親子で英語レッスンのススメ

「英語は何歳から始めたら良いでしょう?」

「子どもに英語を習わせたいのですが、なかなか興味を示してくれなくて、、、どうしたらいいですか?」

小さなお子さんを持つお母さんから、このような質問を受けるたびに、「まずは、お母さんが始めてみるというのはどうですか?」とお答えしています。

そう言うと、大体は「あはははは、先生、からかわないでくださいよー。」と冗談言ってると取られるか、「えー、自分には無理です!!!」ときっぱり否定されるかのどちらか。

私はかなり、というか、1000%本気で言ってるのですけどね。

「英語を始めるなら、早ければ早いほどいい。」と、幼児向けの英語教室に毎月数万円かけて通わせることを検討されている方の話もよく聞きます。

だけど、、、どんなに良いカリキュラムで、良い先生がいたとしても、週1〜2時間のレッスンでは、大きな効果は期待できないでしょうね。

レッスンで学んだことを、日常の中で使っていくことで、初めて、「英語をもっと使いたい。」「もっと新しい単語、フレーズを覚えたい。」「英語にもっと触れたい。」という欲求が出てくるからです。

そのためには、レッスンを受けているお子さんだけではなく、家族総動員で、日常的に英語を使う環境を作っていこうという努力が必要になってきます。

こう言うと、「そんな環境、作るのに10年かかりますよ!」「発音もやっぱりネイティブじゃないとダメでしょう。」と言い返されるのですが、それは、多分設定している基準が高すぎるのです。

「完璧な英語が話せないとダメだ。」と思い込んでいる方が、日本にはとても多いように感じます。だから、「間違うことを心配しすぎて、言葉が出てこない。」→「間違うチャンスがないので、学びがもない。」→「知識ばかり増えて、実践力がつかない。」という悪循環に陥ってしまうのでは。

家族で英語を使うと言っても、政治や哲学談義をしろと言っているのではなく、

「ご飯できたよー。」
「寝る時間だよ。歯磨きなさい。」
「お腹すいた?まだ食べられる?」

というような、3−4語で終わるようなフレーズを、毎日の生活の中で使っていくことをお勧めしているだけです。

レッスンの送り迎えの際も、英語を使おうと思ったら、実践の場が山ほどあります。先生に英語で挨拶する、とか、「遅れます。あと何分で着きます。」「休みます。」などの表現も覚えられます。相手からどんな返事が返ってくるかみて、返答の仕方も学ぶことができます。(いきなり、英語で電話するのは怖い、、と思ったら、メールから始めればいいですね♪)

そうやって、使っていくことで、レパートリーが増えていくし、英語のドラマや本などからも新しい表現がどんどん入ってくるはず。使う前提で学ぶからです。

そうは言っても、始めのうちは、間違って使ってしまうことも多いでしょう。だけど、心配することはありません。「この表現であってるかな?」と思ったら、グーグルするとか、レッスンの際に、先生に聞いて確認すれば良いだけのこと。間違っていたら訂正すれば良いのです。

発音だって、自分の発音に自信がないからと、神経過敏になる必要はありません。家でも、英語のアニメやCDにたっぷり触れさせてあげれば大丈夫。

お父さん、お母さんが、楽しんで英語を勉強していたら、英語に興味を示さない子どもでも「なんか楽しそうなことやってる。」って、関心を示してくれるはず。「自分ばっかり、面白いことやって、ずるい!」って言うようになったらしめたもの。

日本で英語を学ぶ上で最大の壁は、日常的に使うチャンスがほとんどないということ。家族で一緒に学ぶということは、会話のパートナーがいつもそばにいる、勉強したことをシェアしあえる仲間がすぐそばにいる、ってことですよね。一緒にユーチューブ見たり、映画を見ながら、新しい表現を学んだり、発音を練習したり、ってとっても素敵だな〜って思うのですが、いかがでしょうか?

家族で楽しめる動画でオススメなのが、Olivia the pig。日本語の字幕はありませんが、自動生成の英語字幕はあります。全部を理解しようとせず、まずはストーリーを追うことを優先してみてください。何度もみているうちに、大体こんなこと言ってるんだろうなーって想像できるようになります。そして、英語のフレーズが突然耳に飛び込んできたりします。冒頭の「鏡よ、鏡よ、鏡さん〜〜」って、英語で何て言ってるか聞こえますか?

the day I found rupi kaur :rupi kaurの詩の世界

3月21日は”World Poetry Day”でした。ウィキペディアをみると、日本語では「世界詩歌記念日」と訳されているみたいです。UNESCOの提唱で、1999年から始まったというこの記念日。

21日、インスタグラムとかツイッターなどのソーシャルメディアを開くと、#worldpoetrydayというタグと一緒に、たくさんの詩が紹介されていました。

例えば、こんなの、、、

火星は赤い
超高温の星たちは青く光る
我らは宇宙を探索する
さあ次は君の出番だ
(Translated by Aki Nakamura)

それとか、こんなの、、、

100人いたら100通りの解釈がある。、、、としたら、一人の人間に対しても、100種類の解釈が成り立つということ。同じ人間なんだけど、ある人の目には「うざい人(annoyling)」と映るし、別の人が見たら「すっごく才能がある人 (talented)」という評価になる。自分のことをよく知らない人からは「おとなしい人 (quiet)」と捉えられるだろうし、全く見ず知らずの人にとっては、存在しないのと同じ (unknown)。じゃあ、「私」から見た「私ってどんな人なの??」深いですよね。Who am I to me? Curious. How would YOU answer to this question?

******************************

その中で、私の目に飛び込んできたこの詩。

彼女は一輪の薔薇だった
彼らの手の中で
彼女を本当には必要としていない者たちの手の中で
(Translated by Aki Nakamura)

 

一瞬で心奪われ、グーグルで作者を探して、見つけたのが、rupi kaur.

from https://www.rupikaur.com

カナダのトロントをベースに活動するアーティスト。2014年に詩集「milk and honey」を出版。これがNew York Times のベストセラーリストで一番になる人気。最近スペイン語版が出版され、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポーランド語、中国語、韓国語での出版も控えていると、彼女のインスタグラムにありました。日本語版の出版はいつ??

アマゾンの「内容紹介」にあった言葉を引用します。

Milk and Honey takes readers through a journey of the most bitter moments in life and finds sweetness in them because there is sweetness everywhere if you are just willing to look.

Milk and Honeyは、読者を(目を背けたくなるような)人生の苦しい現実に目を向けさせる。その苦い現実の中に読者が見つけるのは、優しさである。なぜなら、現実をしっかり見ようとしている人の目には、やさしさが至るところにあるとわかるからだ。)

彼女のインスタグラムでは、この詩集からの作品がたくさん紹介されています。短く、シンプルな言葉の中に、ダイナミックに広がる彼女の詩の世界。思う存分味わってください。

ここに私のお気に入りをいくつか、簡単な和訳と一緒に紹介します。

 

次の世代の女性達のために、
私たち女性がしてあげられること、
それは
全ての分野で
彼らが私たちを追い抜いていけるように
準備しておいてあげること、、、
(by Aki Nakamura)

A post shared by rupi kaur (@rupikaur_) on

 

「悪かった」って
全く言ってくれない時もあれば、
待ってもないし、
必要ともしてないって時に
謝って来たりする、、、
(by Aki Nakamura)

🌺

A post shared by rupi kaur (@rupikaur_) on

行かせてあげよう
引き止めるのはやめて
流れに身を任せよう
この世界で、
約束されているものは一つもないんだし
自分だけのものって言えるものは
一つもないんだから
(by Aki Nakamura)

目に美味しい!? My “go-to” “pick-me-up” Instagram accounts

アメリカやヨーロッパの友人と話してると、みんな夏休みの旅行の計画で頭がいっぱいの様子。浮き足立ってる友人たちから、「で、Akiはどこに行くの?」と聞かれ、「うーん、行けて、小樽かな。。。」(注:札幌〜小樽は車で30分ほどです。)

「あーどこか遠くに旅行に行きたいよー」と、どうしようもなく現実逃避モードになった私を慰めるために覗きに行くのが、今回こちらに紹介するインスタグラムアカウントです。(そして、更に遠くに行きたくなっちゃう。。。)

皆さんの予想通り、ほとんど食べ物系(笑)。Yes. My life definitely revolves around food!

美味しそうな食べ物の写真を眺めて、気分を昂揚させることを英語で「food porn フードポルノ」と言ったりしますが、ここでは「目の保養 ”a feast for the eyes“」と表現させていただきます。”Feast”は「ご馳走」と言う意味で、”A feast for the ears” だと、「耳に心地よい」という意味になります。

タイトルにある、”go-to”という表現は、「X する時はこれ!」というように定番のモノを指すときに使います。”Pick-me-up” は、疲れてたり、元気がない時に、これを見たり、聞いたり、飲んだりすると、一気に元気になっちゃう、栄養ドリンク的な存在のものに使えます。

私のが特に気に入ってるのは、ロイヤルコペンハーゲンのアカウント。同社の食器を使っている人たちが、自身のアカウントにアップロードした食卓の風景を集めています。北欧の朝ごはんやティータイムのメニューが興味深く、時間を忘れてスクロールダウン、スクロールダウン、、、気がついたら1時間以上経ってた、ってことにならないようお互い気をつけましょう。

Enjoy!

  1. Royal Copenhagen (@royalcopenhagen)

royal_copenhagen

2. Skye McAlpine (@skye_mcalpine) イギリス出身、イタリアベニス在住のライター。お花とフルーツで埋め尽くされたテーブルが圧巻。

Skye

3. Alice Gao (@alice_gao) 100万人近くのフォロワーを持つNY在住の写真家。知ってる方も多いのでは?

Alice_gao

4. Local Milk (@local_milk) 写真家、ブロガー、スタイリスト。同名のブログも人気。

local_milk

5. My Blue and White Kitchen (@myblueandwhitekitchen) フィンランドのフードブロガー。ブログもインスタグラムも英語で書かれています。

myblueandwhitekitchen

Staycationで世界旅行

IMG_1118

みなさん、楽しい連休を過ごされましたか?

札幌は、パッとしない天気が続いて、出かける意欲も出て来ず、、、。”Staycation” となりました。毎年のことですが。

“Staycation” (ステイケイション)= “Stay” + “Vacation”

つまり、遠出することなく近場で旅行気分を味わうということ。札幌市民である私の場合、美術館で芸術を鑑賞したり、家に友達を招いてパーティーしたり、ピクニックにでかけたりして、非日常をストレスフリーで楽しむことを指します。

ちなみに、ここに例として挙げたことは何一つしていません。。。札幌に遊びに来ていた親戚とサッポロビール園で、ジンギスカンを食べましたが、それが唯一「連休っぽく」過ごせた一日でした。

連休中もレッスンは入っていたので、仕事の合間に、掃除や片付けに精を出したり、iBooks storeからダウンロードしたまま手付かずだった本(Howards End)を一気に読めたのは収穫でした。

残りの時間は、このサイトにあるドキュメンタリー映像を延々と見ながら、世界旅行。

まずはイタリアに行って、パスタとワインに心を奪われ、、、。

モロッコでは、色とりどりのスパイスと豊かな食文化に魅了され、、、。

スリランカのオーガニックティー農家のカップルの馴れ初めを聞きながら、ニッコリしたり、涙したり。めっちゃかわいいのです。この二人。見てるだけで、笑顔になってしまう。

“Together, the two of us live very happily. We have been together for 34 years. It was the same love that was there in the beginning….”

(二人でとても幸せに暮らしています。結婚して34年。今も、お互いに対する愛情は当時のまま。少しも変わっていません。)

Health nutsが愛してやまないココナッツ。ミルクやオイルを取って終わりではありません。一本のココナツの木が、家の屋根や、ロープに変身していく様子が圧巻。現地スリランカのココナツファーマーとその家族の表情がとにかく美しい。見惚れます。

世界中を旅しながら、環境に負荷をかけないやり方で農業や酪農、漁業を営む人たちを取材して、ドキュメンタリー映像を撮っているthe Perennial Plateのチーム。これまで150近くのビデオが制作され、彼らのサイトで公開されています。

問題山積みの食の供給システム。一消費者として、できることは限られますが、まずは「意識して」「選ぶ」ことを心がけていきたいと思います。そして、感謝して頂くこと。とても興味があるテーマなので、これからも学んだことをここでシェアしていきたいと思っています。

たくさんの学びがあった有意義な連休でした。

偶然?奇跡?必然?No coincidence, no story.

ニューヨークにいた時のことです。

アパートのリビングルームでルームメイトと共通の友人の話をしていました。その友人にはもうすぐ1歳になる男の子がいますが、ルームメイトはまだその子の顔を見ていません。「めっちゃ、かわいいんだよー。写真撮っておけば良かったねー」と私が口にした数秒後、私のiPhoneにメールが入りました。その友人からでした。しかも”My son misses you!”と男の子の写真付き。あまりのタイミングの良さに言葉を失う私。一方のルームメイトは、「私たちは心のずっと深いところでみんな繋がっているんだから、全然不思議なことじゃないわ」と涼しい顔。

他にも、ある友達のことを考えていたら、その友達から電話が入ったとか、部屋の片付けをしていたら目の前に本が落ちてきて、開いたページに自分が探していた情報が書いてあったとか。こんな経験、皆さんにもあるのでは?ルームメイトが言うように、私たちの想念は時空を超えて交信しあっているのでしょうか。。。

なぜこの話を思い出したかというと、アメリカのラジオ番組に”This American Life“というもうすぐ20年目を迎える長寿番組があるのですが、そのアーカイブに、私が体験したような「偶然」のもっとすごいバージョンが次から次と出てくるエピソードがあったから。タイトルは”No coincidence, no story“。

もう、あまりの「あり得なさ」の連続に、「うわー」「まじでー」と何度も声が出ます(一人で聞いてたんですけどね、もちろん。)。

中級レベル以上の英語力があれば十分楽しめる内容だと思いますので、ぜひ上のリンクからアクセスして聞いてみてください。トランスクリプトも用意されているので、聞き取れなかったところは読んで確認できます。

logo-v5

This American Life“は、毎週決まったテーマがあって、そのテーマに沿ったエピソードが3〜4つ集められて構成されています。

ほとんどのエピソードは、一般の人々が実際に体験したお話。テレビや新聞には決して取り上げられないけれど、多くの人の共感や感動を誘う内容になっています。

20年間で550以上のエピソードが放送されていて、過去に放送されたエピソードは全て番組ウェブサイトから聞くことができます。

私も聴き始めてまだ数週間ですが、ぜひ聞いてほしいエピソードがたくさんあります。これから少しずつシェアしていきますね。

他にも聴きごたえのあるPodcastsいろいろ発見したので、そっちも紹介していきたいと思います。