できることから始めてみる。#plasticfreejuly

Plastic Free Julyも、始まって2週間以上経ちました。日本でプラスチックフリーを実践することは、相変わらずチャレンジングです。

完璧にやろうという気は毛頭ありませんが、それでも、買い物から帰って、プラスチック包装の山を前にすると、敗北感を感じずにはいられません。

この運動に参加している人たちのブログ記事を読んだり、インスタグラムの写真を見てまず頭に浮かぶこと。

「私の街にも定期的に立つグリーンマーケットがあったらいいのに。」

「庭があったらコンポストができるんだけどな〜。」

“If only we had a store like this nearby!” 「あー、こんなバルクのお店が近くにあったらいいのに。」

やるとなったら徹底的にやりたいタイプなので、ついつい「できないこと」にフォーカスして、「やってもしょうがない。」とやる気をなくしてしまいがち。そこを何とか踏ん張って、「いやいや、これでも1週間で見たら、プラスチックゴミは激減してるし、買い物の仕方も随分変わってきてるじゃない。Keep up the good work!」と自分を励ましながら、続けています。

日常で出るゴミ(プラスチックに限らず)をできる限り少なくするために、私が続けてきていることをシェアします。

Baking soda, Citric acid, hand-made soap, brushes, and a cloth shopping bag
  1. Choose paper over plastic
    紙で包装されているものを選ぶ。パスタやお米など食料品はもちろん、お掃除に活用している重曹や、クエン酸、セスキソーダも、例えば、こちらのお店の製品のように。プラスチックが使われていないものを選び、また、なるべく容量の大きいものをまとめ買いするようにしています。
  2. Use brushes over sponges
    スポンジを使うのをやめました。マイクロファイバーももちろん使いません。亀の子束子は、台所だけでなく、浴槽のお掃除にも活躍してくれています。
  3. Make from scratch
    もともと手を動かすことが好きなので、自分で作れそうと思ったら、嬉々として挑戦してみます。手先の器用な知り合いが周りに多くて、そういう人たちから教わりながら、これまでいろいろな「手仕事」のレパートリーを増やしてきましたが(パン、豆乳、ヨーグルト、キャンドル、編み物 などなど)、お味噌と石鹸は、もうお店で買うことはないでしょうね。
hand-made soap
soy milk

これからチャレンジして見たいもの。最近とっても興味があるのが、手打ちパスタ。このビデオのように、野菜(パセリ、ビーツ、トマトペースト)やスパイス(ターメリック)を混ぜ込んだカラフルなパスタを作ってみたい!

あと、このように、牛乳以外の食材で作るヨーグルトも!

できないことを嘆くより、できることを数えてみる。その瞬間、新しい世界が目の前に現れるから不思議。

ということで、プラスチックとの戦い、根気強く続けて行きます。。。

It’s Plastic Free July!

Plastic Free July”の7月がやってきました!今年初めて参戦してみたのですが、始まって早々、大苦戦中です。。。

Plastic Free July”は、毎年7月の1ヶ月間、使い捨て前提で日々大量に消費されているプラスチック製品 (single-use plastics) をできる限りゼロに近づけて、ゴミ問題への意識を高め合おうという運動です。

2011年にオーストラリアのパースで始まった、このグラスルーツムーブメント。7年の時を経て、今年は160近い国々から、200万人を超える市民が、何らかの形でこの運動に参加する見込みということ。

世界中の参加者が、インスタグラムなどのソーシャルメディアを通し、#plasticfreejulyのハッシュタグを使って、プラスチックフリーで暮らすtipsをシェアしてくれています。マイバッグ持参は当たり前。野菜や果物、お豆にドライフルーツも、お店に備え付けのビニール袋は使わず、持参の布バッグに入れてお買い上げ。コーヒーショップでテイクアウトする際も、マイカップ&マイストロー持参。歯ブラシはバンブー。生理用品もこちらにシフト。徹底しています。

プラスチック包装天国の日本で、プラスチックフリーに挑戦したら、お店に行っても「買えるものが何にもない」ってことになりそうです。アメリカにいた頃は、毎朝の通学途中、バナナ1本とベーグル一個をお店で買って朝食にしていました。もちろん袋になど入っていません。日本のコンビニでは、バナナ一本でも丁寧に袋に入って売られていますね。。。

北米やヨーロッパでは、ファーマーズマーケットが定期的に開かれる街が多いし、スーパーに行っても、野菜や果物は包装なしで売られているところがほとんど。買い物客は好きな量を袋に入れて、キャッシャーに持っていくと、重さを測ってくれて値段が出るという仕組み。また、パッケージフリーで、量り売りしてくれるお店(バルクショップ)もあり、このようなお店に、布バッグ、ガラス瓶やステンレスの容器を持参して買い物するzero wasters(使い捨てのプラスチック包装を徹底的に避けて、家庭から出るゴミを限りなくゼロに近づけようと努力する人々)が年々増えています。

軽くて、フレキシブルで、気軽に使えてとっても便利なプラスチックですが、リサイクルには限りがあります。大半のプラスチックゴミは埋立地へ運ばれ、私たちが死んだ後も(400年以上)分解されないまま残り続けます。また、風で飛ばされ、海に流れ着いたものは、海の生き物を危険に晒したり、海洋汚染の原因になったりします。化学繊維の洋服を洗った際に出るマイクロファイバーの問題もありますね。

Single-use-plastics frequently do not make it to a landfill or are recycled.[11] A full 32% of the 78 million tons of plastic packaging produced annually is left to flow into our oceans; the equivalent of pouring one garbage truck of plastic into the ocean every minute. This is expected to increase to two per minute by 2030 and four per minute by 2050. By 2050, this could mean there will be more plastic than fish in the world’s oceans.[12] (Fact Sheet: Single-Use Plastics from Earth Day Network)

「プラスチックゴミのほとんどは埋立地にたどりつかず、リサイクルされることもない。年間生産される7800万トンのプラスチック包装の32%は、海に流れ着く。これは、毎分ゴミ収集車1台分のプラスチックゴミが海に流されているという計算。この数字は2030年までに「毎分2台分」に増えることが予想されている。この計算で行くと、2050年までに、海を泳ぐ魚より、海に流されるプラスチックの量が多くなる。」

ナショナルジオグラフィックのこの特集記事を読むと、プラスチックゴミの問題は、先進国と発展途上国の経済格差も絡んでくる複雑な問題であることがわかります。先進国にいる私たちがどれだけ頑張っても、世界の貧困問題が解消されないと根本的な解決にならないということなのですが、それでも、まずはやれることをやって行動を起こしていくこと。意識的に毎日を送る人が一人でも多くなったら、それがムーブメントになっていくのだと思います。

例えば、コンビニで付けてくれるストローやスプーンを断るとか、1ヶ月に消費するペットボトル飲料の量を半分にしてみるとか。どんな小さなことでも良いので、まずは始めてみること。

私のスクールでも、今月からプラスチックゴミの問題をカリキュラムに組み込んで、ディスカッションしていくことにしました。レッスンで取り上げた記事やリソース、そして、私が日々実践していることを、このブログでシェアしていきます。