トビーン(Colm Tóibín)が、映画の感想を語っているビデオがあるのですが、これがとても良いのです(日本語訳はありませんが、英語の字幕は付いています)。

多くの人が一番のお気に入りと言っている夕食のシーン(子役のフランキー最高!)と、最後のシーンを取り上げて、時代背景や、映像と小説の違いなど絡めながら話してくれているのですが、最後のシーンについての彼のコメントが、最高に素敵で、何度見ても泣けてしまいます。(Spoiler Alert: 映画を見てない人は、結末がわかってしまうので注意。)

この、小説には書かれていない場面について、彼はこう語っています。

“I’m an absolute sucker for that scene. Of all the scenes, that’s the one that gets me. And I wrote the book, you know, I’m sitting there with that bit I didn’t write, thinking –I’m in tears, and I think this is so great. This part was filled for me, that I had left empty.”
(最後のところは、本当に気に入ってるんだ。全てのシーンの中で、強く心に残る場面だよ。この本を書いたのは自分なんだけど、自分が書いてない場面を見て、自然と目に涙が浮かんでる。すごくいいって思いながら。この場面は、自分が敢えて空白にしておいた部分を埋めてくれているんだ。)

*be a sucker for は、「〜に目がない」という意味です。

キャスト、脚本、映像、そして、お洋服、すべてに100点をあげたい。素敵な映画を作ってくれてありがとうと言いたい。(見てないけど!)

アマゾンでストリーミングして見ようかな。

「私らしいでしょ。」を単語3つで言うと。。。

先週とっても久しぶりに映画を見てきました。
札幌の狸小路にあるシアターキノは毎週木曜日がレディースデーで、女性は1000円で映画が観られます。

その日、私が選んだのはこちらの映画。

フランシス・ハ Frances Ha

frances_haニューヨークでプロのダンサーを目指してトレーニングに励むフランシス。憧れのニューヨークでの生活は、毎日が刺激に満ちて楽しい。だけれど、ダンサーとしてはなかなか芽が出ず、所属するダンスアカデミーではいつまで経っても2軍選手のまま。家賃の支払いもままならない。現状打開しようと頑張るも、やることなすこと裏目に出てしまう。。。20代後半のときの自分と重ね合わせて見ました。

今回一番ドキドキした場面は、映画が始まってすぐ、iPnone の着信音が静かな映画館に鳴り響いた時。

「やば、電源ちゃんと落としてなかった??」と心臓が止まりそうなほど慌てた私。

上映前に何度も確認したのに、おかしい、、、と思っていたら、その音は映画の登場人物の電話が鳴った音でした。

こういうこと、最近多くないですか?自分の電話の着信音とメディアの中から聞こえる電話の音がかぶるってこと。家で作業しながらインターネットラジオやビデオを見たり聞いたりしている時に、テキストメッセージやメールの着信音が聞こえて、急いで電話に駆け寄ると自分の電話じゃなかった、、、ってことが増えました。

着信音を変えればいいだけなんですけど、なんだか愛着があって変えられないんですよね〜。

映画を見ていて、すっごくシンプルだけど英語らしいなーって思う一言がありました。

フランシスの親友ソフィーがフランシスに、翌朝ガラパゴスに旅立つことになっているのだけど、全然パッキングしてないので長居できない、と説明しているところ。

「(明日出発なのに何の準備もしてないなんて)私らしいでしょ。」とフランシスに言います。
(実際の字幕がこの通りだったかは定かではありません。ご了承くださいませ。)

この「私らしいでしょ。」英語だとどうなるでしょうか。単語3つで表現してみましょう。

答えは下のビデオのなかに!