歌って学ぶ英語のフレーズ: “Count On Me” by Bruno Mars

「英語の歌を歌って、英語の勉強したいんですけど、おススメありますか?」

小学生の女の子から質問されました。が、最近の流行に全くついていけていないわたし。困って、「どんな音楽が好きなの?」と聞いたら、「Bruno Marsとか?」ということだったので、彼らの曲を片っ端から聞いて、見つけたのがこれ。

使われている英語のレベル、歌いやすさ(テンポ)、歌の内容、すべてにおいて、「これ以上ない」というくらい spot on。特に、小学生から高校生くらいの英語学習者にピッタリ。

大切な友達が、簡単に解決できないような困難にぶち当たって、悩み、苦しんでいたら、どんなことをしてでも助けるから。それが友達ってものでしょ。だから、一人で悩まないで、自分に相談してよ。信頼してくれて大丈夫だから。いつでも頼ってよ。”Count on me!”

Count on A”は、「Aを頼りにする、Aに任せる」という意味。サビの部分、

“You can count on me like one, two, three. I’ll be there”

ここでは、「頼りにする」という意味の”count on”に、「数える」という意味の”count”をかけて使われています。「1、2、3って数えてみて。任せてよ。すぐに駆けつけるから。」

逆に、全く頼りにならない友達がいたら、”You can’t count on him/her!”と言ったり、自分が頼りにされたら困るというような状況では、”Don’t count on me!”と言って、牽制したりできます。例えば、こんな状況。

A: Hey, can you come pick me up at the station this evening?  (今晩駅に迎えにきてもらえる?)

B: Don’t count on me. Not sure what time I can leave office. (当てにされても困るよ。何時に会社出られるかわからないから。)

***

動詞”count”についてもう少し掘り下げてみましょう。

COUNT me IN / COUNT me OUT

“Count on me”ととてもよく似ていますが、 “Count me in“という表現があります。これは、直訳すると「自分も数に入れて。」という意味で、要は、「自分も参加する。」とか「自分も仲間に入れて。」ということ。

A: We’re going to the movies tonight. Do you want to join us? (今晩みんなで映画行くけど。どう?)

B: Yes! Count me in! (行く!行く!)

“Count me out” だと全く逆の意味になって、「自分は数に入れないで。→ 自分は興味ない。遠慮します。」という意味になります。

A: We’re going to the movies tonight. You’re coming, right?(今晩みんなで映画行くけど。来るよね?)

B: Um, I have to finish my assignment by tomorrow. So, count me out. Sorry. (課題明日までに終わらせないといけないから。やめとく。ごめん。)

 

Comic books don’t count. 「漫画は数に入りませんよ。」

これは、どういう場面で使われるか、簡単に想像できますよね?例えば、

“How many books did you read last year? Comic books don’t count, by the way.”
(昨年は何冊本読んだ?あ、漫画は数に入らないから、入れないでよ。)

それとか、映画「マイ・インターン (the Intern) 」では、こんな風に使われています。

She loves to ride her bike through the office.

That woman does not like to waste time.

Plus, she counts it as exercise.

(彼女、オフィス内を自転車で移動するのが好きなんです。
時間を無駄にするのが好きじゃないから。
それに、エクササイズとしてカウントしてるのでね。)

Age doesn’t count. 「年齢なんか問題じゃない。関係ない」

この場合の”count”も「(物・事が)数に入る」という意味から派生して、「(物・事が)→ 重要だ。大切だ。」という意味になります。自動詞なので、後ろに目的語はきません。

A: Oh, I really wanted to come pick you up, but …  (迎えに行ってあげたかったんだけど、、、)

B: Oh, it’s okay. It’s that thought that counts. Thank you anyway. (大丈夫。その気持ちがうれしいです。ありがとう。)

It’s that thought that counts.” この表現は是非セットで覚えてください。やってあげたいことがあっても、様々な事情で行動に移せなかった場合、「その気持ちだけでうれしいですから。気にしないでください。」と言って、相手の気持ちを軽くしてあげられます。ちなみに、”it’s *** that …” は強調構文ですね。That thought counts.という文のthat thoughtを強調しています。

まとめ

「好きな曲で英語を学ぶ」場合、大事なこと。それは、単に日本語の意味をネットで探して内容を理解するだけでなく、使われている言葉一つ一つがもつ意味を「英語で」しっかり捉えるということ。

この歌で使われている単語やフレーズは、中学から高1レベル程度。しかも、”be supposed to do”とか “remind”とか””stuck” など、日常生活で聞かない日はないというくらい最重要の表現ばかり。歌詞をしっかり理解して歌うことで、単語のイメージ、意味の広がりが体感でき、自信を持って使えるようになります。

また、音に合わせて歌うことで(なりきって!)、英語のリズム、発音も身についていきます。

最初から100%を目指そうとせず、まずは、サビの部分から始めてみてください。それから、自信を持って歌える部分を少しずつ増やしていくと良いでしょう。

これからも、おすすめの曲があれば、ご紹介していきますね。

I hope this helps!

英文パターンで編む (その後)#スロウファッション

うん十年ぶりに編み針を握り、編み物を再開してちょうど5年が経ちました。
(前回の投稿はこちら

技術的にはまだまだ発展途上で、自己満足の域からなかなか出られずにいるのですが、黙々と手を動かすことの気持ちよさと、自分の身につける物を自分で作る喜びは、何物にも代え難く。今日も朝から(仕事そっちのけで!)インスタグラムやRavelryを覗き込んで、次のプロジェクト探しに忙しい私。

Ravelry の存在はずっと知っていたのですが、その情報量の膨大さが、初心者の私にはoverwhelming かつintimidatingで、アカウントを作ったまま全く利用せずにいました。でも、2年ほど前に発見したこのサイトのおかげで、Ravelryへの心理的な敷居がグッと低くなって、積極的に利用しようと思えるように。

使い始めたら便利すぎて、今ではなくてはならない存在。パターンの購入、管理もすごく楽になりました。(ちなみに、私のアカウントはmatokachannycです!)

上の写真にあるFOs (finished objects)はすべて無料のパターンで作りました。

左上から時計回りに、

Springtime Bandit

Easy Stool Covers

Reversible Rivulet Scarf

Vancouver Fog Fingerless Mitts

寒さが一段と深まってきたここ札幌で、どれも毎日、大活躍してくれています。

*

手編みの良いところは、古いものから新しい作品を生み出せるところにもあります。以前作って見たけど、体に合わなくて結局着ていない、とか、色や形が好みじゃなかった、とか、編み目がガタガタ!で着て出かけられない(苦笑)、っていうのは、潔くほどいて(Frogging)、別のモノに編み直します。去年は新しい糸は全く買わず、ほどいた糸でセーターや靴下をたくさん編みました。

*

靴下が編めるようになったのも、自分にとっては嬉しい進歩。小学生の時に挑戦して、かかとの引き返し編みが全く理解できず断念して以来、ちょっとばかりトラウマになっていたのです。しかし、前回紹介したVeryPink Knitsの、このビデオシリーズを見ながらやって見たら、、、できた!(涙)自分用に何足も編んで、友人にもプレゼントできるくらい、自信を持って編めるまでになりました。

*

毛糸の靴下を履いていると、必要になってくるのが、お直し (mending/darning)のテクニック。

ヘビロテで履いてて、気づいたら大きな穴が!ってことがよくあります。私は、こちらのサイトで紹介されている3通りの方法のうち、3番目の「パッチをあてるやり方」で繕っています。手間はかかるけど、全く苦にならない。「お店に靴下を買いに行くことを考えるほうが、よほど疲れる」と思うようになってしまった。

*

編み物をしているときのBGMは、音楽だったり、オーディオブックだったり、ポッドキャストだったりしますが、最近はこの人のビデオをよくかけて耳で楽しんでいます。彼女のテイスト(デザイン、インテリア含め)全部好き。実は、けっこう日本贔屓の彼女です。An awesome French knitwear designer living in Latvia, who loves Ghibli movies and Genmai-cha ;)

こういうビデオ版ポッドキャストがいっぱいあるのね〜って、最近になって知りました。

*

スロウファッションという言葉が少しずつ浸透してきた今日この頃。量よりも質を追求したいという思いが一層強くなり、「値段が手頃だから」、「セールだから」と、お店にフラフラと入ることはなくなりました。(ニューヨークにいた頃は、時間潰しにH&Mやthrift shopsに入ってよく買い物してました。)

お店に陳列されている洋服や小物を買うという行為が、私の中でどんどん非現実的なものになっています。

ミシン買いたいと言い出すまで、どれくらいかかるかな(笑)。

続く

アメリカのStarbucksで聞かれる質問

少し前になりますが、ハリウッド女優Helen Hunt のこのTweetがネットで話題になっていました。

アメリカのスターバックスでは、注文時に名前を聞かれることがよくあります。オーダーしてから飲み物が出てくるまで時間がかかる場合、日本ではレシートを見せたりしますが、アメリカではカップに書かれた名前で区別します。

MaryとかJohnとかよくある名前だと問題ないのですが、聞き慣れない名前の場合、「スペルは?」と聞いてくれる店員はいい方で、かなり適当な名前が書かれていることが多々あります。

韓国人の友人とスターバックスに行ったときのこと。カウンターで名前を聞かれて、堂々と”Jane”と答えた彼女。自分の名前を言っても大抵は「は?」って聞き返されるし、スペル言っても間違ってること多くて、いろいろ面倒だから、注文用の名前を用意したのだと。

その点、Akiという名前は本当に簡単で覚えやすく、この名前を選んでくれた親に心から感謝。決して一般的な名前ではないけれど、”A-K-I”とスペルアウトしてあげれば、問題なく聞き取ってもらえました。

余談ですが、アキという音は、スペイン語で「ここ (here)」を意味する”aqui”と同じです。スペイン語を話せる人に私の名前を言うと、100人中99人が「スペイン語でどう意味か知ってるか。」と聞いてきます。”I know what ‘aqui’ means.” ってプリントしたTシャツ作ろうかなって、友達と(半ば本気で)笑い合ったほど。

で、上のTweetに話を戻しますが、スターバックスで飲み物を注文したHelen Huntさん。「名前言った方がいいよね?」と店員に聞いたところ、店員さん、ウィンクして「大丈夫ですよ。わかってますから。」と。ハリウッド女優に名前名乗らせちゃだめですよね〜。で、出てきた飲み物が上の写真(笑)。Jodie Fosterと間違われていたという、、、。

Starbucks からの謝罪のtweetがこれ。

“We hope the drink was still as good as it gets.” (少なくともドリンクは問題なく味わって頂けたかと思いますが。)

もちろん、この”As Good As It Gets” は、彼女の主演作品のタイトルにかけて使われています。(日本語タイトルは「恋愛小説家」。どうして??)

このフレーズ「これ以上のものは望めない。(It’s not going to get any better than this.)」っていう意味で、ここでは「私たちが提供できる最高のもの」って感じの意味になるでしょうか。「精一杯やってみた結果がこれです。」「この金額じゃこの程度だろうね。」っていう「諦め」や「妥協」のニュアンスを含むことが多いので、使う場合は注意が必要。

もう一つ、日本では聞かれないけど、アメリカのスターバックスでよく聞かれる質問。

レギュラーコーヒーを注文した時、”Do you want room for milk?”と聞かれることがよくあります。

初めてこれを言われた時、何を聞かれてるか全く理解できなかった私は、「はいって言っておけばいいや。」と適当に答えてました。その後も何度か同じ質問をされて、わからないまま、”Yes, please.”と答える日が続いて、、、。1ヶ月くらい経って、ようやく相手が言いたいことがわかりました。

「カップに牛乳を入れるスペースを取っておくか?」ってことでした。

アメリカでは、レギュラーコーヒーを頼むと、ペーパーカップのギリギリまでコーヒーを入れてくれるので、牛乳やクリームを入れて飲む人は、カップからコーヒーがあふれてしまいます。(で、ゴミ箱に余分なコーヒーを捨てている人をよく見かけます。)それで、牛乳を入れる分、コーヒーの量を少なくしておきましょうか、と聞いてくれるのです。

勝手にコーヒーの量を減らしたら、文句が来るから、確認してくるのでしょうね。

こういう”room”の使い方、面白いですよね。

There’s always room for improvement. (改良の余地は常にある。)なんて使ったりします。

ファストフードやコーヒーショップでの注文の仕方は、英会話の本で予習しておけば難しいことは何もないのですが、日本で聞かれないことを聞かれるとほんとドギマギしますよね。英語の問題じゃなくて、文化の違いってこと、よくあります。だから、聞き取れなくても、自分を責めることないですよ。英語学習は間違ってなんぼですから、わからないときは、堂々と聞きましょうね。

My “new” morning routine : 英語でヨガ

ニューヨークにいた時は、一日おきにセントラルパークで走っていた私。
移動は自分の2本の足。電車代節約のため、雨が降ろうが、雪が降ろうが、ハリケーンが来ようが(!)、どこまでも歩いて移動。かなりアクティブな毎日を送っていました。

それが、札幌に住み始めてから、運動量が激減。まず、自宅をベースに生活しているため、通勤のための移動がない。ジョギングをしたいと思っても、公園のカラスが怖くて近寄れない。長〜い冬の間は、できる限り外出しないで済ませたい。。。こんな生活を続けていたら、体力が落ちていくのは当たり前。

定期的にカラダを動かす習慣を身につけたいなー、とぼんやり考え始めたのが昨年の12月でした。その数日後、ユーチューブを見てたらなんだか魅力的なヨガのビデオが目に飛び込んできました。何が魅力的だったかというと、大自然の中で撮影されているものだったから。

こんな感じ ↓

Yoga With Adriene

私は、朝日が顔を見せ始めるこのくらいの時間が大好きなのです。青い時間。

ヨガは20代の頃に初めてクラスに参加して以来、やったりやらなかったり。あまり真面目な生徒ではないので、クラスに通っても、長くて2ヶ月。筋トレっぽい運動や、ピラテスが流行るとすぐにそっちに興味が向いてしまい、中途半端なままでした。

だけどストレッチは好きなので、ヨガマットは常に家に常備していて、ちょっと体がこわばってるなーとか、リラックスしたいなーっていう気分の時にマットを広げて(テキトーに)体を動かしたりはしていました。

ニューヨークでも、現地に着いてまず最初に買ったのがヨガマットでした。今考えると、もっと他に買うものあったでしょうに、と思うのですが(笑)。「アメリカ=肥満」というイメージが強すぎて、黙っていたら知らない間に20キロ増!とか考えたのかな。自分のことながら、どんな心理状態だったのかよくわかりません、、、。

このビデオはYoga With Adrieneというチャンネルにアップロードされているもの。

“Morning Sequence”ということで、体をゆっくりと目覚めさせながら、Pump up. 「今日も元気いっぱい一日が過ごせそう」と思わせてくれる内容になっています。ビデオを見ながら、インストラクターのAdrieneと一緒にヨガをしていると、自分も大自然に抱かれているような開放感に包まれます。

この運命の出会い(!)の日から、少しずつですが、彼女のビデオを見ながらヨガをやるようになって4ヶ月。この1ヶ月は毎朝30分のヨガが日課になっています。どんなに朝の目覚めが悪くても、「今日はヨガの気分じゃないなー」なんていう思いが頭をよぎっても、気付いたらマット広げて、ユーチューブクリックしてる私。日課なんて言葉では足りない。I’m obsessed. (はまってる)と言った方が正しいかも。

ヨガのインストラクターでありながら、女優としても活躍するAdrieneは とってもチャーミングで、きれい、なだけではなく、ユーモアがあって、話し方はかなり豪快。男前です。大好き。

日本でヨガのクラスに参加したことがある人は、ポーズの名前を聞くだけで、ビデオを見なくても体が動くかもしれません。Downward facing dog とか extended child pose とか。

だけど、ヨガの経験がなくても、英語がわからなくても、ビデオを見ながら、体を動かしていけば、形になっていきます。基本的には初心者でもついてこられるような内容になっているので。

たとえ「何となく」「見よう見まね」でやっていたとしても、慣れてくると、ビデオを見なくても英語の指示だけで体が動くようになります。

英語でヨガをやることの一番の利点は、体の部位や内臓の名前が無理なく耳から覚えられるということ。

お尻はbutts、腹筋はabs, 太ももはthighsで、手首はwrists、、、だけど、これらの言葉をただ単語帳で勉強するのと、英語の指示を聞きながら、その部位に意識を集中させて体を動かすのでは、身に付き方に雲泥の差があるのは当然。

もちろん、「右足上げて」とか、「膝を曲げて」、とかそういう指示にも反応できるようになります。

慣れるまで時間がかかるかもしれません。焦らず、とにかく楽しんで続けることです。

継続は力ですから!

Let’s find what feels good with Yoga With Adriene :)

英文パターンで編んでみよう。

IMG_1015アメリカから帰ってきて、数十年ぶりに始めた編み物。

編み針を握ると、何かに取り憑かれた?っていうくらい、寝る間も惜しんで手を動かし続ける私です。

この2年間でいろいろなモノを編みました。靴下や帽子、手袋などの「小物」、セーターやカーディガンなどの「大物」。自分には絶対無理だと、ずっと避け続けていたかぎ針にも挑戦して、麻ひものバッグも編めるようになりました。

↓こんなバッグを立て続けに4つ編んでしまった。。。

麻ひもとリネン糸で編むバッグ

上の写真に写っている縄編みの帽子とグレーの手袋は、この本↓の中にあったデザイン。

大切に使いたい、手編みのこもの (Let’s Knit series)

こちらは、上の本と同じ作家さんの新刊。表紙のミトン、かわいすぎる。

毎日の手編みこもの (Let’s Knit series)

本を見ながら編んでいると、わからないことがたくさん。全くの初心者でなかったとは言え、最後に編み針を握ったのは小学校6年生だったので。。。

解説を読んでも、イラストを見てもちんぷんかんぷんで、最初の頃はイライラさせられました。周りには編み物をやる友達もいないし、教室に通うほど本格的にやるつもりもなかったから、自力で答えを見つけるしかありません。

ユーチューブでチュートリアルビデオを探してみましたが、日本語のチャンネルには、すごくわかりやすい!っていうのが見つからず。それで、英語だとどんなのがあるんだろう、と探して見つけたのが、このチャンネル。大当たり。


VeryPink Knits

Stacy の説明はとにかくわかりやすい。英語のパターンを使って編む時に必要な用語と編み方が、プレイリストになって整理されているので、SSKとかK2TOGとか、私には暗号としか思えなかった用語とテクニックが、Stacyの解説ビデオで一目瞭然。

ラグランセーターの編み方、マジックループという輪針を使ったテクニック、そして、かぎ針も、彼女のビデオを見て一から学びました。足を向けて寝られません。

ビデオはもちろん全て英語なのですが、映像をしっかり見ていれば理解できないことはほとんどないはず。英文パターンに挑戦する予定がない編み物初心者の方にも超オススメのチャンネルです。

英語のパターンの読み方が大体理解できるようになったら覗いてみてほしいのが、ニューヨークにある毛糸屋さんPurl SOHOのサイト。簡単で上品なパターンがいっぱい。ほとんどのパターンが無料で提供されています。Stacyのチャンネルほどではないけれど、ビデオのチュートリアルも用意されています。

Screen Shot 2015-10-08 at 7.24.27 PMニューヨークに行ったら真っ先に向かうであろうお店の一つです。(もう一つはTrader Joe’s 笑)

無心に手を動かしていると、ちょっとしたトランス状態になったりします。聞いている音楽やポッドキャストの内容がどんどん遠くなっていって、普段思い出すこともないような記憶が急によみがえってきたり、仕事のアイディアがぽっと浮かんだり。脳の中でバラバラに保存されていた情報が一本につながる感覚。瞑想してる人ってこんな感覚を味わってるのかな。

実用的で、英語の勉強にもなって、脳も活性化できる?Knitting/Crocheting。今年の冬は、一緒に楽しみませんか?