Hello 2018! そして、2017年を振り返る。

2018年を迎えて、1週間が過ぎました。まだお正月休み中の方もいるでしょうか。

新しい年を迎える前に、ゆっくり2017年を振り返るチャンスを持とうと思っていたのですが、年末は慌ただしく過ぎてしまい、このタイミングになってしまったという、、、。

皆さんにとって、2017年はどんな一年でしたか?

私にとって2017年は、たくさんの発見と学びの機会に満ちた年でした。

お仕事を通して多くの出会いがありました。東京と札幌で、旧友とのうれしい再会も!

全く未知の分野での翻訳・通訳の依頼に、専門用語満載の資料を必死で勉強したりもしました。

だけど、昨年、一番大きな収穫は、札幌市の図書館カードを作ったこと!!

札幌に住んで、4年目にして初めて手にしたライブラリーカード。どうして、もっと早く作らなかったんだろう。中央図書館には、今まで何度か足を運んでいました。でも、書架をさらっと見て、「これと言って読みたい本がないなー」って感想で、何も借りず帰ってきてたのです。

ある時、本屋さんで見て買おうかどうか迷っていた本を、何気なく(本当に何気なく)、オンラインで検索して、その蔵書の充実ぶりに驚き、予約システムの便利さに目を見張り、この4年間、宝の山に全く気づかず、無駄に過ごした自分を悔やみました。

それからは、2週間に5、6冊(時には10冊)のペースでチェックアウトして、5月から12月までの8ヶ月で、100冊くらい読んだかな?流し読みした本もたくさんあるし、読まずに返した本もあるので、実質80冊くらいでしょうか。

一番心に残っているのは、”Brooklyn” by Colm Tóibín. (日本語版は、「ブルックリン」)

一昨年ぐらいから、アメリカのメディア(特にブログ)でこの表紙を頻繁に見かけ、ものすごく気になっていたのです。2015年の映画化がきっかけだったのだと思います。

内容は、簡単に言うと、1950年代初頭、アイルランドから単身ニューヨーク・ブルックリンに移住して来たEilisが、仕事や恋愛での様々な葛藤を通して、大人の女性として力強く成長していく姿を描いたお話。一応ラブストーリーだけど、淡々と、静かに進んでいく文体がとても好みでした。

映画はどんな感じなのかなーと思い、ユーチューブで検索してトレイラーやクリップをいくつか見ていたら、私のイメージとピッタリで(と言うか、それ以上!)、気分的には「映画も見ました!」って言っちゃいそうなくらい、たくさんのシーンを何度も何度も再生して楽しみました。映画館で見たかった。。。

著者のコルム・トビーン(Colm Tóibín)が、映画の感想を語っているビデオがあるのですが、これがとても良いのです(日本語訳はありませんが、英語の字幕は付いています)。

多くの人が一番のお気に入りと言っている夕食のシーン(子役のフランキー最高!)と、最後のシーンを取り上げて、時代背景や、映像と小説の違いなど絡めながら話してくれているのですが、最後のシーンについての彼のコメントが、最高に素敵で、何度見ても泣けてしまいます。(Spoiler Alert: 映画を見てない人は、結末がわかってしまうので注意。)

この、小説には書かれていない場面について、彼はこう語っています。

“I’m an absolute sucker for that scene. Of all the scenes, that’s the one that gets me. And I wrote the book, you know, I’m sitting there with that bit I didn’t write, thinking –I’m in tears, and I think this is so great. This part was filled for me, that I had left empty.”
(最後のところは、本当に気に入ってるんだ。全てのシーンの中で、強く心に残る場面だよ。この本を書いたのは自分なんだけど、自分が書いてない場面を見て、自然と目に涙が浮かんでる。すごくいいって思いながら。この場面は、自分が敢えて空白にしておいた部分を埋めてくれているんだ。)

*be a sucker for は、「〜に目がない」という意味です。

キャスト、脚本、映像、そして、お洋服、すべてに100点をあげたい。素敵な映画を作ってくれてありがとうと言いたい。(見てないけど!)

アマゾンでストリーミングして見ようかな。

英語を話すチャンスがない、、、と嘆く前にできること

IMG_0963前回の投稿でご紹介したニューヨークからの友人D。

この夏札幌に10日間ほど滞在して、楽しい思い出をたくさん作って帰って行った彼。ニューヨークに帰って2週間ほど経った頃、「お願いしたいことがある」と彼からメールが入りました。

何でも、札幌滞在中にお世話になった方にお花のプレゼントをしたい。オススメのお花屋さんがあったら、その連絡先を教えてもらいたいというのです。

私は、すぐにいくつかお店をピックアップして、電話番号やウェブサイトをメールしました。ただ、「どうやって連絡するのかな。支払いはどうするのかな。日本国外からの注文も受け付けてくれるのかな。」と気がかりな点がいっぱいあったので、「こっちでお店に問い合わせしてみようか?」と打診してみました。

そしたら、「大丈夫。自分でできるから。」ときっぱり。わかりました。健闘を祈ります。

二日後、彼からメールがありました。「どうなったかな?」と楽しみにメールを開きます。

『あき、この間は、いろいろ調べてくれてありがとう。オンラインで注文できるところがあったから、そこで注文しようとフォームを記入していたんだけど、日本以外の住所(送り主の)が入力できなくて、ここは国外からは注文できないんだと思って断念。そのあと、札幌にあるデパートの花屋さんに電話してみた。お店の人は、自分のかなり怪しい日本語を、一生懸命聞いて、理解しようとしてくれた。30分くらいやりとりして、お花が決まり、送り先の住所も伝えて、やっと支払いというところで、、、自分のクレジットカードが使えないということがわかった。。。』Oh, no…

それでも、本人、悲観することなく、すごくいい日本語の練習になったと、むしろ満足した様子。その後、粘り強くお店を探し続け、無事注文を完了。お花を送ることができたそうです。

自分のまわりに、英語を話す人がいない。せっかく勉強してても、全然使う機会がなくて、何のために勉強してるのかわからなくなる、と言う声をよく聞きます。だけど、「もっと上手になりたい。」「もっと練習して実戦力をつけたい。」と本気で思ったら、できることはいくらでもあるということを、今回の彼の挑戦で気づかせてもらった気がします。

私も留学してすぐは、電話で話すことがとっても苦手でした。何とかこの苦手意識を克服したいと思い、ちょっとした問い合わせが必要なとき、それまでは直接行って聞いたり、メールを送って済ませていたのですが、とにかく電話して聞くことにしました。最初は電話を持つ手が震えたり、「お願いだから出ないでくれー」と思ったり(笑)。それが1ヶ月もしないうちに、電話をするという行為に何のストレスも感じないようになり、電話でのコミュニケーションを心から楽しめるようになりました。

今は、国際電話も安くなり、1-800から始まるトールフリーの番号にも日本から無料で電話できたりして、以前よりもずっと気軽に国外に電話できるようになりましたね。外国人の友人がいなくても、電話できるところはいくらでもあります。例えば、海外の語学学校、ホテルやツアー会社に、問い合わせしてみる。オンラインショップのオーナーに、商品について聞いてみる。どんな簡単なことでも、いいのです。とにかく場数を踏むことが大切。

まだ初心者だし、電話はまだハードルが高い、と思ったら、メールでの問い合わせや、ブログやウェブサイトにコメントを残すという方法もあります。海外のショップに、商品についての問い合わせをしたり、買った商品についての感想を送るというのもあり。

私がコロンビア大学の留学生課でアシスタントの仕事をしていた時も、世界各国から電話やメールで問い合わせがひっきりなしに入りました。留学生課なので、英語を母国語としない方からの問い合わせが多く、文法のミスがいっぱいあったり、何度も読み返して(聞き返して)やっと理解できるということもしょっちゅうでしたが、こちらも仕事なので、忍耐強く話に付き合います。

時には、この人、私を練習台に使ってる?と思うような人もいたりして。語学を学ぶにはこのくらい図々しくなくちゃいけないのね、と迷惑というより感心してしまいます。

さあ、日本にいても、工夫次第でいくらでも練習相手が見つかることがわかりました。
初戦の相手、誰にしましょうかね〜。

お会計はご一緒ですか?別々ですか?

今年の夏はニューヨークから立て続けに3人の友人が札幌を訪問してくれました。

みんな以前札幌に住んでたことがあって、日本語もそれなりに話すことができます。自分の日本語を試したいと、話す気満々。なので、私も彼らとレストランやカフェに出かける時は、出しゃばらず、彼らに注文をお願いします。

みんな注文は得意です。メニューを見ながら、スラスラ注文を伝える姿が頼もしい!

のですが、一番の難関は食事が終わって、お店を出る時だったりします。「お支払い」

先日も友人と出かけて、「お支払いも日本語で大丈夫だよねー」とお任せモードの私に、友人は「任せて!And it’s on me. (ここは自分が持つよ。)」と自信満々でキャッシャーに向かいました。

キャッシャー:「お会計はご一緒ですか?」

友人A:えっと。。。

答えに詰まる友人に、「えー、別々に払いたいってこと?ごちそうしてくれるって言ったのにー。」と、ちょっとむっとする私(笑)。

友人が顔面蒼白で私に聞いてきます。

「お会計って、、、何?」

難しい日本語いっぱい知ってるこの友人。「お会計」っていう言葉が未習だったとは!

「お会計 = payment」だよと教えると、ようやくホッとしてお支払いを済ませてくれました。(もちろん私の分も一緒に。笑)

語学を勉強していると、こういうことは日常茶飯事ですよね。英語で日常会話を問題なくこなす人が、”Do you have any siblings?”と聞かれて、”sibling”がわからず、黙ってしまうようなもの。ネイティブスピーカーからしたら、これだけ英語を話せる人が”sibling”の意味を知らないはずがないと、相手が何で固まっているのかわからず困惑するという。。。私も「こんな頻出語彙知らないなんて」って驚かれたこと、山ほどあります。

ちなみに、”sibling”は「兄弟、姉妹」を意味する言葉で、とっても良く使われます。どうして中学で教えてくれないんだろう。

あと「お会計はご一緒ですか?別々ですか?」は、英語で、

Will you be paying together or separately?

と言います。外国人のお客様が多いお店の方は、覚えておくといいですね。

余談ですが、その中の一人の友人とレストランに行った時に、彼が言った言葉が忘れられません。

「日本人とお店に入ると、みんな日本人の方を見て話す。今回もそうだった。自分は透明人間になった気がする。」

「札幌には外国人がたくさん住んでいるけれど、ここの人は外国人に慣れてないみたいだね。」

外国人に対する心の垣根、どうやったら取り払うことができるのかな。英語が話せる、話せないっていう次元の問題ではない気がします。

そんなハッとする言葉を残して帰国した彼ですが、札幌のデパートの店員さんとの心温まるエピソードをメールでシェアしてくれました。彼の「武勇伝」、明日このブログでご紹介します。

公園お散歩、カフェラテ、& 英語で算数・数学

IMG_0923
Marumi Coffee Stand, Nakajima Park

平日の昼間、ぽっかり時間が空いて、、、太陽に誘われるままに、公園にお散歩に行きました。

歩いて3分のところにある中島公園。引越してきて2年になりますが、最近ようやくこの公園の良さがわかるようになってきました。

住み始めた頃は、とにかくカラスが怖くて近寄れなかった。夕方とかカラスがいない時間帯に行ってみるのですが、どうも自分の公園という気がしなくて、なんだか公園からよそよそしくされている感じがして、歩いていても落ち着かず、すぐに引き返してしまう。その繰り返しでした。

今は、ちょっと時間ができたら、散歩に行くか〜って気軽に行ける場所。何が変わったんだろう?nakajima koen

今回の散歩の「締め」は、マルミコーヒースタンドで。ラテを飲みながら休憩。

前から来てみたいと思っていたお店でした。思ったよりスペースがあって、落ち着いて本を読んだり、ぼーっとしたりできます(「ぼーっとする」は英語ではspace outと言います)。

最近、親御さんからのリクエストで、英語のレッスンの他、算数&数学のレッスンもさせていただいています。しばらく数学から離れていたけれど、やり始めるとやっぱり面白い!今は全部日本語でやっているけど、近いうちに全部英語でできるようにしたいと、少しずつ用語をインプット中。

「数学って数字と記号ばっかりで、全然楽しくないし、何の役に立つの?」って思っている子に、少しでもその奥深さ、面白さを伝えられたら、、、と夢見ながら、コーヒーショップで高校受験の問題集と格闘していた私。

「この問題、私はこうやって解くけど、もっといい方法あるのかな?」と思ったら、Kahn Academyでヒントを探します。数学以外にも、哲学とか歴史とか、ビデオライブラリーはびっくりするほどの充実度。そして高品質。しかも全て無料。Too good to be true…

あとは、こんなチャンネルも発見して活用しています。下のビデオは二桁の掛け算の裏技。このやり方、知ってました?