サクラサク

ところどころ雪が残る札幌ですが、ぐんと春らしくなってきました。 There’s still lots of snow in Sapporo and you’ll probably need a pair of mittens and/or hat when you are out (it’s true, at least, for me), but spring is definitely in the air! I’ve been busy with spring cleaning and decluttering lately. I’m full of energy. Do I have spring fever?

着るものに困る時期の到来です。こっちの人は4月になった途端、装いが一気に春仕様になります。私的にはダウンジャケット着て出かけたいような気温の日でも、みなさんトレンチコートや薄手のジャケットを着て颯爽と歩いています。寒くないのかなーと思いますが、長い冬がようやく終わって、一日も早く春を満喫したいという気持ちの表れなのかなと思ったりもしています。

春と言えば、進学の季節。私のレッスンを受けてくれている生徒さんたちにも春がきました。

ランクを落とした方がいいのではという周囲の心配をよそに、見事難関校への合格を果たした中学生。

「今挑戦しなかったら絶対後悔する。」と、誰に言われるでもなく、自ら中学受験を決意して、受験に挑んだ小学6年生。合格発表の日の朝、「もしもし、先生!%&^#%*#&!!!」興奮し過ぎて、言葉になってない(笑)。もう笑ってるんだか、泣いてるんだかわからないけど、「受かったんだな。」ってことだけはわかる。今思い出しても笑ってしまいます。

希望した学校に合格できなかった子もいます。自分では、うまく言ったという手応えがあったのに、不合格という通知を受け取った彼女。残念だけど、この不合格には必ず深い意味があるはず、と励ましました。そしたら数日後のレッスンで、「自分の進みたい方向がはっきりした。あの学校に受からなくて良かった。」と、スッキリした顔で話してくれました。心機一転、新しいゴールに向かって勉強を始めています。

青春のかけがえのない一瞬一瞬のドラマを、彼らと一緒に、経験させてもらえる喜びは、言葉では表現しきれませんね。本当に感謝です。 私がtwitterでフォローしているあるアメリカ人ジャーナリストが、先日このtweetをシェアしていました。まさに喜びが爆発!

このビデオを見ながら、私がコロンビアから合格通知を受け取った日のことを思い出していました。 アメリカの大学院から合格通知が届くのは、だいたい2月から4月初旬です。私が出願したのは、ハワイ大学、ミネソタ州立大学、ニューヨーク大学、コロンビアのティーチャーズカレッジの4つ。最初に通知が届いたのはハワイ大学でした。

まず、リンク付きのメールが届いて、リンクをクリックすると、合格か不合格がわかるという形式だったと思います。。。(実はよく覚えていない)2月中旬です。第一志望ではなかったのですが、とりあえず受け入れてくれるところが見つかったと、ホッとしたのをよく覚えています。

次に、ミネソタの大学から「おめでとう」の連絡がきました。自分がやりたいテーマを研究している先生がいたし、少人数制なので、学生と教授との距離感が近いのも魅力的でした。唯一の懸念事項は、「冬は半端なく寒そうだなー」(笑)。

アメリカの大学で勉強できることが確実となって、先の見えない不安やプレッシャーから解放されたのは嬉しいことでしたが、自分が心の底で待っていたのは、コロンビアからの合格通知でした。少し前の自分には、雲の上の存在でしかなく、出願すること自体、時間の無駄としか思えなかった大学。だけど、出願すると決めてから、この大学以外考えられないといくらい、自分の心の大部分を占めるようになっていきました。

周りの人には、「ハワイ遊びにきてねー」と言ってみたり、ミネソタの位置を説明したりして(笑)、どちらかで学生生活を送っている自分をイメージするように努めました。

それから約1ヶ月後の3月下旬のある日。朝8時にフェデックスからの電話で目を覚ましました。 「中村さん、アメリカ、ニューヨークから書類が届いているのですが、午前中ご在宅ですか?」 「います!います!」と、ベッドから飛び起きました。 その書類が合格通知かどうかわからないけど、不合格だったら、フェデックスなんか使わないよね。と自分に言い聞かせる私。「あー早く来てくれー」とはやる心を抑えながら待ちます。

ピンポーン。 来た! 震える手で封筒を開きます。

合格ーーー!!!!!涙、涙、涙。

今思い出しても身震いします。 (ちなみにNYUからは、その3週間後に合格通知が届きました。)

社会人になってから(しかもすでに30代半ばでした。)の留学準備は、とにかく孤独で、精神的に追い詰められます。励ましあえる仲間が近くにいない。自分がやっていることをわかってくれる人が周りにいない。社会のどこにも居場所がない感覚と言えばいいでしょうか。 「自分は本当にこれがやりたいのか」「現実逃避ではないのか」「合格できたとして、やっていけるのか」「何にためにこんな辛いことやってるの」っていう、超ネガティブな思いばかりがぐるぐるする毎日。 だけど、その時の私はもう後戻りできない状況だったので、前に進むしかなかった。。。

TOEFLを申し込み、飛行機やホテルの手配をして、受験して、結果を待つ。大学のサイトで必要な出願書類を調べて、東京の大学から卒業証明書を取り寄せる。オーストラリアの教授に推薦状をお願いする。そうやって、やるべきことを淡々とこなして行く中で、少しずつ「これでいいんだ。自分は自分がずっとやりたかった夢に向かって進んでいるんだ。」と自分を肯定できるようになっていきました。 すると、思いもしないところから、救いの手が差し伸べられ、いろいろなことがスムーズに行くようになるから不思議。自分でもびっくりするくらい。

ニューヨークから帰国してもうすぐ5年。今振り返って思うことは、「あの時、あきらめなくて本当によかった。」ということ。 「留学に挑戦すること、コロンビアを受験することをを決断してくれて、本当にありがとう。」と、当時の私に言いたいです。

5年先、10年先の自分に感謝される自分でいられるよう、これからも成長し続けていく決意です。

アメリカのStarbucksで聞かれる質問

少し前になりますが、ハリウッド女優Helen Hunt のこのTweetがネットで話題になっていました。

アメリカのスターバックスでは、注文時に名前を聞かれることがよくあります。オーダーしてから飲み物が出てくるまで時間がかかる場合、日本ではレシートを見せたりしますが、アメリカではカップに書かれた名前で区別します。

MaryとかJohnとかよくある名前だと問題ないのですが、聞き慣れない名前の場合、「スペルは?」と聞いてくれる店員はいい方で、かなり適当な名前が書かれていることが多々あります。

韓国人の友人とスターバックスに行ったときのこと。カウンターで名前を聞かれて、堂々と”Jane”と答えた彼女。自分の名前を言っても大抵は「は?」って聞き返されるし、スペル言っても間違ってること多くて、いろいろ面倒だから、注文用の名前を用意したのだと。

その点、Akiという名前は本当に簡単で覚えやすく、この名前を選んでくれた親に心から感謝。決して一般的な名前ではないけれど、”A-K-I”とスペルアウトしてあげれば、問題なく聞き取ってもらえました。

余談ですが、アキという音は、スペイン語で「ここ (here)」を意味する”aqui”と同じです。スペイン語を話せる人に私の名前を言うと、100人中99人が「スペイン語でどう意味か知ってるか。」と聞いてきます。”I know what ‘aqui’ means.” ってプリントしたTシャツ作ろうかなって、友達と(半ば本気で)笑い合ったほど。

で、上のTweetに話を戻しますが、スターバックスで飲み物を注文したHelen Huntさん。「名前言った方がいいよね?」と店員に聞いたところ、店員さん、ウィンクして「大丈夫ですよ。わかってますから。」と。ハリウッド女優に名前名乗らせちゃだめですよね〜。で、出てきた飲み物が上の写真(笑)。Jodie Fosterと間違われていたという、、、。

Starbucks からの謝罪のtweetがこれ。

“We hope the drink was still as good as it gets.” (少なくともドリンクは問題なく味わって頂けたかと思いますが。)

もちろん、この”As Good As It Gets” は、彼女の主演作品のタイトルにかけて使われています。(日本語タイトルは「恋愛小説家」。どうして??)

このフレーズ「これ以上のものは望めない。(It’s not going to get any better than this.)」っていう意味で、ここでは「私たちが提供できる最高のもの」って感じの意味になるでしょうか。「精一杯やってみた結果がこれです。」「この金額じゃこの程度だろうね。」っていう「諦め」や「妥協」のニュアンスを含むことが多いので、使う場合は注意が必要。

もう一つ、日本では聞かれないけど、アメリカのスターバックスでよく聞かれる質問。

レギュラーコーヒーを注文した時、”Do you want room for milk?”と聞かれることがよくあります。

初めてこれを言われた時、何を聞かれてるか全く理解できなかった私は、「はいって言っておけばいいや。」と適当に答えてました。その後も何度か同じ質問をされて、わからないまま、”Yes, please.”と答える日が続いて、、、。1ヶ月くらい経って、ようやく相手が言いたいことがわかりました。

「カップに牛乳を入れるスペースを取っておくか?」ってことでした。

アメリカでは、レギュラーコーヒーを頼むと、ペーパーカップのギリギリまでコーヒーを入れてくれるので、牛乳やクリームを入れて飲む人は、カップからコーヒーがあふれてしまいます。(で、ゴミ箱に余分なコーヒーを捨てている人をよく見かけます。)それで、牛乳を入れる分、コーヒーの量を少なくしておきましょうか、と聞いてくれるのです。

勝手にコーヒーの量を減らしたら、文句が来るから、確認してくるのでしょうね。

こういう”room”の使い方、面白いですよね。

There’s always room for improvement. (改良の余地は常にある。)なんて使ったりします。

ファストフードやコーヒーショップでの注文の仕方は、英会話の本で予習しておけば難しいことは何もないのですが、日本で聞かれないことを聞かれるとほんとドギマギしますよね。英語の問題じゃなくて、文化の違いってこと、よくあります。だから、聞き取れなくても、自分を責めることないですよ。英語学習は間違ってなんぼですから、わからないときは、堂々と聞きましょうね。