英文パターンで編む (その後)#スロウファッション

うん十年ぶりに編み針を握り、編み物を再開してちょうど5年が経ちました。
(前回の投稿はこちら

技術的にはまだまだ発展途上で、自己満足の域からなかなか出られずにいるのですが、黙々と手を動かすことの気持ちよさと、自分の身につける物を自分で作る喜びは、何物にも代え難く。今日も朝から(仕事そっちのけで!)インスタグラムやRavelryを覗き込んで、次のプロジェクト探しに忙しい私。

Ravelry の存在はずっと知っていたのですが、その情報量の膨大さが、初心者の私にはoverwhelming かつintimidatingで、アカウントを作ったまま全く利用せずにいました。でも、2年ほど前に発見したこのサイトのおかげで、Ravelryへの心理的な敷居がグッと低くなって、積極的に利用しようと思えるように。

使い始めたら便利すぎて、今ではなくてはならない存在。パターンの購入、管理もすごく楽になりました。(ちなみに、私のアカウントはmatokachannycです!)

上の写真にあるFOs (finished objects)はすべて無料のパターンで作りました。

左上から時計回りに、

Springtime Bandit

Easy Stool Covers

Reversible Rivulet Scarf

Vancouver Fog Fingerless Mitts

寒さが一段と深まってきたここ札幌で、どれも毎日、大活躍してくれています。

*

手編みの良いところは、古いものから新しい作品を生み出せるところにもあります。以前作って見たけど、体に合わなくて結局着ていない、とか、色や形が好みじゃなかった、とか、編み目がガタガタ!で着て出かけられない(苦笑)、っていうのは、潔くほどいて(Frogging)、別のモノに編み直します。去年は新しい糸は全く買わず、ほどいた糸でセーターや靴下をたくさん編みました。

*

靴下が編めるようになったのも、自分にとっては嬉しい進歩。小学生の時に挑戦して、かかとの引き返し編みが全く理解できず断念して以来、ちょっとばかりトラウマになっていたのです。しかし、前回紹介したVeryPink Knitsの、このビデオシリーズを見ながらやって見たら、、、できた!(涙)自分用に何足も編んで、友人にもプレゼントできるくらい、自信を持って編めるまでになりました。

*

毛糸の靴下を履いていると、必要になってくるのが、お直し (mending/darning)のテクニック。

ヘビロテで履いてて、気づいたら大きな穴が!ってことがよくあります。私は、こちらのサイトで紹介されている3通りの方法のうち、3番目の「パッチをあてるやり方」で繕っています。手間はかかるけど、全く苦にならない。「お店に靴下を買いに行くことを考えるほうが、よほど疲れる」と思うようになってしまった。

*

編み物をしているときのBGMは、音楽だったり、オーディオブックだったり、ポッドキャストだったりしますが、最近はこの人のビデオをよくかけて耳で楽しんでいます。彼女のテイスト(デザイン、インテリア含め)全部好き。実は、けっこう日本贔屓の彼女です。An awesome French knitwear designer living in Latvia, who loves Ghibli movies and Genmai-cha ;)

こういうビデオ版ポッドキャストがいっぱいあるのね〜って、最近になって知りました。

*

スロウファッションという言葉が少しずつ浸透してきた今日この頃。量よりも質を追求したいという思いが一層強くなり、「値段が手頃だから」、「セールだから」と、お店にフラフラと入ることはなくなりました。(ニューヨークにいた頃は、時間潰しにH&Mやthrift shopsに入ってよく買い物してました。)

お店に陳列されている洋服や小物を買うという行為が、私の中でどんどん非現実的なものになっています。

ミシン買いたいと言い出すまで、どれくらいかかるかな(笑)。

続く

偶然?奇跡?必然?No coincidence, no story.

ニューヨークにいた時のことです。

アパートのリビングルームでルームメイトと共通の友人の話をしていました。その友人にはもうすぐ1歳になる男の子がいますが、ルームメイトはまだその子の顔を見ていません。「めっちゃ、かわいいんだよー。写真撮っておけば良かったねー」と私が口にした数秒後、私のiPhoneにメールが入りました。その友人からでした。しかも”My son misses you!”と男の子の写真付き。あまりのタイミングの良さに言葉を失う私。一方のルームメイトは、「私たちは心のずっと深いところでみんな繋がっているんだから、全然不思議なことじゃないわ」と涼しい顔。

他にも、ある友達のことを考えていたら、その友達から電話が入ったとか、部屋の片付けをしていたら目の前に本が落ちてきて、開いたページに自分が探していた情報が書いてあったとか。こんな経験、皆さんにもあるのでは?ルームメイトが言うように、私たちの想念は時空を超えて交信しあっているのでしょうか。。。

なぜこの話を思い出したかというと、アメリカのラジオ番組に”This American Life“というもうすぐ20年目を迎える長寿番組があるのですが、そのアーカイブに、私が体験したような「偶然」のもっとすごいバージョンが次から次と出てくるエピソードがあったから。タイトルは”No coincidence, no story“。

もう、あまりの「あり得なさ」の連続に、「うわー」「まじでー」と何度も声が出ます(一人で聞いてたんですけどね、もちろん。)。

中級レベル以上の英語力があれば十分楽しめる内容だと思いますので、ぜひ上のリンクからアクセスして聞いてみてください。トランスクリプトも用意されているので、聞き取れなかったところは読んで確認できます。

logo-v5

This American Life“は、毎週決まったテーマがあって、そのテーマに沿ったエピソードが3〜4つ集められて構成されています。

ほとんどのエピソードは、一般の人々が実際に体験したお話。テレビや新聞には決して取り上げられないけれど、多くの人の共感や感動を誘う内容になっています。

20年間で550以上のエピソードが放送されていて、過去に放送されたエピソードは全て番組ウェブサイトから聞くことができます。

私も聴き始めてまだ数週間ですが、ぜひ聞いてほしいエピソードがたくさんあります。これから少しずつシェアしていきますね。

他にも聴きごたえのあるPodcastsいろいろ発見したので、そっちも紹介していきたいと思います。