「わかる〜!!!」同感、共感を表す英語表現

“Why are you being so quiet?”

「どうして、そんな静かなの?どうして、黙ってるの?」

これ、海外で暮らす日本人が一番よく聞かれる質問ではないでしょうか。

答えは、「あんたが一方的に喋ってるからだよ!」ってことに尽きるのですが、まあわかってもらえないことが多いですね。

もちろん、こちらとしては、話したいことたくさんあるし、会話を盛り上げたい。タイミングを見計らって会話にJump inしたいと思っているのですが、相手はペラペラペラペラ休みなく話し続けている。1秒の隙間もない。そんな相手の話に入って行くには、文字通り「遮る」または「割り込む」という行動に出るしかないのです。結果、「そこまでして、主張したいことでもないし、まーいっか。喋らせておこう。」という結論に落ち着くというわけ。

気が済むまで話したあとで我に帰って、「自分ばっかり話しちゃってごめんね。」とこちらに話をようやく振ってくる人もいますが、「どうしてそんなに静かなの?」と機嫌が悪くなる人も結構います。

シャイな性格とレッテルを貼られたり、「黙っているのは、自分に心を開いてくれない証拠」と思われたり、または、その両方と判断されたり。まあ、こうなるときの会話の相手は、ほとんどが男性ですね。

アメリカにいた時は、「静か」「おとなしい」と言われる度に、自分を責めたり、後ろめたい気持ちになったりしました。「もっと、積極的に会話に入って、盛り上げないと。」なんてね。

こんな経験をしているのは、自分だけだと思っていたから、人に話してもわかってもらえないと思い込んでいました、、、Mari Andrewのインスタグラムフィードを見つけるまでは。

I feel like I’ve drawn this before but it’s an evergreen sentiment

A post shared by Mari Andrew (@bymariandrew) on

「私だけじゃなかった〜(涙)」

どのコメントも、ウィットに富んでいて、泣いたり、笑ったり、忙しい。

中でもこのコメント、So spot on! だったので、シェアします。

Once spent 30mins trying to get a word in (couldn’t) and when I finally said I had to go, he actually said “yeah ok. You didn’t contribute much to the conversation anyways”.

(以前男性と話してて、30分の間なんとか言葉を挟もうとして頑張ってみたけど、結局できなくて、最終的に口にできた言葉が「帰らないと。」だった。で、返ってきた言葉がこれ。「あー、オーケーだよ。どっちみち会話に参加してくれないんだから。」(This comment basically summarizes my experience in NYC…especially when you’re with guys. )

Mariのページには、「そうそう。」「わかる〜。」「私も〜」とパソコンのスクリーンに向かって叫びたくなるようなイラスト(+ wisdom) が満載。

Why are first date conversations so sibling-quantity-focused? #onlychild

A post shared by Mari Andrew (@bymariandrew) on

「わかる〜」とか、「その通り」など、会話の相手に共感を示したい時に使える表現が、コメント欄からたくさん学べます。

“I know!” “I know, right!” 「そうだよね!」「わかる!」

“(I’ve) been there.” 「私も経験ある〜。」「そういうこともあったなー。」

“So true.”  “Too real.” “So spot on.” “Exactly!”「その通り。」

“Too familiar.” “Too relatable.”「わかりすぎる。」「身につまされる。」

“My life.”「まさに、私。」

“This is me and my husband.” 「これ、私と私の夫のことだわ。」

“So true it hurts.”「正確すぎて痛い。」

使ってみたい表現ありますか?

こちらは、3月に発売になったばかりの彼女の初出版イラスト集:
Am I There Yet?” (by Mari Andrew)

I can’t wait to get a copy (probably in NYC this summer!?!?) and enjoy every single page.


the day I found rupi kaur :rupi kaurの詩の世界

3月21日は”World Poetry Day”でした。ウィキペディアをみると、日本語では「世界詩歌記念日」と訳されているみたいです。UNESCOの提唱で、1999年から始まったというこの記念日。

21日、インスタグラムとかツイッターなどのソーシャルメディアを開くと、#worldpoetrydayというタグと一緒に、たくさんの詩が紹介されていました。

例えば、こんなの、、、

火星は赤い
超高温の星たちは青く光る
我らは宇宙を探索する
さあ次は君の出番だ
(Translated by Aki Nakamura)

それとか、こんなの、、、

100人いたら100通りの解釈がある。、、、としたら、一人の人間に対しても、100種類の解釈が成り立つということ。同じ人間なんだけど、ある人の目には「うざい人(annoyling)」と映るし、別の人が見たら「すっごく才能がある人 (talented)」という評価になる。自分のことをよく知らない人からは「おとなしい人 (quiet)」と捉えられるだろうし、全く見ず知らずの人にとっては、存在しないのと同じ (unknown)。じゃあ、「私」から見た「私ってどんな人なの??」深いですよね。Who am I to me? Curious. How would YOU answer to this question?

******************************

その中で、私の目に飛び込んできたこの詩。

彼女は一輪の薔薇だった
彼らの手の中で
彼女を本当には必要としていない者たちの手の中で
(Translated by Aki Nakamura)

 

一瞬で心奪われ、グーグルで作者を探して、見つけたのが、rupi kaur.

from https://www.rupikaur.com

カナダのトロントをベースに活動するアーティスト。2014年に詩集「milk and honey」を出版。これがNew York Times のベストセラーリストで一番になる人気。最近スペイン語版が出版され、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポーランド語、中国語、韓国語での出版も控えていると、彼女のインスタグラムにありました。日本語版の出版はいつ??

アマゾンの「内容紹介」にあった言葉を引用します。

Milk and Honey takes readers through a journey of the most bitter moments in life and finds sweetness in them because there is sweetness everywhere if you are just willing to look.

Milk and Honeyは、読者を(目を背けたくなるような)人生の苦しい現実に目を向けさせる。その苦い現実の中に読者が見つけるのは、優しさである。なぜなら、現実をしっかり見ようとしている人の目には、やさしさが至るところにあるとわかるからだ。)

彼女のインスタグラムでは、この詩集からの作品がたくさん紹介されています。短く、シンプルな言葉の中に、ダイナミックに広がる彼女の詩の世界。思う存分味わってください。

ここに私のお気に入りをいくつか、簡単な和訳と一緒に紹介します。

 

次の世代の女性達のために、
私たち女性がしてあげられること、
それは
全ての分野で
彼らが私たちを追い抜いていけるように
準備しておいてあげること、、、
(by Aki Nakamura)

A post shared by rupi kaur (@rupikaur_) on

 

「悪かった」って
全く言ってくれない時もあれば、
待ってもないし、
必要ともしてないって時に
謝って来たりする、、、
(by Aki Nakamura)

🌺

A post shared by rupi kaur (@rupikaur_) on

行かせてあげよう
引き止めるのはやめて
流れに身を任せよう
この世界で、
約束されているものは一つもないんだし
自分だけのものって言えるものは
一つもないんだから
(by Aki Nakamura)

目に美味しい!? My “go-to” “pick-me-up” Instagram accounts

アメリカやヨーロッパの友人と話してると、みんな夏休みの旅行の計画で頭がいっぱいの様子。浮き足立ってる友人たちから、「で、Akiはどこに行くの?」と聞かれ、「うーん、行けて、小樽かな。。。」(注:札幌〜小樽は車で30分ほどです。)

「あーどこか遠くに旅行に行きたいよー」と、どうしようもなく現実逃避モードになった私を慰めるために覗きに行くのが、今回こちらに紹介するインスタグラムアカウントです。(そして、更に遠くに行きたくなっちゃう。。。)

皆さんの予想通り、ほとんど食べ物系(笑)。Yes. My life definitely revolves around food!

美味しそうな食べ物の写真を眺めて、気分を昂揚させることを英語で「food porn フードポルノ」と言ったりしますが、ここでは「目の保養 ”a feast for the eyes“」と表現させていただきます。”Feast”は「ご馳走」と言う意味で、”A feast for the ears” だと、「耳に心地よい」という意味になります。

タイトルにある、”go-to”という表現は、「X する時はこれ!」というように定番のモノを指すときに使います。”Pick-me-up” は、疲れてたり、元気がない時に、これを見たり、聞いたり、飲んだりすると、一気に元気になっちゃう、栄養ドリンク的な存在のものに使えます。

私のが特に気に入ってるのは、ロイヤルコペンハーゲンのアカウント。同社の食器を使っている人たちが、自身のアカウントにアップロードした食卓の風景を集めています。北欧の朝ごはんやティータイムのメニューが興味深く、時間を忘れてスクロールダウン、スクロールダウン、、、気がついたら1時間以上経ってた、ってことにならないようお互い気をつけましょう。

Enjoy!

  1. Royal Copenhagen (@royalcopenhagen)

royal_copenhagen

2. Skye McAlpine (@skye_mcalpine) イギリス出身、イタリアベニス在住のライター。お花とフルーツで埋め尽くされたテーブルが圧巻。

Skye

3. Alice Gao (@alice_gao) 100万人近くのフォロワーを持つNY在住の写真家。知ってる方も多いのでは?

Alice_gao

4. Local Milk (@local_milk) 写真家、ブロガー、スタイリスト。同名のブログも人気。

local_milk

5. My Blue and White Kitchen (@myblueandwhitekitchen) フィンランドのフードブロガー。ブログもインスタグラムも英語で書かれています。

myblueandwhitekitchen

Photobomb? Pocket post? 言葉をめぐる冒険

英語で書かれたブログやインスタグラムなんかをチェックしていると、毎日のように新しい言葉や言い回し、略語に遭遇します。自分が知らなかっただけで、前からこういう使い方あったのかなって一瞬思うのですが、その言い回しについて説明しているサイトに出会ったりして、「やっぱり新しい表現なんだ」と納得したりすることが多いです。

昨年の秋、アメリカのラジオ局NPRがフェイスブックにこんな暗号めいた投稿をしました。pocket post TY 1謎めいてますよね。すぐに、これは意図されたものではなく、担当記者の携帯が何かの拍子にアクティブになり、手違いでアップされてしまったということがわかるのですが、これに対するFBユーザーの反応が面白かった。

npr ty post“Ty”はこの人たちにどう解釈されたのでしょうか?そう、”Thank you”です。中には、”yw”というレスポンスもありますが、これはもちろん、”you’re welcome”ですね。名前がTyという男性から、「何かご用ですか?」っていうのもあって笑いました。

本来なら間違いと気付いた時点で投稿を削除するところでしょうが、あっという間にこのようなウィットに富んだコメントでいっぱいになったので、削除できなかったのですね。NPR側からは、”Apologies all, pocket post!”(ごめんなさい。ポケットポストです!)と一言。この”pocket post”っていう言葉、面白いですよね。スボンや上着のポケットに入れてあった携帯(スマートフォン)から勝手に電話がかかってしまったという経験、みなさんも少なからずあるのでは?私は”pocket call!?”を受けたことが何度かあります。

もう一つ、面白いと思った表現。以前紹介したこちらのインスタグラムを覗いていたとき見つけた言葉 :

“Photobomb” (Photo 写真 + Bomb 爆弾)

どういう意味かというと、記念写真なんかを撮っていて、背後に全然関係ない人が一緒に写ってたりすることがありますよね?それです。

Please stop photobombing!
All of our pictures from last night were photobombed by strangers.

というように使います。自分が気づかないで誰かの写真に写り込んでしまったら、”Oops! Sorry. I didn’t mean to be a photobomber.”などと言って謝罪しましょう(笑)。

この言葉、Collins English Dictonaryの “the 2014 Word of the Year“だったんですね。日本版「2014年度新語大賞」?

さてさて、下の写真を見てください。”Photobomber” が隠れているのですがわかりましたか?ふふふ。

Screen Shot 2015-02-21 at 8.31.03 PM(From

Theo & Beauのお昼寝写真が本になりました。

Theo と Beauのお昼寝写真、見たことありますか?

カリフォルニアで3人(当時)の子供と暮らすお母さん。息子のBeauと飼い犬Theoのお昼寝してる姿があまりにかわいくって、写真を撮ってインスタグラムにアップしたのが15ヶ月前。その写真がこれ。

OMG I can barely stand it. Napping buddies. (Going on 2 hours!) #lastone #fornow

A post shared by Jessica Shyba (@mommasgonecity) on

二人(?)のお昼寝タイムはその後も続き、毎日ベッドルームで二人の寝顔を撮ってはインスタグラムにアップする、というのがお母さんの日課になりました。

Fortunately he had just been bathed (not that Beau minds either way). #theoandbeau

A post shared by Jessica Shyba (@mommasgonecity) on

everybody was Kung-Fu fighting 💤🎶 #theoandbeau #latergram

A post shared by Jessica Shyba (@mommasgonecity) on


二人の寝顔を心待ちにするファンがどんどん増えていき、”international sensation”を巻き起こすまでに時間はかかりませんでした。

そして、、、二人のフレンドシップは、昨日一冊の本となって、世界に飛び出しました。

世界同時発売なのでしょうか。今朝チェックしたら日本のアマゾンでもちゃんと発売されていました。すごい!うれしい!

Naptime with Theo & Beau

実は、Jessicaのインスタグラム&ブログを見つけたのはつい最近のこと。Theo & Beauの寝顔があまりにcute & peacefulで、あっという間に虜になり、昨日は夢の中で、この本を予約までしていました(笑)。書店の店員さんに、「この本を予約したい」と本の名前を言ったら、「うわー、早く手に入れたいですよねー。待ち遠しいですよねー。」と共感してくれたという!ホンワカした夢を見させてくれてありがとう。

この家族はニューヨークに住んでいた時期があり、その時から子供たちに犬をねだられていたのだけど、飼いたくても飼える環境になかったそう。カリフォルニアに戻った後、みんなで動物シェルターに行って、Theoと運命的な出会いをすることになります。

ニューヨークが大好きだったというJessicaママ。Theoの誕生日が9月11日だと聞いて、改めてTheo に対する想い、NYCに対する想いが深まったとブログに書いてありました。この話を聞いて、私も涙せずにはいられませんでした。。。Theoはすごい使命をもって生まれてきたんだなー。

この本の売り上げの一部は、彼らとTheoを引き合わせれくれた動物シェルター Santa Cruz SPCAへ寄付されるとのこと。

写真だけじゃなくて、動いてるところも見たいという方は、本のプロモーションとして作られたこちらのビデオをどうぞ。何回見ても飽きない。泣ける。ぜひ!